メインメニューを開く

FN CAL(Carabine Automatique Légère)は、ベルギーファブリック・ナショナル社(FN)が生産していたアサルトライフル。同社が設計した最初の5.56mm小銃で、その名称は「軽量自動カービン」を意味する。

FN CAL
National Firearms Museum rifle.jpg
FN CAL(上から三番目)
FN CAL
種類 軍用小銃
製造国 ベルギーの旗 ベルギー
設計・製造 ファブリック・ナショナル
仕様
口径 5.56mm
銃身長 467mm
ライフリング 6条
使用弾薬 5.56x45mm NATO弾
装弾数 20発/25発/30発(箱型弾倉
作動方式 ガス圧利用ロータリングボルト
全長 980mm
重量 3,350g
発射速度 850発/分
銃口初速 970m/秒
歴史
設計年 1963年-1966年
製造期間 1966年-1975年
テンプレートを表示

概要編集

1960年代5.56x45mm NATO弾の採用に端を発する小口径化の動きに対応するべく、FALの後継機種として設計された。

FALをスケールダウンさせたような外見を持ち、FAL同様のショートストローク方式のガスピストンを備えているが、閉鎖機構としてティルティング・ボルトを採用していたFALに対して、CALではロータリング・ボルトを採用するなど、内部構造には差異がある。初期型ではフルオートとセミオートに加え、三点バースト射撃を行うことも可能だった。ストックは固定式と折りたたみ式が存在する。

プレス加工鋳造を多用し、精密な部品の使用を控えるなど、FALと比べ低コスト化が図られていたが、それでもなお競合するライフルと比べ複雑・高価な傾向があった。また、強度にも問題があり、トライアル中に事故を起こしてしまった。その事故を重大だととらえたFN社は製造を中止した。

その後、CALの設計に改良を加えたものがFNCとして発表されている。

使用国編集

関連項目編集