メインメニューを開く

Black Holy」(ブラック・ホーリー)は、小松未可子の楽曲。只野菜摘が作詞、nishi-kenが作曲を手掛けた。小松のデビューシングルとして2012年4月25日スターチャイルドから発売された。

Black Holy
小松未可子シングル
初出アルバム『cosmic EXPO
B面 透明な夜空 〜瞬く星に包まれて〜
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル スターチャイルド
作詞・作曲 只野菜摘(作詞)
nishi-ken(作曲)
チャート最高順位
小松未可子 シングル 年表
Black Holy
(2012年)
冷たい部屋、一人/夏至の果実
(2012年)
テンプレートを表示

音楽性編集

本曲はテレビアニメモーレツ宇宙海賊』のイメージソングに起用され、ゲストエンディングテーマとしても使用された。

『モーレツ宇宙海賊』の世界観および加藤茉莉香をイメージしているが、小松は曲中で茉莉香をどうイメージしていいいのか分からず悩んだが、最終的にはほぼ等身大の自分で歌う運びとなった[2]。アップテンポの疾走感の中に切ないコードが響く「ツボな曲」。ラスサビ最後のフレーズ「自由だと思った」が俗にいうブレイクに当たる(ある1パート、主にボーカルを除に楽器隊が演奏を止め、ボーカルを際立たせる謂わば完全なソロパート)部分を小松は気に入っているという[2][3]

PVは山奥で夕方から早朝まで氷点下の状況で撮影されたが、白い息が出るのを防ぐために氷を予め含んで臨んだ。なお撮影の間は終始星空や雪景色を眺めていたという[2]

シングルリリース編集

2012年4月25日にスターチャイルドから発売された。

初回限定盤と通常盤で白と黒の異なる色が採用されているが、小松は前者を「Holyバージョン」、後者を「Blackバージョン」と呼んでいる。なお星空が投影されている2枚のジャケットは、小松が着ている衣装にプロジェクターを使用したものである[2]

カップリング曲「透明な夜空 〜瞬く星に包まれて〜」は、同アニメのゲストエンディングテーマとして使用された。茉莉香の内面や心情を表現したバラードソングで、表題曲よりも先に緊張した状態でレコーディングに臨んだという[4]

シングル収録内容編集

CDシングル

  1. Black Holy [4:27]
  2. 透明な夜空 〜瞬く星に包まれて〜 [4:43]
    • 作詞・作曲・編曲:sin
  3. Black Holy(off vocal
  4. 透明な夜空 〜瞬く星に包まれて〜(off vocal)

DVD(初回限定盤のみ)

  1. 「Black Holy」Music Clip
  2. 「モーレツ宇宙海賊」PV(Black Holy ver)

チャート編集

チャート(2012年) 最高位
オリコン週間[1] 16
オリコンデイリー[5] 6
Billboard JAPAN Hot Animation[6] 8
Billboard JAPAN Hot Singles Sales[7] 13
サウンドスキャンジャパン[8] 16
RIAJ有料音楽配信チャート[9] 36

出典編集

  1. ^ a b 「Black Holy(初回限定盤)」 小松未可子”. ORICON STYLE. オリコン. 2014年2月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 声優グランプリ』2012年5月号、主婦の友社、2012年4月、 26頁。
  3. ^ 声優アニメディア』2012年5月号、学研パブリッシング、2012年4月、 102頁。
  4. ^ 『声優グランプリ』2012年5月号、主婦の友社、2012年4月、 27頁。
  5. ^ アニサマ 2012に小松未可子、Rayの出演が決定”. Musicman-NET (2012年6月6日). 2014年2月1日閲覧。
  6. ^ Billboard Japan Hot Animation 2012/05/07 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2014年2月1日閲覧。
  7. ^ Billboard Japan Hot Singles Sales 2012/05/07 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2014年2月1日閲覧。
  8. ^ 週間 CDソフト TOP20 2012年4月23日~2012年4月29日 調査分”. Phile-web. 音元出版. 2014年2月1日閲覧。
  9. ^ レコード協会調べ 2012年04月11日~2012年04月17日”. 日本レコード協会. 2014年2月1日閲覧。

外部リンク編集