Digital8 (デジタルエイト) は、ソニーが開発した民生用デジタルビデオ規格の一つ。1999年1月に発表、同年3月に同方式に対応したハンディカム (カムコーダ) 類が発売された。 Hi8方式のビデオテープをそのまま使え、8ミリビデオ (Hi8) との再生上位互換を持ち、なおかつ論理的にはDV方式と完全互換であるのが大きな特徴である。

記録方式編集

映像データの圧縮方式および音声データの方式はDV方式と同じものを採用し、8mm幅の磁気テープにデジタル記録する。 アナログ記録された、既存の8ミリビデオ方式、Hi8方式のテープも再生できる。(ただし、録画や撮影はDigital8モード専用。)

ヘリカルスキャンヘッドの回転速度は8ミリビデオ方式では1800rpmであったのに対し、記録密度の兼ね合いから4500rpmとなっている[1]。回転ヘッドを9000rpmで回転させて1フレームあたり10トラック記録するDV方式との整合性を保つため、2トラック分を縦に並べて記録している。

テープ速度はDVテープよりも性能の低いHi8用テープを用いることから[1]アナログ8ミリの2倍の28.666mm/sとなっていて、120分テープには60分録画できる。第2世代の製品群からはDV同様に1.5倍記録できるLPモードをサポートし、180分テープに135分録画できるようになった。このことにより、テープ1本に録画可能な最大時間が80分テープにLPモードで記録した場合に120分となるminiDVを上回った。

DV端子 (IEEE 1394端子) を装備し、電気的にはDV方式の機器と完全に同じものとして扱える。Hi8など、アナログで記録された8ミリビデオの映像もDV方式のデジタルデータで出力できる (ただしその場合の画質はオリジナルのままで画質がDV並に改善されることはない)。

歴史編集

発売当時は海外で8ミリビデオ (Hi8) 方式のカムコーダ (ビデオカメラ) の売れ行きもよく、買い替え需要としても期待された。日本市場でも、当時はHi8と競合する「miniDV」のテープの実売価格がHi8テープの3倍前後であったため、デジタルハンディカムとして価格的競争力を期待されていたが、予想されたほどには売り上げが伸びず、またソニー以外に参入するメーカーもなく、ハンディカム8機種・ビデオウォークマン (ポータブルデッキ) 2機種の発売に留まり、参入から3年余で製品展開をストップした。

しかしながら、ビデオウォークマン2機種 (GV-D800/200)については、8ミリビデオ・Hi8を含めた、過去の録画テープの再生用としての需要があり、しばらく生産が継続された。そして2011年9月までに販売終了することが発表され[2]、これをもってDigital8に限らず、派生規格を含めての8ミリビデオ規格の全製品の生産終了となった。

国内で発売された製品編集

機種名 発売日 CCD 液晶モニタ 備考
DCR-TRV310K 1999/3/1 1/4" 34万 3.5"
DCR-TRV110K 1999/3/1 1/4" 29万 2.5" 白黒ビューファインダー
DCR-TRV935K 1999 1/4" 34万 3.5" 通販専用モデル
DCR-TRV735K 1999 1/4" 29万 2.5"    〃   /白黒ビューファインダー
DCR-TRV220K 2000/3/1 1/4" 29万 2.5"
DCR-TRV620K 2000/4/1 1/4" 34万 3.5"
DCR-TRV225K 2000/4/10 1/4" 29万 2.5"
DCR-TRV820K 2000/4/20 1/4" 34万 4" プリンタ内蔵
GV-D800 2000/11/1 - 4" ビデオウォークマン
DCR-TRV300K 2001/3/1 1/6" 29万 2.5" Mシリーズバッテリ採用
DCR-TRV240K 2002/3/1 1/6" 29万 2.5" Mシリーズバッテリ採用/白黒ビューファインダー
GV-D200 2002/7/1 - - ビデオウォークマン/GV-D800から液晶モニタを省いて低価格化したもの
  • 「CCD」欄の記載は寸法と有効画素数 (動画撮影時)。
  • 特記なき限り、バッテリはLシリーズを使用、カラービューファインダーと手振れ補正搭載。LPモードはDCR-TRV220K/620K/820Kからサポート。
  • DCR-TRV225Kは、DCR-TRV220Kにキャリングバッグや三脚、Hi8テープなどを追加し、さらに標準添付のバッテリを大容量タイプに変更して、「別売り品を購入することなくすぐに撮影が楽しめる」ようにしたもので、本体はDCR-TRV220Kと同等。
  • DCR-TRV935K・735KもDCR-TRV225K同様にキャリングバッグ、三脚やテープ、大容量バッテリを添付、TVショッピングで販売された通販専用モデル。本体はDCR-TRV935KがDCR-TRV310K、DCR-TRV735KがDCR-TRV110Kと同等。従来のアナログ8ミリビデオの買い換え需要として、TVショッピングでは、従来の方式とも互換性があることをかなりアピールしていた。

注釈編集

  1. ^ a b 小谷保孝ほか (1999). “6-1 8mmデジタルカムコーダーの開発”. 映像情報メディア学会年次大会講演予稿集: 79 - 80. doi:10.11485/iteac.1999.0_79. 
  2. ^ 8ミリ方式デジタルビデオカセットレコーダー 出荷完了のお知らせ SONY プレスリリース(2011年7月21日)

関連項目編集

外部リンク編集