ジョージア州立大学

Georgia State Universityから転送)

ジョージア州立大学(Georgia State University, 略称:GSU)は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタにある研究型州立大学[9]。ジョージ大学システムの1校として、1913年に創立。州内で学生数の最も多い大学であり、全米学生数トップ10に入ったこともある。2018年時点では、学生総数はおよそ5万3千人。そのうちおよそ3万3千人がメインキャンパスで学んでいる[10]

ジョージア州立大学
Georgia State University
旧称 ジョージア工科大学付属夜間商業学校(1913年-47年)
ジョージア大学アトランタ校(1947年-55年)
ジョージア州立経営大学(1955年–61年)
ジョージア・ステート・カレッジ(1961年–1969年)[1]
モットー Veritas valet et vincet (ラテン語)[2]
モットー (英語) Truth is valuable and shall overcome[2]
種別 州立
設立年 1913年
上位機関 ジョージア大学システム英語版
学長 マーク・P・ベッカー[3]
プロヴォスト ウェンディ・ヘンセル[4]
教員数
1,586人 (2018年秋)[2]
職員数
3,627人 (2018年秋)[2]
学生総数 52,814人 (2018年秋)[5]
学部生 44,735人 (2018年秋)[5]
大学院生 6,789人 (2018年秋)[5]
博士課程在籍者
1,866人 (2018年秋)[5]
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[6]
30303 ジョージア州アトランタ33ギルマー・ストリートSE
北緯33度45分13.3秒 西経84度23分09.5秒 / 北緯33.753694度 西経84.385972度 / 33.753694; -84.385972座標: 北緯33度45分13.3秒 西経84度23分09.5秒 / 北緯33.753694度 西経84.385972度 / 33.753694; -84.385972[7]
キャンパス ダウンタウン・アトランタ・キャンパス(メインキャンパス):
109.87 acres (0.445 km2);
キャンパス面積 (ペリメーター・キャンパスを含む):
440.06 acres (1.781 km2);
総面積:
771.41 acres (3.122 km2)[2]
大学新聞 ザ・シグナル
スクールカラー 青・白[8]
運動競技 NCAAデヴィジョンI
ニックネーム パンサーズ
マスコット ブルー・パンサー
公式サイト www.gsu.edu ウィキデータを編集
Georgia State University Logo.svg
テンプレートを表示

米国の大学分類ではR1(高度研究型大学)に分類されている[11]。2018年度(2017年10月-18年9月)の研究費は2億米ドル以上であり、医学部、農学部、工学部を有しない大学としては3年間全米トップ、公立大学全体でも全米で408大学中78位である[12][13]。公立大学として州最大の規模を誇る総合大学であり、10学部・研究科に100以上の研究分野、250以上の学位課程を提供する[14]大学図書館には総合図書館と法学部図書館があり、総合図書館はメインキャンパス内の北館・南館に加え、ペリメーター・キャンパス内に分館がある。蔵書数は両館共に1,300万点を超え、連邦文書も保管している[2][15][16]

大学ランキング
国内
フォーブス[17] 513
USNWR[18] 211
WM英語版[19] 147
世界
ARWU[20] 501-600
QS[21] 751–800
タイムズ[22] 401–500

歴史編集

ジョージア工科大学附属夜間商業学校として1913年に創立[23]。1930年代にはジョージア大学システム英語版の一部に組み込まれ、アトランタ公開教育部として再編成。夜間学校の生徒に対しても大学の学位が授与されるようになった[24]。また、この時期にはジョージア夜間カレッジとアトランタ・ジュニア・カレッジの2つに分かれていた[25]。1947年9月にはジョージア大学附属となり、ジョージア大学アトランタ校に名称が変更[26]

以上のように、1913年から47年まではジョージア工科大学、47年以降はジョージア大学と創立からおよそ40年間にわたって当校は他大学の付属校として発展した[27]。しかし、1955年に4年制大学のジョージア州立経営大学として独立させることが理事会で決定される[28]。そして、1927年から校長を務めていたウォルター・スパークスが初代学長に就任した。そして、大学の発展と共に総合大学化が進み、1961年にジョージア・ステート・カレッジ[27]、1969年に現名称のジョージア州立大学に改名した[29]

1995年には大学システム理事会が同大学を「研究型大学」とすることに合意。同大学システムでは、ジョージア工科大、ジョージア大、オーガスタ大英語版に次ぐ4番目の研究型大学となった[30][31]

黒人学生を初めて受け入れたのは1962年。ジョージア工科大、ジョージア大より1年遅れてであった[32][33]

組織編集

  • 政策学(Andrew Young School of Policy Studies)
  • 看護・医療学(Byrdine F. Lewis College of Nursing and Health Professions)
  • 芸術学(College of the Arts)
  • 教養・科学(College of Arts & Sciences)
  • 教育・人間開発学(College of Education and Human Development)
  • ビジネススクール(J. Mack Robinson College of Business)
  • ロースクール(College of Law)
  • 公衆衛生学(College of Public Health)
  • 生物医学(Institute of Biomedical Sciences)
  • オナーズカレッジ(Honors College)
  • ペリメターカレッジ(Perimeter College)

