新谷良子

日本の女性声優・歌手 (1981-)

新谷 良子(しんたに りょうこ、1981年3月31日[2][3][7] - )は、日本女性声優歌手石川県金沢市出身[2][3][4]リマックス[8]ランティス所属[11]

しんたに りょうこ
新谷 良子
プロフィール
本名 新谷 良子[1]
愛称 りょーこ、りょーこちゃん、シンタス、ぷりんこ
性別 女性
出身地 日本の旗 日本石川県金沢市[2][3][4]
生年月日 (1981-03-31) 1981年3月31日(42歳)
血液型 B型[5]
身長 158 cm[6][7]
職業 声優歌手
事務所 リマックス[8]
公式サイト オフィシャルサイト「はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる」
声優活動
活動期間 2001年 -
デビュー作 ミルフィーユ・桜葉
(『ギャラクシーエンジェル』)[9][10]
音楽活動
活動期間 2003年 -
ジャンル J-POPアニメソング
職種 歌手
レーベル Lantis
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

来歴 編集

星稜高等学校[12]卒業後に上京、日本工学院専門学校演劇俳優科声優コースへと進む[13]。在学中に清水愛坂本美里などと「めぇめぇもぉ」を結成。ラジオやイベントへの出演を行っていた。

その後、ブロッコリーが開催したゲーム『プリズムパレット』の一般公募のオーディションで、グランプリを受賞する[14]。しかし、同ゲーム制作の遅れにより、開発が中止するかもしれないとブロッコリーから連絡があり、お詫びとしてメディアミックス企画作品『ギャラクシーエンジェル』ヒロイン役オーディションを勧められる[15]。主役のミルフィーユ・桜葉役に合格し、デビューを果たした[15]。同時にテレビ『ゲーマーズエクスプレス』の司会も務める。

以降は、数々のブロッコリー提供のテレビ・ラジオで、司会を務めている。また、ミニアルバム『ピンクのバンビ』で、歌手デビューを果たす[10]

紅屋25時(アットウイル)、ビーボ[6]を経て、現在はリマックス[8]ランティスに所属[11]

2004年、ファンクラブ「PINK☆ROCKS」を設立。

2011年、声優デビュー10週年記念として、6月25日26日に「はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる 30 chu→lip☆BEST LIVE」、7月9日10日に記念展示会「新谷良子 10th Anniversary Museum『chu→lipはてな』」を開催。

2012年、「新谷良子 with PBB名義」名義でミニアルバムBANDScoreを発売。

2017年12月19日、音泉、NECパーソナルコンピュータプレゼンツ デジタル生活応援!121ラジオ番組内でタイピング試験(イータイピングマスター)3級に挑戦し合格した。

2018年7月1日Twitterを開始。

2022年4月1日、リマックスに所属。

人物 編集

基本的に内向的で、『chu→lip☆くえすと』のメイキング映像では、練習初日の顔合わせで人見知りする本人が確認できる。

ピンクが大好きで、本人のファッションやCDジャケットにはそのカラーがよく表れている。また、ミニスカートロリータファッションが多く、絶対領域にもこだわりがある。好きなファッションブランドは「MILK」や「h.NAOTO」など。「MARCHING MONSTER」発売当時は黒や水玉模様もお気に入りで、CDのラベルには黒にピンクの水玉模様が描かれている。

ディズニー関連が好きで、上京後はキャストになることも考えていた[16]。ブログには頻繁に東京ディズニーリゾートへ行ったという内容が書かれている。エレクトリカルパレードを観るのがお気に入り。

好きな2次元キャラクターに『るろうに剣心』の相楽左之助を挙げている。

折原みとの小説『時の輝き』が好きであり、高校進学前は看護婦になろうと思い、看護学科のある高校に進学しようと思っていた時期もあったという[17]

昔はゲーム『卒業M』が好きで、最終的には落選したが、ゲームのドラマCDの中にファンのための企画で、3人出演できる募集で、オーディション用CDがあり、二次まで通過していたこともあった[18]。二次に合格すると雑誌に名前が掲載され、その人物の中に福圓美里もおり、ものすごい縁を感じていた[18]。名前が雑誌に掲載されていたことで、図に乗り、母に見せびらかしていたという[18]

