COMICマオ』(コミックマオ)は、晋遊舎から発行されていた成人向け漫画雑誌。毎月16日発売[1]。判型はB5判・平綴じ無線綴じ)。2001年5月15日発売のvol.23(2001年6月号)をもって休刊した。

COMICマオ
MONTHLY COMIC MAO
愛称・略称 マオ
ジャンル 成人向け漫画雑誌
読者対象 男性
刊行頻度 月刊(毎月16日[1]
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 570円
出版社 晋遊舎
編集部名 COMICマオ編集部
発行人 立野喜久
編集人 上條章一郎
雑誌名コード 13866
刊行期間 1999年7月16日(Vol.1) -
2001年5月15日(Vol.23)
レーベル 晋遊舎コミックス
テンプレートを表示

概要編集

COMICポプリクラブ』の増刊として1999年7月16日に創刊された。『COMICポプリクラブ』1999年6月号に新雑誌の発刊及びタイトル公募が掲載され[2]、雑誌タイトルは応募総数126点から採用者の案を参考に『マオ』と付けられた。「マオ」は中国語に由来する[3]キャッチコピーは「ザッツ アダルト エンターテインメント!!」(Vol.9まで)。

創刊時点でページ数は342頁を擁しており(表紙等を除く)、当時の『COMICポプリクラブ』(平均236頁)と比べて4割増に相当する。そのため『COMICポプリクラブ』で採用されている中綴じではなく、平綴じ(無線綴じ)が採用されている。

表紙編集

タイトルロゴは、創刊号(1999年8月号)からVol.9(2000年4月号)まで『COMICマオ』と表記した。誌面リニューアルに伴い、vol.10(2000年5月号)以降は『コミックマオ』に変更され、月号表示も追加された(「vol.○」は小文字表記に変更)。

表紙イラストは、内野文吾(Vol.1 - Vol.9)、祇音(vol.10 - vol.15)、あきよしよしあき(vol.16 - vol.20)、百済内創(vol.21)、酒井ヒロヤス(vol.22)、影虎(vol.23)が担当した。

号数表記編集

創刊号(1999年8月号)からVol.9(2000年4月号)まで、表紙・背表紙ともに「1999 Vol.○」「2000 Vol.○」と表記して月号表示がされていない。また「COMICポプリクラブ○月号増刊」の表記が表紙最上部及び裏表紙奥付に小さく記載されているのみで、増刊号である事が分かり辛かった。

2000年5月号(vol.10)以降は表紙デザインが変更され、タイトルロゴの右側上部に西暦、その下に数が配置された。また、裏表紙奥付の「COMICポプリクラブ○月号増刊」もフォントサイズを拡大して、目立つように変更されている。

掲載作家編集

脚注編集

  1. ^ a b Vol.20から毎月15日発売へ変更。
  2. ^ 採用者には新雑誌&ポプリクラブ1年分が進呈された。
  3. ^ 『COMICマオ』Vol.1、173頁

関連項目編集