メインメニューを開く

Give a reason』(ギヴ・ア・リーズン)は、1996年4月24日に発売された林原めぐみシングルである。発売元スターチャイルド・販売元はキングレコード

Give a reason
林原めぐみ奥井雅美シングル
初出アルバム『Bertemu
A面 Give a reason
B面 邪魔はさせない
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル スターチャイルドレコード
作詞・作曲 有森聡美
佐藤英敏
プロデュース 矢吹俊郎
大月俊倫
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間9位(オリコン
  • 1996年度年間130位(オリコン)
  • 林原めぐみ 年表
    Going History
    (1995年)
    Give a reason
    (1996年)
    限りない欲望の中に
    (1996年)
    奥井雅美 年表
    Shake it
    (1996年)
    邪魔はさせない
    (1996年)
    naked mind
    (1996年)
    テンプレートを表示

    概要編集

    記録編集

    「林原めぐみ」名義のシングル[2]としては、初めてオリコンシングルチャートのトップ10入りを果たし、それまでの自己最高位(前作『Going History』の25位)を更新した。オリコンチャート登場回数は13回。

    林原めぐみの代表曲であり、自身名義のシングルとしては歴代1位の売上枚数(約23万枚)を記録している(オリコン調べ)。

    文化放送の『SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン』にて、「Give a reason」は1996年4月20日にチャートイン、その後、1位を8度獲得(2度の返り咲き含む)、19週に渡り登場した。また、カップリング曲「邪魔はさせない」も同年4月27日にチャートインし、登場3週目と4週目には2位になり、「Give a reason」と1位、2位を独占した。

    1996年7月度、ゴールドディスクに認定[1][3]

    2019年3月1日には、ソニー・ミュージックエンタテインメントのアニメソング人気投票キャンペーン「平成アニソン大賞」において声優ソング賞(1989年 - 1999年)に選出された[4]

    収録曲編集

    1. Give a reason [4:24]
    2. 邪魔はさせない [4:38]
      • 歌:奥井雅美
      作詞:奥井雅美、作曲:奥井雅美・矢吹俊郎、編曲:矢吹俊郎
      • 『スレイヤーズNEXT』エンディングテーマ
    3. Give a reason <OFF VOCAL VERSION>
    4. 邪魔はさせない <OFF VOCAL VERSION>

    収録アルバム編集

    • Give a reason
      bertemu』、『VINTAGE S』、『スレイヤーズMEGUMIX』、『VINTAGE White』、『スターチャイルドSELECTION音楽編 [TV作品集]』
    • 邪魔はさせない
      V-sit』(live rock-on(※)にて収録)「S-mode #2」 、『スターチャイルドSELECTION音楽編 [TV作品集]』
      (※)コンサートを意識したアレンジで収録されている。

    カバー編集

    曲名 アーティスト 収録アルバム 発売日 備考
    Give a reason 松村香澄 『KASUMI the serious joker』 1999年3月26日 オリジナルアルバム
    奥井雅美 マサミコブシ 2003年5月1日 カバーアルバム
    喜多村英梨 百歌声爛 女性声優編II 2008年1月23日 カバーコンピレーションアルバム
    米倉千尋 Ever After 2008年6月25日 カバーアルバム
    桃井はるこ more&more quality RED 〜Anime song cover〜 2008年12月3日 カバーアルバム
    新谷良子 百歌声爛 女性声優編III 2009年3月18日 カバーコンピレーションアルバム
    m.o.v.e anim.o.v.e 01 2009年8月19日 カバーアルバム
    日高莉花 『ブチアゲ♂パランス 10★SPECIAL』 2009年9月23日 カバーコンピレーションアルバム
    中川翔子 しょこたん☆かばー3 〜アニソンは人類をつなぐ〜 2010年3月10日 カバーアルバム

    脚注編集

    [ヘルプ]
    1. ^ a b 日本レコード協会『THE RECORD』 No.442(1996年9月号) より
    2. ^ 扱いの上では、林原めぐみのシングルであるが、作品の性質上、「林原めぐみ・奥井雅美」のシングルとの見方も少なからずある。オリコンなどでは林原めぐみのシングルとして扱われている。
    3. ^ 2003年7月度以降の認定基準とは異なり、当時のゴールド認定基準は出荷枚数20万枚以上が基準となっている。
    4. ^ 平成アニソン大賞”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2019年3月8日閲覧。