好きなアーティストは浜崎あゆみ川本真琴Tommy heavenly6などが挙げられる。好きな俳優は藤原竜也ジョニー・デップ。趣味・特技はトランポリンと、ピアノを弾くこと。

本人いわく、寝言が凄い。自分の寝言で起きるくらいで、その時ほど一人暮らしで良かったと実感するという[19]

舞台『想い出色の輪舞』では二役を演じることになったが、稽古中「演じ分けるにあたって、両者の精神年齢が気になる」と演出の下田正美に疑問をぶつけた。共演した俳優の寺崎正信はその真摯な姿勢に深い感銘を受け、後に「脚本に書かれている以上のことを追おうとしない若い役者が多い中で、このような一見当たり前のような疑問も無視せずに向かい合った。役を作る楽しさも難しさも知っている」と自身のウェブサイトで記している。

図工や美術が苦手[20]

趣味は読書、かわいい服の収集[6]。資格はピアノ、トランポリン[6]。ピアノは小学1年生から中学3年生の頃までしていた[10]。ピアノをしていたため、保育士になろうと思ったこともあった[16]。トランポリンはとても楽しかったが、なかなか上手くならず、年下の子供に抜かれてしまったくらいだった[17]

祖母は小学校の教師をしていた[21]。家は厳しく、正月に書初めをするような家だったが、ピアノを習ってからはピアノの弾き初めもするようになった[21]。母と祖母に育てられてきて、母も祖母も怖かったが、一番怖いのは祖父だった[17]。新谷と祖父は外面がいいのが似てるという[21]

生い立ち 編集

4~5歳くらいは松田聖子が好きで、「聖子ちゃんになるんだ!」と言っていた[10]。アニメが好きだったことからオープニング、エンディングの曲をテレビに合わせて歌っていた[10]

アイドルをテレビで見ていたこと、バレエをしてた友人を観に行っており、「いいな」と思いながらも体が硬かったことから小学校の頃は芝居を観に行っており、何かを演じたり、表現することに惹かれていた[10]

基本的には明るくて元気な子供で、通知表もその部分だけは必ず評価され、友達付き合いも活発で、友人の家に行って遊んでいた[21]

たくさん習い事をしており、民謡の後ろで踊る踊りなども少し学び、何回か発表会に出たこともあった[17]。親に「大学に行きなさい」と言われていたため、塾に通っていた[17]。ただし、どの習い事も自分で「習いたい」と言い出したものではなく、母、祖母に言われて始めたものだった[17]

声優になったきっかけ 編集

幼少期より芝居や演技に興味を持ち、表現者に憧れていた[22]。小学生のときに声優というものがあることを知り、実在の人でも架空の人でも変身できる自分がなりたいのはこれだと確信する[22]セーラームーンになりたかったことや『ときめきメモリアル』のラジオドラマを聴いていたことも声優を目指すきっかけだった[16]

セーラームーンシリーズは最初期の『コードネームはセーラーV』の時から読んでおり、主人公のセーラーV(セーラーヴィーナス)が好きだった[16]。また、セーラーマーズにも憧れていた[16]

地元で放送されているアニメが少なかったこともあり、その分ドラマCDを聞いていた[16]。就寝前に聴いていたが、声の芝居と音楽だけで光景が浮かんでくるのに感動したという[16]。中学時代、アニメに詳しい友人から話を聞き、声優を職業として意識するようになった[16]

学生時代からデビューまで 編集

小学校時代の得意科目は、幼少期母に絵本を読んでもらうことで、本好きになり、国語と音楽[21]。好きだった本は『かぎばあさんシリーズ』[21]

中学生の頃は基本的には社交的で、元気なのは子供の頃から変わらなかったが、中学に進学すると周囲も増えるため、いじめられたりしたこともあった[21]。中学2年生ぐらいは都合の悪いことは忘れるタイプであまり覚えていないが、親から聞いた話だと親と担任の教師の家に行ったという[21]

