メインメニューを開く

F1ブーム(えふわんブーム)は、日本で主として1987年から1994年にかけて発生した社会現象。当時マクラーレン・ホンダのファーストドライバーであったアイルトン・セナが人気の中心であった。このほかアラン・プロストゲルハルト・ベルガーネルソン・ピケナイジェル・マンセル、日本人F1のパイオニアでもある中嶋悟鈴木亜久里片山右京、当時売り出し中だったミハエル・シューマッハなどのドライバーも人気を集めた。

関連事項編集

  • フェラーリはTVのF1中継で特にスポットを当てて扱われ、マシンのエンジン音は「ハイテク・カンツォーネ」と称された。
  • 集英社SEGAなど、F1チームのスポンサーとなった日本企業が多数存在した。週刊少年ジャンプはアイルトン・セナを主人公とした漫画も連載し、セガは1992年夏(7月17日(メガドライブ版)/8月28日(ゲームギア版))にアイルトン・セナ監修の『アイルトン・セナ スーパーモナコGPII』、1994年4月23日に1993年のF1シーズンを『ヘブンリーシンフォニー』を発売している。
  • スピードが速いものの例えとして「F1○○」と「F1」を冠して呼ぶことが流行した。大相撲の関脇琴錦の取り口が「F1相撲」と称されたのはその好例である。
  • 音楽産業において便乗した楽曲、アルバム(当時復活期にあった光GENJIVICTORY、シングルWINNING RUNなど。前者は楽曲のみならずジャケットもメンバー全員がドライバースーツ姿で映るなど強く意識していた。曲中にもF1マシンの走行音が効果音として収録されている。後者は特に1991年、92年においてF1とのタイアップ的な位置づけもされていた。)も多く企画、製作された。
  • 1990年にはゴールデンタイムで日本GPの中継が行われ、鈴木亜久里が日本人初の表彰台に乗ったが、目玉であったセナとプロストの対決がスタート直後の両者クラッシュという形であっけなく終わってしまった。

関連人物編集

注釈・出典編集

関連項目編集

  • バブル景気
  • モータースポーツブーム
  • マールボロ - 当時のマクラーレン・ホンダのスポンサー。週刊少年ジャンプと共に同チームのスポンサーだった関係からか、当時連載中の「ダイの大冒険」のギャグシーンに同社のタバコが使用されるということがあった。
  • 集英社 - 当時のマクラーレン・ホンダのスポンサー。マクラーレン・ホンダのF1カーに週刊少年ジャンプのロゴが小さく書かれていた。
  • SEGA - 1993年のヨーロッパGPでのウィリアムズ・ルノーのスポンサー。ウィリアムズ・ルノーのFW15Cやドニントンパーク・サーキットにセガのロゴやソニック・ザ・ヘッジホッグが描かれていたり、ソニックのトロフィーが作られていた。
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ - 当時、子供に人気を評していた国産アニメ。