メインメニューを開く

Automotive Grade Linux(オートモーティブグレードリナックス、AGL)は、コネクテッドカー向けのオープンプラットフォームを開発するプロジェクトである。

目次

概要編集

IVI(車載インフォテインメント)だけでなく、ヘッドアップディスプレイテレマティクス、ADAS(先進運転支援システム)、自動走行など、自動車用プラットフォームを対象にしている。

プロジェクトのメンバーは90社以上で、プラチナメンバーはトヨタ自動車デンソーマツダパナソニックルネサスエレクトロニクススズキである。[1]

Automotive Grade Linux Unified Code Base(AGL UCB)編集

Yocto Project英語版をベースとしたLinuxベースディストリビューションである。GENIVI Alliance英語版で策定していたMeta-IVIやTizen IVIが「統合」されていることから、Unified Codeという名称がついている。2016年12月にAGL UCB 3.0 を発表した。 [2] CES2018ではAGL UCB5.0を発表、Amazon社もメンバーに加わった。

普及状況編集

一般車種としては、トヨタ自動車が2018年型トヨタカムリから採用することを表明。[3]2018年1月には、今後トヨタが発売する全車種への採用を表明している。 [4]

脚注編集

外部リンク編集