中学時代は当初は吹奏楽部に入ろうと思っていたが、バドミントン部に所属していた[21]。当時はそこそこ厳しい感じの部活だったが、楽しく、他の学校へ練習試合に行ったりするのも楽しかった[21]。ただし、バドミントンがハードなスポーツだとは思っておらず、思った以上に大変だったという[21]

運動音痴で、走るのも遅かった[21]。ただし、小学生の頃トランポリンを習っていたことがあったため、バランス感覚だけはあるかもしれないという[21]。障害物競争などでも平均台だけは速く、2009年時点でも人混みを抜けるのは得意という[21]

高校進学は塾に通うながら受験に備えていた[17]。当時は声優養成所も考えており、養成所によっては中卒以上という条件の場所があるため、親に話していた[23]。その当時は大笑いされて終わりだったが、その頃から少しずつだが、「声優になりたい」と考えるようになった[23]。もう一つ、思い直したきっかけで雑誌『アニメディア』の中で神谷明のインタビュー記事に、「今、やれることをしておきなさい」という言葉があり、すごく心に残り、「やっぱりちゃんと高校へ行こう」と思い直した[17]。結局、勉強が嫌いだったため、親が望んでいた公立高校には進学しなかったという[23]

高校1年生の夏までは演劇部に所属していた[10][23]。しかし先輩が新谷に不満があったようだが、「あんなに素直に自分の気持ちを直接的にぶつけることはできない」とくいらい大喧嘩をしてしまったことから夏の1回公演が終わった後に辞めてしまった[23]。後に先輩から「いずれあなたを部長にしようと思っていたのに」と言われたが、新谷自身若く、そういうことがわからなかった[23]。高校2年生からは吹奏楽部に所属したが、これは「芝居は間が大事」と知り、リズム感を養うためのものだった[10][23]。(担当はパーカッション[24])高校時代の思い出を「ブラスバンド部(吹奏楽部)は楽しかった」と語る。高校への通学は電車バスを利用していたが、一度だけ自転車で行ったことがある[25]

高校1年生時から親に「声優になりたい」と言っていたが、当初は笑い飛ばされていたという[10]。アニメも変わらず好きでドラマCDなども買っており、高校になってから声優雑誌も買いだした[23]。その当時、林原めぐみが好きで、『スレイヤーズ』も見ており、小説はライトノベル好きになった[23]。林原のラジオを聴いており、母にも林原の著書などを見せて「声優の仕事はいろいろあるから老後も大丈夫なんだよ」と言っていたという[10]。林原は好きな声優だったため、「声優の仕事には、歌などを歌う流れもあるのだな」と知っており、ちょうど堀江由衣がデビューしていた時期だったため、グラビア、CDで仕事の流れもあるとは認識していた[23]。しかし自分がそうなるとは全く思っておらず、「私はとりあえずアニメに出たい」とそれだけだったことから「歌を歌うなんて他人がすることだ」と勝手に思っていた[18]

当時、『創竜伝』と『封神演義』の歴史ものの話が好きで、『封神演義』などは、全三冊の分厚い文庫本を読み倒していた[23]。出てくる話が漢文の教科書にも掲載されていたため、漢文の成績は良かった[23]。『創竜伝』も好き過ぎて、ドラマCDまで買ってしまい、台詞を全部覚えていたような気がしており、そのおかげで、世界史もその時代の中国と日本史の幕末だけは得意だった[23]

高校時代から声優に関する書籍を買って読んでいたが、トレーニング系の書籍は持っていなかった[18]。持っていたのは、どういうところでどんなレッスンをして、どんなオーディションがあり、というようなことが知りたく、それを知らないと、親も説得できないと考えていたことから、『声優になるには?』など、養成所とはこういうところ、ような本が多かった[18]。「基礎の滑舌だけはできそうかな」と思い、それだけはトレーニングしていた[18]。あとは、たまにテープで録音して自分の声を聴いてみたり、友人に借りたアニメのビデオテープを、自分でセリフを書き起こして音声を消して1人アフレコなどをしていた[18]。家族がいると恥ずかしいため、いない時間を狙ってだった[18]。台本の書き方なども分からないため、「今どこ?」のようになったりしていたが、試行錯誤していた[18]。高校時代は、「私が声優ならずに誰がなる」というくらいに思っており、その自信は高校時代までだったという[18]

