BILLY & THE SLUTSは日本のビジュアル系ロックバンド

BILLY & THE SLUTS
出身地 日本の旗 日本 兵庫県
ジャンル ロック
ポップ・ロック
活動期間 1989年 - 1996年
2007年 -
レーベル フリーウィル
トライクル株式会社(テイチク)
DRAGON GATE RECORDS
事務所 MediaMash
公式サイト https://sound.jp/bats/
メンバー SAMMY(Vo)
HIKARI(Gt)
BELL-TOMMY(Ba)
HIRO(Dr)
旧メンバー RUMIE(Gt)
YU-KI(Gt)
聖月(Gt)
ABEKYO(Ba)
ROUGE(Ba)
綾乃小路(Ds)
KOICHI(Ds)
KARSUKE(Ds)

1989年からフリーウィルを代表するバンドとして活動する。

数々のメンバーチェンジをしながらも、精力的に活動。

1996年ベストアルバムとSAMMYのソロ音源をメジャーレーベルテイチク)から同時にリリース。

2007年にSAMMYとHIKARIが再会し、BILLY AND THE SLUTSとして再結成。

概要編集

1989年2月、SAMMYとABEKYOを中心に神戸で結成。大阪を拠点に活動を開始。 同年12月24日、1stアルバム「FROM JACK IN THE BOX」リリース。以来、全国規模のライブ活動を軸に、様々なメディアを巻き込みながら精力的に活動を展開。[1]

何が飛び出すかわからないステージングと、おもちゃ箱のようなポップなロックサウンドのファンは多い。[2]

1991年2月20日、2ndアルバム「ひとつ目うさぎの大逆襲」リリース。オリコンインディーズチャート1位に輝く。[3]

1993年2月22日、インディーズ初の3作品(3rdアルバム「二月革命」、シングル、ビデオ)同時リリース&チャートインという記録も樹立。[4]

80年代後半のインディーズ・シーンは、関西の髪立て&化粧バンドが大活躍していた。その一角をなしていたビリー&ザ・スラッツのベスト・アルバムがこれ。たたみかけるビートにポップなメロディが彼らの特徴だ。[5]

1996年ヴォーカルのSAMMYはソロ活動をスタートさせた。ビートやポップなメロディに関するこだわりはバンド時代そのままで成長している。[6]

2009年2月25日、岩佐拓選手テーマ曲「SPIDER THREAD」を含む新譜アルバム「20th ANNIVERSARY」[7]をBILLY AND THE SLUTS名義でDRAGON GATE RECORDSよりリリース。

2015年7月、プロレステーマ曲の概念を打ち破る超新世代プロレスのテーマ曲集CDにSAMMYがフィーチャーされ、エル・リンダマン選手テーマ曲「L.I.N.D.A」初CD化。[8]

2020年7月、KISAKI目黒鹿鳴館40周年を記念し、プロデュースをしたオムニバス盤「鹿鳴館伝説」[9]に参加。

メンバー編集

主要メンバー
パート 在籍期間 リリースした音源 バンド遍歴
SAMMY VOCAL

GUITAR

KEYBOAD

BLUES HARP

1989年➝1996年

2007年➝

FROM JACK IN THE BOX

ひとつ目うさぎの大逆襲

二月革命

7th ANNIVERSARY

JUSTICE

ALL THAT BILLY

風に吹かれて

20th ANNIVERSARY

DANGER➝BILLY&THE SLUTS➝SAMMY BAND➝BILLY AND THE SLUTS  
RUMIE GUITAR 1989年➝1991年 FROM JACK IN THE BOX

ひとつ目うさぎの大逆襲

BILLY&THE SLUTS➝アトミックブルー
YU-KI GUITAR 1990年➝1992年 ひとつ目うさぎの大逆襲 SODA POP➝BILLY&THE SLUTS➝TAI:LEN
HIKARI GUITAR 1992年➝1994年

2007年➝

二月革命 BILLY&THE SLUTS➝NA-ZE?➝RaFF-CuSS➝ACMA➝BILLY AND THE SLUTS
聖月 GUITAR 1990年 BILLY&THE SLUTS➝La mise a mourle
ABEKYO BASS 1989年➝1994年 FROM JACK IN THE BOX

ひとつ目うさぎの大逆襲

二月革命

BILLY&THE SLUTS
ROUGE BASS 1994年➝1996年 7th ANNIVERSARY

JUSTICE

DANGER➝FIRST BLOOD➝SLUM ROSE➝ハーレムQ➝BILLY&THE SLUTS
BELL-TOMMY BASS 2007年➝ 20th ANNIVERSARY COLOR➝クリスチャンドール➝BILLY AND THE SLUTS
綾乃小路 DRUMS 1989年➝1990年 FROM JACK IN THE BOX ZIP GUN BOOGIE➝BILLY&THE SLUTS➝49er➝Resolute.Immortal.Partizan
KOICHI DRUMS 1990年➝1992年 ひとつ目うさぎの大逆襲 バイストンウェル➝BILLY&THE SLUTS
KARSUKE DRUMS 1992年➝1994年 二月革命 RUDE BOY➝BAVETY➝ディキュセ➝BILLY&THE SLUTS➝NA-ZE?
HIRO DRUMS 1992年

