メインメニューを開く

AXL(アクセル)は、有限会社セルウィッシュのアダルトゲームブランド。

AXL
ジャンル ゲーム
企業名 有限会社セルウィッシュ
審査 ソフ倫
主要人物 瀬之本久史
デビュー作 チュートリアルサマー
(ブランド「すたじおみりすペレット」名義)
2005年10月28日
最新作 キュリオディーラー
2018年6月29日
公式サイト AXL
テンプレートを表示

概要編集

すたじおみりすペレット~AXL改名まで編集

有限会社オーバーのブランドであるすたじおみりすの別チームすたじおみりすペレットとして『チュートリアルサマー』を発売しデビューを果たしたが、すたじおみりす本体のスタッフが一切かかわっていないにもかかわらず名前の類似性からすたじおみりすと混同してしまうユーザーが多く存在したことや、すたじおみりすが様々な要素を詰め込んだゲームを制作するのに対して、アドベンチャーゲームを制作していくというゲームの方向性の違いなどから、ユーザーに対しても別ブランドであることが分かりやすくなるようにAXLと改名した。なお、AXLという名前にはブランドの目標でもある「少しでも前に進み続ける」という意味が含まれており[1]、アルファベットのAと五十音順のあは検索で最上位に来る傾向にあることから、このブランド名がつけられた[2]。 ブランドが認知されるまでの間は約半年に1作品のペースで新作を発売するという方針がとられた[2]

特徴編集

これまでの全作品で瀬之本久史が原画を担当し、シナリオはディーオーシーディーブロスなどの雄図グループのブランドで活躍したシナリオ制作チームさるさるに所属する北側寒囲長谷川藍が交互に担当している。

声優の青山ゆかりが全作品、松田理沙が『キミの声がきこえる』~『Dolphin Divers』にて出演しており、青山ゆかりが演じたキャラクターのみが出演するボイスCD『わたしの言葉を聴きなさい!』や松田理沙が演じたキャラクターのみが出演するボイスCD『わたしの言葉を聴いてくださいっ』が制作され、それぞれコミックマーケットにて発売されたセットに同梱された。また、AXLの5周年記念企画の一環として2010年8月に開催されたコミックマーケット78にて『かしましコミュニケーション』までの各作品におけるユーザー登録はがきのアンケート欄で1位となったヒロインのデフォルメイラストが描かれたストラップとそのヒロインが出演するボイスCDが発売されたが、1位となったヒロインは全て2人が演じたキャラクターで占められていた。

ゲームの発売前のカウントダウンにおいて嘘粗筋と呼ばれる瀬之本久史によるパロディ漫画がオフィシャルホームページに掲載されるのが恒例となっている。嘘粗筋はコミックマーケットにおいて発売されるフルカラー小冊子や瀬之本久史のイラスト集『瀬之本久史アートワークス』にも掲載されている。

また、コンピュータソフトウェア倫理機構の倫理規定に加え、独自の倫理規定がデビュー時からもうけられており、頭身の低いキャラクターデザインは認められていない[3]

作品一覧編集

アダルトゲーム
音楽CD
  • AXLボーカルソング集 - 「Full throttle」
  • AXLボーカルソング集第二弾 - 「Shift Up」
  • AXLボーカルソング集第三弾 - 「Flat out」
  • AXLボーカルソング集第四弾 - 「Overtake」
  • AXLボーカルソング集第五弾 - 「Drafting」
  • AXLボーカルソング集第六弾 - 「Burn out」

主なスタッフ編集

プロデューサー
  • GOU
原画
シナリオ

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『月刊メガストア』2010年4月号(コアマガジン[要ページ番号]
  2. ^ a b 第10回:AXL5周年記念インタビュー その1”. 2019年1月3日閲覧。
  3. ^ 第10回:AXL5周年記念インタビュー その2” (2010年10月29日). 2019年1月3日閲覧。

外部リンク編集