高校3年生の進路を決めなくてはいけない時期には親と大喧嘩していた[10]。養成所の特待生やいくつかのオーディションに応募して、大阪府まで母に付き添われて受験するも、一次審査で落選し泣きながら帰ったこともあった[10][18]。親が一緒ではないと行かせてくれなかったため、落選した時は「やっぱりね」、「ほら、ダメでしょ!」と言われ、悔しい思いをしたこともあった[10][18]

親からは「せめて大学に行け」と言われ、祖父からも公務員になってくれと言われていた[10]。親は声優の仕事がわからないから心配で反対しているんだと思い、認知してもらうために、塾の送り迎えの道中、母に声優の歌やドラマCDを聴かせたり、あの手この手で説得を試みるも、それでも反対だった[10][18]。進路相談では演劇部の顧問でもあった、クラス担任の教師との最初の三者面談時に、「先生はやりたいことを知っていてくれているから、2対1で親を説得してくれる」と期待していたら、全くの逆で2対1で説得された[18][26]。教師にも「演劇部ですら1年続けられなかったのに、専門学校などでやっていけるわけがない」とすごい勢いで反対され、新谷は半泣きだった[18][26]

しかし、その年の夏に中部地方の演劇の講習会が能登半島で開催されることになっており、理事のようなことを担任教師がやっていたため、新谷は演劇部ではなかったが、「やる気があるなら」と推薦される[26]。星稜高校演劇部からのイベント参加者はいなかったが、教師から「演じるという世界はどういうものか体験してこい」と送り出さる[26]。2〜3泊の短期間合宿だったが、想像以上に楽しく学ぶことができたことを伝えると、その後は担任も親身になり、信用できる学校などを探してくれた[26]。『声優グランプリ』の企画で金沢への帰省時、担任に当時の話を聞く機会があり、「過去に何人か女優さんになりたいと言って上京したが、うまくいかず結局帰ってきたことがあった」と打ち明けられる[26]。当初、「反対して、それで辞めるのであるならばそれはその方がいい」と思っており、「声優になりたい」と言ったのは新谷が初めてであり、担任自身「声優になるためにはどうしたらいいのかよくわからなかった」という[26]。親はぎりぎりまで反対しており、夏休みは専門学校の体験入学期間であったため、担任が見つけてくれたところと、新谷が見つけたところの両方に母と参加した[10][26]。そこで出会ったのが、日本工学院専門学校の講師を務めていた神谷明で、あまりアニメなど無知だった母でも、神谷は知っていたという[27]。最終的に、日本工学院専門学校の寮に入り「2年間だけなら」という条件で、声優科への入学の了解を得た[10][26]。最初に寮の抽選にもれてしまい、入寮できなければ上京できなくなってしまうため、そのことだけは泣くに泣かれず、翌日、交渉しようと学校に直接電話すると、ちょうどキャンセルが1件出たということで、優先的に入れてもらえることでき、上京が可能になった[26]。専門学校に推薦入学が決まってからは寮に入るとはいえ、上京して頑張るためには資金が必要だったことから、2年間で帰るつもりはさらさらなかったため、専門学校卒業後のことを考えると、その先の余裕を作っておきたかったため、内緒でアルバイトをしていた[26]。あの頃の行動力は「すごいな」と思ったが、勉強だと地道なことは嫌いで、日本工学院に入学が決まった10月頃から嬉しく、声優になるための勉強ができるということが楽しみでしかたなかったという[26]