キャンパス編集

一棟で始まった夜間学校時代から現在に至るまで、一貫してアトランタ中心部にキャンパスを構えている。1960年代初期の頃からはある種の自虐を込めて「コンクリート・キャンパス」と呼ばれていたが[34]、現在では愛称として学生に受け入れられている[35]。また、アトランタ中心部の経済発展に伴い大学も「街外れではない。街の一部。」というスローガンを持ち出している[36]

関連人物編集

著名な卒業生編集

脚注編集

  1. ^ Georgia State University History”. ジョージア州立大学図書館. 2019年4月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Georgia State University Fact Book 2018-2019”. 2019年11月10日閲覧。
  3. ^ Mark Becker, Georgia State University President”. 2019年4月3日閲覧。
  4. ^ College of Law Dean Named Interim Provost at Georgia State”. Georgia State University News Hub (2019年5月10日). 2019年10月8日閲覧。
  5. ^ a b c d Enrollment by Self-Declared Race/Ethnicity”. University System of Georgia. 2018年12月3日閲覧。
  6. ^ Georgia State University home page”. 2019年4月3日閲覧。
  7. ^ Google Maps”. 2019年4月6日閲覧。
  8. ^ Typography & Color”. Georgia State University (n.d.). 2019年10月13日閲覧。
  9. ^ “Georgia State, Leading U.S. in Black Graduates, Is Engine of Social Mobility” (英語). The New York Times. (2018年5月15日). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2018/05/15/us/georgia-state-african-americans.html 2018年5月15日閲覧。 
  10. ^ “Georgia State University Part-Time Job Fair- Atlanta Campus”. Forbes. https://www.gace.org/event-2587713 2018年11月21日閲覧。. 
  11. ^ The Carnegie Classification of Institutions of Higher Education - Georgia State University”. インディアナ大学. 2019年10月14日閲覧。
  12. ^ Georgia State Research Expenditures Exceed $200 Million for the Second Straight Year”. Georgia State University News Hub. 2019年11月21日閲覧。
  13. ^ Georgia State University's Research Expenditures Top $200 Million for the First Time”. Georgia State University News Hub. 2018年12月3日閲覧。
  14. ^ Georgia State Facts”. 2019年7月18日閲覧。
  15. ^ University Library FDLD Profile Details”. U.S. Government Federal Depository Library Program. 2019年10月15日閲覧。
  16. ^ Law Library FDLD Profile Details”. U.S. Government Federal Depository Library Program. 2019年10月15日閲覧。
  17. ^ America's Top Colleges”. Forbes.com LLC™. 2013年10月19日閲覧。
  18. ^ Best Colleges”. U.S. News & World Report LP. 2013年10月19日閲覧。
  19. ^ About the Rankings”. Washington Monthly. 2013年10月19日閲覧。
  20. ^ World University Rankings”. ShanghaiRanking Consultancy. 2013年10月19日閲覧。
  21. ^ University Rankings”. QS Quacquarelli Symonds Limited. 2013年10月19日閲覧。
  22. ^ World University Rankings”. TSL Education Ltd.. 2013年10月19日閲覧。
  23. ^ 97 Years Strong”. Georgia State University. 2012年6月6日閲覧。
  24. ^ History”. Main Street Master Plan. Georgia State University. 2013年5月28日閲覧。
  25. ^ Evening Signal, 1933-10-02”. Digital Collections. Georgia State University Library. 2013年5月28日閲覧。
  26. ^ The Georgia State University Signal, 1970-10-22.”. Digital Collections. Georgia State University Library. 2014年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月28日閲覧。
  27. ^ a b Special Collections and Archives: Georgia State University History”. Research Guides. Georgia State University Library. 2013年5月28日閲覧。
  28. ^ Carabello, Joanna Soto. “J. Mack Robinson College of Business”. Business and Industry. The New Georgia Encyclopedia. 2013年5月28日閲覧。
  29. ^ Reed, Merl. “In Business”. Georgia State University Magazine. Georgia State University. 2013年5月28日閲覧。
  30. ^ Core Mission Statement for Research Universities”. University System of Georgia. 2013年5月29日閲覧。
  31. ^ Achieving Research University Status”. Making History. Georgia State University. 2013年5月29日閲覧。
  32. ^ Georgia Tech Integration”. Civil Rights Digital Library. University System of Georgia. 2013年5月29日閲覧。
  33. ^ University of Georgia Integration”. Civil Rights Digital Library. University System of Georgi. 2013年5月29日閲覧。
  34. ^ Richards, Doug. “Georgia State among "least academic, least sexy" colleges?”. 11 Alive. NBC. 2013年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  35. ^ Anderson, Zakkiyya (2012年1月17日). “Concrete Crazies change men's basketball forever”. The Signal. http://www.gsusignal.com/sports/concrete-crazies-change-men-s-basketball-forever-1.2686102 2013年6月6日閲覧。 
  36. ^ Goal Formulation”. Main Street Master Plan Update 2005-2015. Georgia State University. 2012年4月14日閲覧。

外部リンク編集

地図を見る