2007年➝

20th ANNIVERSARY アバンギャルドパイレーツ➝TAI:LEN➝BILLY AND THE SLUTS

ディスコグラフィ編集

フリーウィル(インディーズ)からリリースした作品
タイトル 発売年月日 品番 収録曲 メンバー
FROM JACK IN THE BOX

再販盤

1989年12月24日

2002年7月24日

FWR-002CDL

TEBA-007

1.LONG JENNY SILVER

2.SKIN HEAD GROUPIE

3.NEED AT ONCE

4.ROCK'N'ROLLER GOSIP

5.LOVE AFFIAR

6.HONEY

7.TOO NIGHTS

8.FROM JACK IN THE BOX

9.EASY TRIPS

10.FEEL SO GOOD LUCK

11.FLY TO ME(再販盤のみ)

SAMMY(VOCAL)

RUMIE(GUITAR)

ABEKYO(BASS)

綾乃小路(DRUMS)

ひとつ目うさぎの大逆襲

再販盤

1991年2月20日

2002年9月25日

FWR-007CDL

TEBA-025

1.London Night

2.It's allright!!

3.Boy's Room#13

4.Maybe True

5.Pick-Nick

6.SAKEVI

7.At Anyrate

8.I MISS YOU

9.OH YEAH!!~楽しくってしょうがない~

10.SHOOT ME

11.AGAIN(再販盤のみ)

SAMMY(VOICE)

RUMIE(GUITAR)

YU-KI(GUITAR)

ABEKYO(BASS)

KOICHI(DRUMS)

二月革命

再販盤

1993年2月22日

2002年8月21日

FWR-019CDL

TEBA-016

1.BLIND ME

2.ONLY YOU

3.JULLIA

4.アナタノネムリニ

5.STAY×3

6.EMPTY HEART

7.JUST A GIRL

8.ONLY LONELY MY LOVE

9.EXPRESS

10.ONE~just the way you are~

11.ZERO(再販盤のみ)

SAMMY(VOCAL)

HIKARI(GUITAR)

ABEKYO(BASS)

KARSUKE(DRUMS)

DISTANT VALENTINE 1993年2月22日 FWR-002CDS 1.DISTANT VALENTINE

2.LOVE AFFAIR'93

3.DISTANT VALENTINE(カラオケver)

SAMMY(VOCAL)

HIKARI(GUITAR)

ABEKYO(BASS)

KARSUKE(DRUMS)

ONE-Just the way you are- 1993年2月22日 FWV-006 ビデオVHS

1.JULLIA

2.STAY×3

3.ONE ~just the way you are~

4.DISTANT VALENTINE

SAMMY(VOCAL)

HIKARI(GUITAR)

ABEKYO(BASS)

KARSUKE(DRUMS)

7th ANNIVERSARY 1995年7月21日 FWR-025CDL 1.NOTHING

2.愛しているから

3.ずっと ずっと

4.LOVE AFFAIR'95

5.MAYBE TRUE

6.AT ANY RATE

7.FEEL SO GOOD

8.FROM JACK IN THE BOX

9.ONLY LONELY MY LOVE

10.ONLY YOU

11.OH YEAH!!~楽しくってしょうがない~

12.ONE~just the way you are~

SAMMY(VOCAL)

HIKARI(GUITAR)

ROUGE(BASS)

JUSTICE 1995年11月21日 FWR-027CDL 1.JUSTICE

2.DEAR WILD MAN

3.サラダ

4.アルマジロ

5.ROUTE134

6.WHO ARE YOU?

7.NOBODY KNOWS

8.パレードの夜

9.夢の行方

10.Maria

SAMMY(VOCAL)

ROUGE(BASS)

メジャーレーベルからリリースされたCD
タイトル 発売年月日 発売元 販売元 商品番号 収録曲 作品コード
ALL THAT BILLY 1996年12月16日 トライクル テイチクエンターテインメント TCCN-25025 1.FROM JACK IN THE BOX

2.STAY×3

3.JULLIA

4.IT'S ALLRIGHT!!