高校卒業後に専門学校に入学すると、自分の声が個性的ではないことを知った[22]。当時は自分がやりたいことをやるための学校だったことから嫌なことはなく、「好きなことだけして毎日過ごせばいい」のような感じで、前述のアルバイトをしながら学校に通っていた[10]。一方、演技の勉強を始めた時は不安で、「こんなに好きなことだけやっていいのかな」と勉強があまり好きでなかった新谷にとっては、学校は苦手な場所で、「専門学校も」と思っていたが、入学していたところどの勉強も楽しく、「自分の好きなことだけしてていいの?」と思ったという[26]。日本工学院は、日本舞踊、タップダンス、ジャズダンス、モダンバレエなどダンスのレッスンが多かったが、運動神経がいい方ではなく、体が硬いため、苦手だった[28]。タップダンスの授業の年配の先生がとても優しく、タップダンスはまだよく、先生自身のスタジオでも教えてくれたという[28]。引っ込み思案なタイプだったが、専門学校に入学後、常に講義、レッスンの時は一番前に座っていた[28]。人前で演技をするのは恥ずかしかったが、仕事をするまでは、最初の第一声を発するまでの恥ずかしいという思いはなくせなかったという[28]。レッスン中でキャストが指定されて、教室の前で読み合わせをする時なども緊張していた[28]。講師の神谷明に専門学校に入学して最初に「とにかく大声出せ」と言われた言葉が印象的だった[28]。大声を出すと、とりあえず緊張が取れるようになったという[28]

専門学校在学中にラジオにも出演されたりしていたが、番組アイドル募集と書かれた告知を見たため、「アイドルは考えられないな」と思い、当初は応募しようとしなかった[28]。しかし神谷が「応募してみろ」と背中を押してくれて「それならがんばってみよう」と応募[28]。オーディションに合格した後は、アイドルという言葉がほど遠く、色々なことをしていたが、プロの現場に関わるのも初めてだったことから、とにかく何をするにも必死だった[28]。自分にできるとは 何一つ思えなかったことからとても怖かったという[28]。現場に関われることは嬉しかったが、色々な人物から注意されたり、怒られたりしていた[28]。早口のため、「聴く人は電波にのった音声だけなので聴きづらいよ」ということを注意された[28]。話題に対してわりとマイナスな方向から話しがちだったため、「もう少し話題の広げ方を考えるように」と言われた[28]。マネージャーをしてくれた学校の先生からも色々なアドバイスをもらい、自分たちのコーナーをくれたため、その中の企画を考えていた時に、「その企画、自分が聴きたいと思う?」ということは、厳しく言われた[28]。何かを始めるたびに、学校の先生はじめ、スタッフ、たくさんの人物からアドバイス、指摘をくれたことは、とても役に立っていることから感謝しているという[28]

1年目の終わりの公演では、主役の女の子と、楽団のキーボードを担当していた[28]。始まる前は緊張していたが、始まると気にならなくなり、舞台の上では、役としてどう生きるのかに一番意識が行っていた[28]。役は「どんな反応をするんだろうか」などと、舞台を経験したことで、考えられるようになったという[28]

入学2年目のときに『ギャラクシーエンジェル』のオーディションでミルフィーユ・桜葉役に合格[22]。初アフレコで憧れの先輩たちが並み居る中でそこに自分がいるとは信じられないまま収録は進み、無我夢中で記憶はほとんどないが思うように声は出なかったと語っている[22]

アニメスタッフも、新谷のデビュー作が『ギャラクシーエンジェル』だと知っていることから、分かりやすいように新谷のキャラ絵だけ色をつけてくれたり、皆色々助けてくれた[9]。しかし「実は色をつけていたんだよ」と言われるまで緊張して周囲が見えず、全然気付かなかったという[9]

『ギャラクシーエンジェル』の収録が始まったのが専門学校卒業間際だったことから、2週目の収録の時が卒業式とぶつかっており、式だけ出席して、その後の卒業パーティーには収録があったため、参加できなかった[29]。専門学校在学中に好きだったのは講師の神谷が褒めてくれたことからナレーションだった[29]。ただし、その時できることを一生懸命して、「後悔だけはしないように」と思ったという[29]

卒業時に、学校である事務所のオーディションが開かれ、そこで合格して事務所に所属[29]。講師からは、「私がその当時仕事を持っているということは、自分が行きたいという事務所を選べる程度にはいいお土産になるよ」と言われ、そのおかげで、色々声をかけてくれるようになった[29]。プロとして仕事をしていくことをしなくてはいけないことで精いっぱいであり、テロップに名前が流れても新谷のこととは思えず、同姓同名の別人に思えたくらいだったという[29]

