AI実装検定は、AI実装検定実行委員会が実施するAIに関する資格試験である。AIを100万人が学ぶことを目的として設立された。

AI実装検定
実施国 日本の旗 日本 
資格種類 民間検定試験
分野 人工知能
試験形式 CBT
認定団体 AI実装検定実行委員会(AIEO)
認定開始年月日 2020年令和2年)
公式サイト 公式ウェブサイト
特記事項 多肢選択式
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

従来はオンライン受験(自宅受験)であったが、2022年8月1日よりCBTテストセンター方式に変更される。テスト方式は多肢選択式である。テストは3種類。AI実装検定(A級)は1時間で60問、AI実装検定(S級)は1時間で50問、AI実装検定(B級)は40分で30問出題される。テスト難易度はS級>A級>B級となっている。

AI実装検定とは 編集

AI実装検定に合格すると、ディープラーニング実装師の称号が付与される。合格者にはロゴも用意されている。

シラバス 編集

AI実装検定の公式ウェブサイトで、シラバス及び試験対策を公開している。

  • AI実装検定(A級) ディープラーニングの基本構造であるニューラルネットワークの基礎的な構造の理解を問います。
    • AI 20題
      • 入力層と出力層、重み、順伝播の計算、行列の掛け算、バイアス項の導入、sigmoid関数、正解値の導入、二乗和誤差、誤差の微分、誤差逆伝播法、連鎖律、偏微分、アダマール積
    • プログラミング 20題 ディープラーニングの実装においてデファクトスタンダードであるPythonと、数値計算をするための各種ライブラリの実装知識を問います。
    • 数学 20題 ディープラーニングで頻出する数学の内容について、計算が出来るかを問います。高校数学の内容ですが、ごく一部大学数学が入ります。
      • 集合と確率 -和集合と共通部分 -絶対補と相対補 -ベイズ確率-条件付き確率
      • 数列と行列 -ニューラルネットワークの基本的なネットワークの記載に必要な数式の読解力を問う
      • 関数と微分 -ニューラルネットワークの連鎖率で使われる数式の読解力を問う
  • AI実装検定(S級)
    • NLP 20題 NLPについて下記範囲を論文範囲からフレームワーク(Pytorch及びKeras)の実装問題を出題。
    • model 30題 ディープラーニングのモデルについて下記範囲を論文範囲からフレームワーク(Pytorch及びKeras)の実装問題を出題。
  • AI実装検定(B級)  AIの概要についての直感的理解を7つの側面から問います。

学習方法 編集

  • AI実装検定(S級) フレームワークを用いた実装が出題されますので、論文著者の実装例やKerasなどフレームワーク公式の実装例をご参考ください。
  • AI実装検定(A級) AI実装検定実行委員会責任監修公式テキスト
  • AI実装検定(B級) Youtube


外部リンク 編集