5.SAKEVI

6.LOVE AFFAIR'93

7.NOTHING

8.LONG JENNY SILVER

9.SHOOT ME

10.ONE~just the way you are~

11.EXPRESS

12.想い重ねて

047-9401-0

047-9404-4

047-9405-2

047-9406-1

047-9408-7

047-9409-5

047-9410-9

047-9411-7

047-9412-5

047-9413-3

047-9416-8

047-9417-6

風に吹かれて 1996年12月16日 トライクル テイチクエンターテインメント TCCN-15028 1.風に吹かれて

2.JUST LIKE A MOONLIGHT

3.MYZSTERIOUS

4.風に吹かれて(Inst Ver)

047-9373-8

047-9398-6

047-9399-4

BILLY AND THE SLUTS名義でリリースした作品
タイトル 発売年月日 発売元 販売元 出版者 商品番号 収録曲 作品コード
20th ANNIVERSARY 2009年2月25日 DRAGON GATE RECORDS バウンディ株式会社 フジパシフィックミュージック XQCC-1008 1.SPIDER THREAD

2.DA.DI.DA~魔法の扉開く三つの呪文~

3.BELIEVE IN YOUR DREAM

4.@GAIN

5.JUST TAKE MY HEART

6.どんなに離れていても

156-7888-1

156-7889-0

156-7891-1

156-7892-0

156-7893-8

156-7894-6

オムニバスCD参加作品
タイトル 発売年月日 販売元 商品番号 収録曲 作品コード
THE END OF THE CENTURY ROCKERS EMERGENCY EXPRESSⅡ[10] 1990年10月21日 日本クラウン CRCR-6010 LONDON NIGHT 082-9086-5
Free-will ANNIVERSARY 1993[11] 1993年10月21日 BMGファンハウス BVCR-1416 イツモノヨウニ 021-9498-8
STRAWBERRY ROAD Vol.Ⅰ 1995年7月26日 日本クラウン CRCR-1002 DO THE LOVE GAME 034-5483-5
OPEN THE MUSIC GATE 2012[12] 2012年1月19日 ポニーキャニオン PCCR-90052 SPIDER THREAD 156-7888-1
OPEN THE MUSIC GATE 2013[13] 2013年7月17日 ポニーキャニオン PCCR-90062 SPIDER THREAD 156-7888-1
Millennials 2015(Sammy BILLY AND THE SLUTS名義) 2015年7月7日 タワーレコード株式会社 DGTR-1001 L.I.N.D.A 714-5592-2
OPEN THE MUSIC GATE 2015(Sammy BILLY AND THE SLUTS名義)[14] 2015年8月19日 ポニーキャニオン PCCR-90075 L.I.N.D.A 714-5592-2
鹿鳴館伝説 2020年7月20日 鹿鳴館 RMK-2020 DA.DI.DA~魔法の扉開く三つの呪文~ 156-7888-1

脚注編集

出典編集

  1. ^ BILLY & THE SLUTSのプロフィール”. ORICON NEWS. 2021年4月4日閲覧。
  2. ^ ロッキンfのVHSビデオ『ZETA』VOL.7、(株)立東社、1991年。
  3. ^ BILLY & THE SLUTSのプロフィール”. ORICON NEWS. 2021年4月6日閲覧。
  4. ^ BILLY & THE SLUTSのプロフィール”. ORICON NEWS. 2021年4月10日閲覧。
  5. ^ 『CDジャーナルデータベース』より” (日本語). artist.cdjournal.com. 2021年2月17日閲覧。
  6. ^ SAMMY(ex-BILLY AND THE SLUTS) - CDJournal” (日本語). artist.cdjournal.com. 2021年4月6日閲覧。
  7. ^ DRAGONGATE RECORDS official web site:20th ANNIVERSARY”. www.gaora.co.jp. 2021年1月19日閲覧。
  8. ^ DRAGONGATE RECORDS official web site:Millennials 2015”. www.gaora.co.jp. 2021年4月4日閲覧。
  9. ^ KISAKI、90年代V系の音源を集めたオムニバス盤『鹿鳴館伝説』プロデュース” (日本語). BARKS. 2021年4月4日閲覧。
  10. ^ ジ・エンド・オブ・ザ・センチュリー・ロッカーズ~エマージェンシー・エクスプレス2. [東京]: 日本クラウン. (1990). https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008979915-00 
  11. ^ 〈ブレイヴ・ミュージック・ジェネレーションズ〉フリー・ウィル・アニヴァーサリー1993. [東京]: BMGファンハウス. (1993). https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008941517-00 
  12. ^ 「ドラゴンゲート・オフィシャル・サウンドトラック」オープン・ザ・ミュージックゲート2012 Dragon Gate official sound track Open the music gate 2012. [神戸]: DRAGON GATE RECORDS. (2012). https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023274353-00 
  13. ^ オープン・ザ・ミュージックゲート2013 Open the music gate 2013 : ドラゴンゲート・オフィシャル・サウンドトラック. [神戸]: DRAGON GATE RECORDS. (2013). https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024398784-00 
  14. ^ オープン・ザ・ミュージックゲート2015 Open the music gate 2015 : ドラゴンゲート・オフィシャル・サウンドトラック. [神戸]: DRAGON GATE RECORDS. (2015). https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026551573-00 

関連項目編集

外部リンク編集