落ち着いてきたのは、『ギャラクシーエンジェル』の8話目あたりの収録でかないみかの声が聞こえた[9]。一生懸命落ち着かせようとしてくれているのが伝わり、なんとなく安心して周囲を見渡す余裕ができたという[9]

当時は新人だったため、できないことだらけで居残りもあり、いっぱい怒られ、いっぱい泣いていた[9]。音響監督のたなかかずやに「主役が現場の空気を作るんだ、次の週にはちゃんと笑っていろ」と言われ、気をつけていたという[9]

声優 編集

新谷自身は何を演じても「声が似ている」、と言われることもあるが、そういう意味では、「そのアニメのキャラクターではなく、キャストで見られることが増えてきたのかな」と語る[29]

ひだまりスケッチシリーズ』や『さよなら絶望先生シリーズ』をはじめ、新房昭之監督が手掛ける作品に出演することが多い。

音楽 編集

専門学校時代は歌の授業もあったが、当時は「私もいつか歌うんだな」など思い描いたりしていたということは全然思ってなかった[10]

声優のオリジナルのCDの記事など雑誌で読んでいたことから声優が歌う機会が多くなっているのも知っていた[10]。しかし新谷自身はうまくなく、そういう活動をするとは全く思っていなかったという[10]

デビュー作の『ギャラクシーエンジェル』はアフレコの前にOP曲のレコーディングがあったため、歌の仕事が先になった[10]

当時は事務所に所属する前で、「すごいキャストの皆さんと共演するだけでもすごいのに、自分の歌がOPに流れるなんていいのかな? 大丈夫かな?」と思ったという[10]

アーティストデビューについては『ギャラクシーエンジェル』が始まり、早い段階で話をくれたようで、マネージャーから聞かされた時には驚いていた[10]。その時に「せっかくのお話だし、頑張ろう!」と思っていたところ、しばらく進展がなかった[10]

2002年に本格的なプロジェクトが動き出し、その頃は変な知識があったため、「絶対、(投資分)回収できないと思いますよ。大丈夫ですか?」と言ったりしていた[10]。当時から、野川さくら千葉紗子もリリースしており好調で「すごい」と思っていたが、そこに入ることはピンときておらず、「私がランティスの勢いを止めたらどうしよう?」と本気で心配していたという[10]

自らの音楽スタイルを「バンビポップ」と称している[注 1]。アルバム作成の際にはそれぞれのCD独自のコンセプトのほかに、毎回共通して「等身大のしんたにりょーこ」というコンセプトで作成されている。ライブにおいて演奏を担当するバックバンド「Pink Bambi BAND」が存在する。基本的にライブはこのバンドと行っているが参加メンバーは流動的であり、2008年にROSARYHILLが結成されてからは当バンドのメンバー+ドラマーという編成になっている。2011年頃からほぼ同一のバンドメンバーでライブが行われているOLDCODEXとイベントが重なることが多くなり、またバンドメンバーが流動的になりつつある。

座右の銘は「はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる」。これは彼女のライブツアーのタイトル名として、現在のところ毎回使用されている。ライブ終盤に歌う曲として同名の曲があるが、これはライブ限定で歌われておりCDなどには収録されていない。なお、2007年6月27日に発売されたライブDVD『新谷良子 LIVE“はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'07”chu→lip☆ARMY』において、初めてフルサイズで映像化された。

ライブでは「ちゅーりっぷ王国」という架空の王国の姫であるという設定であり、観客は国民ということになっている。国歌は「ray of sunshine」。国花は「ファンシーフリル」(チューリップの品種の一つ)。建国記念日はファーストライブが行われた日である2004年6月26日。同じく王国という設定でライブを行っている田村ゆかりのことを「隣国の姫」と呼ぶことがある。ライブで王国スタイルをとっている理由は「いわゆる『声優さんのライブ』というのをわざと作り上げたかったから。」と語っている[30]

