メインメニューを開く

Cz52(Ceska zbrojovka Model 52)は、1952年チェコスロバキアチェスカー・ズブロヨフカ国営会社(チェコ兵器廠国営会社、チェコ語:Česká zbrojovka, n.p., ČZ)で開発された軍用自動拳銃である。

Ceska zbrojovka 52
Cz52 from en wiki.jpg
Cz52
Ceska zbrojovka 52
種類 半自動式拳銃
製造国 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
設計・製造 チェスカー・ズブロヨフカ国営会社
年代 20世紀中ごろ
仕様
口径 7.62mm
.22口径(約5.56mm)
銃身長 120mm
使用弾薬 7.62x25mmトカレフ弾
.22リード・エクスプレス弾(5.56x23mm)
装弾数 8+1発
作動方式 ローラーロック式ショートリコイルシングルアクション
全長 209mm
重量 950g
銃口初速 500m/s
有効射程 50m
歴史
設計年 1952年
製造期間 1952年-1982年
配備先 チェコスロバキア軍
製造数  約200,000丁
テンプレートを表示

概要編集

前作のCz50と同じくワルサーPPの影響を受けたデザインになっており、トカレフの使用弾である7.62x25mmトカレフ弾、もしくは.22リード・エクスプレス弾を使用し、ローラーロッキング機構を利用したショートリコイル方式で作動する。このローラーロックはH&Kのものと違い、MG42機関銃のようなフルロックである。しかしながら、高コストで尚且つ複雑なメカニズムであるため、小型な拳銃に組み込むにはそれ程向かない。

マガジン自体はシングルカラムマガジンで、マガジンキャッチはグリップエンド部に備えられているため、リロードの際は両手での作業を要する。又、これは個人差ではあるのだが、ファイアリングピンの位置が高く、手の大きさによっては支点となるグリップの位置が低くなり、握る箇所がバレルの軸線から離れるためにより大口径弾を使用する他のピストルよりもマズルジャンプが大きくなってしまう傾向にある。しかし、そのマズルジャンプの大きさに加え、7.62x25mmトカレフ弾や.22リード・エクスプレス弾の様な小口径の高速弾を使用する拳銃にありがちな鋭い反動を持ちながらも命中精度は高い方と言える。そして又、工具を必要とせず簡単な通常分解が可能である等、整備性も高い。

1982年Cz82が登場するまでチェコスロバキア軍に制式採用されていた。制式拳銃から外された後は、冷戦終結後の1990年代以降、放出品として民間市場に出回ることとなった。

関連項目編集