交友 編集

ギャラクシーエンジェル』で共演した田村ゆかりが新谷を可愛がっており、ブログでもその仲のよさは知られ、親友と呼べる間柄。

喜多村英梨は新人の頃に『マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ』で共演しており、新人で勝手が分からなかった喜多村にアドバイスをした事で慕われている。また、『かってに改蔵』のファン同士の仲である。

出演 編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ 編集

2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2018年
2024年

劇場アニメ 編集

OVA 編集

2002年
2003年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
  • 崩月夕乃
2011年
  • かってに改蔵(しえちゃん、新☆谷良子、「叫ぶしびんの会」会員、とーりゃんせB、日辺美男、タワラ)
  • 変ゼミ加藤あんな)※第5巻OAD付き初回限定版
2012年
2013年
2014年
  • のんのんびより(2014年 - 2022年、富士宮このみ) - コミックス第7・のんのんびよりりめんばーOAD付き特装版
2015年
2016年

Webアニメ 編集

ゲーム 編集

2001年
2002年
  • GALAXY ANGEL(2002年 - 2005年、ミルフィーユ・桜葉) - 4作品
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2019年
2022年
  • Echocalypse -緋紅の神約-(クライン[66]
2023年
2024年

ドラマ・ラジオCD 編集

ラジオドラマ 編集

  • ねこだもん。(ランティスウェブラジオ:2005年8月 - 10月)
  • どらま de にじちぅ?(にぅ)(ラジオ大阪『にじちぅ? ぱれ〜ど♪』内:2006年10月4日 - 12月30日)

吹き替え 編集

映画 編集

ドラマ 編集

アニメ 編集

デジタルコミック 編集

ラジオ 編集

※はインターネット配信

特番 編集

ナレーション 編集

テレビ番組 編集

※はインターネット配信

  • ゲーマーズエクスプレス(2001年4月 - 2002年3月、アニマックス
  • 新谷良子のお店くりっく! あらぶんちょ!内のミニ番組(2002年9月 - 2003年3月、東京ケーブルネットワーク
  • 新谷良子のあなたと☆お・で・か・け(2002年 - 2004年、声優Wave※)
  • 激☆店(2003年7月 - 2005年3月、BS-i
  • GATV(2004年4月 - 2006年3月、アニマックス)
  • 新谷良子のいつでも☆いっしょ(2004年 - 2006年6月、声優Wave※)
  • 新谷良子のchu→lip生放送(2011年4月29日 - 2012年3月30日、ニコニコ生放送※)[注 6]
  • ひめのたんじょうび(ニコニコ生放送:2013年3月30日 - 2013年3月31日)
  • 【初見歓迎♪】新谷良子にぅシングル『STARting-fromrebirth-』発売記念ニコ生【姫に力を☆】(ニコニコ生放送:2015年2月25日)
  • 【初見歓迎♪】新谷良子Birthdayニコ生【姫の誕生日】(ニコニコ生放送:2017年3月31日)

映像商品 編集

舞台 編集

  • 想い出色の輪舞(東京桜組:2002年12月公演)
  • アニメ店長生誕10周年記念公演 「アニメ店長は・・・・僕が守る!」(2010年12月公演、ゲスト出演)
  • 老いらく長屋☆騒動記
  • LIVE DRAMA 「アリドロ レベル2 誓願の羅針盤」(2023年3月26日・6月25日(再演)、フェリエス)
  • LIVE DRAMA 「アリドロ レベル3 目覚める新世界」(2023年11月5日、フェリエス)

映画 編集

パチンコ・スロット機 編集

その他コンテンツ 編集

  • デジタル写真集「Love Pop☆Party」(2008年)※ボイス&ムービー付
  • Gamers Guardian Fairies(金沢店守護妖精・ラピス)
  • シュラキ(リゼ)
  • 萌える脳トレ(細野茉衣)
  • スナイパー=リョウコの雑学生活知恵袋100 Vol.1
  • 30秒ちょっとでわかる日本の昔話100選
  • 30秒ちょっとでわかる世界の童話100選
  • 逆転昔話 vol.2 くノ一編
  • 紅魔城伝説II 妖幻の鎮魂歌(霧雨魔理沙、橙)
  • 東方聖夜祭 紅魔館のクリスマス(紅美鈴)

ディスコグラフィ 編集

シングル 編集

発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2003年8月27日 ワガママ date show LACM-4104 62位
2nd 2003年9月26日 あいのうただから LACM-4106 73位
3rd 2003年10月22日 ray of sunshine LACM-4108 82位
4th 2004年9月23日 恋の構造/トリックスター LACM-4155 54位
5th 2004年11月26日 Wonderstory/HAPPY END LACM-4168 67位
6th 2005年3月2日 世界でいちばんボクが好き! LACM-4185 131位
7th 2005年10月5日 Happiest Princess LACM-4220 63位
8th 2006年5月24日 CANDY☆POP☆SWEET☆HEART LACM-4262 52位
9th 2007年6月27日 ロストシンフォニー LACM-4383 42位
10th 2008年5月21日 crossingdays LACM-4502 38位
11th 2008年10月22日 月とオルゴール LACM-4535 58位
12th 2009年6月3日 ReTIME LACM-4621 56位
13th 2009年11月25日 Piece of love LACM-4667 67位
14th 2010年3月24日 Magic Spell LACM-4701 46位
15th 2010年10月6日 HONEY TEE PARTY! LACM-4743 55位
16th 2011年10月26日 Euphoric Prayer LACM-4871 51位
17th 2012年2月14日 AUTOMATIC SENSATION LACM-4908 54位
18th 2015年3月11日 STARting -from rebirth- LACM-14318 36位

アルバム 編集

ミニアルバム 編集

発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2003年3月7日 ピンクのバンビ LACA-5157 292位
2nd 2012年9月26日 BANDScore[注 7] LACA-15235 77位
3rd 2017年6月21日 tick-ta cRock LACA-15641 65位

オリジナルアルバム 編集

発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2004年4月28日 ファンシー☆フリル LACA-5277 63位
2nd 2005年5月25日 Pretty Good! LACA-5390 96位
3rd 2006年11月15日 空にとける虹と君の声 LACA-5565 23位
4th 2007年12月19日 Wonderful World LACA-5717 87位
5th 2009年2月18日 MARCHING MONSTER LACA-5866 30位
6th 2011年6月22日 UNLOCKER! LACA-15126 44位
7th 2013年8月14日 Blooming Line LACA-15328 55位

ベストアルバム 編集

発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2007年2月14日 The Great bambi Pop Swindle LACA-5600 71位
2nd 2011年2月9日 BEST BAMBI BOX LACA-9205/6 21位
3rd 2018年10月10日 BEST BAMBI BOX 2 LACA-9649/50 55位

タイアップ 編集

楽曲 タイアップ
世界でいちばんボクが好き! テレビアニメ『だめっこどうぶつオープニングテーマ
Happiest Princess PS2ゲームソフトWhite Princess 〜一途にイっても浮気してもOKなご都合主義学園恋愛アドベンチャー!!〜』オープニングテーマ
CANDY☆POP☆SWEET☆HEART テレビアニメ『姫様ご用心エンディングテーマ
crossingdays テレビアニメ『紅 kure-nai』エンディングテーマ
Magic Spell オンラインRPGトリックスター0 -ラブ-』イメージソング
HONEY TEE PARTY! テレビ東京アニソ〜ンぷらす』2010年10月度オープニングテーマ
AUTOMATIC SENSATION アニメ『こいけん!〜私たちアニメになっちゃった〜』主題歌
Blooming Line テレビ東京『アニメDON!』2013年8月度エンディングテーマ

映像作品 編集

発売日 タイトル
1st 2005年6月29日 "はっぴい・はっぴい・すまいる '05" Chu-lip くぇすと in Zepp Tokyo
2nd 2005年12月21日 "はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'05" chu→lip☆Legend in Zepp Tokyo
3rd 2007年6月27日 "はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'07" chu→lip☆ARMY in U-PORT
4th 2008年7月23日 "はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'08" chu→lip☆Medalist
5th 2009年10月21日 "はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'09" chu→lip☆Toy parade
6th 2012年3月21日 "はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'11" chu→lip☆CHEERS!
7th 2014年4月28日 "はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'13" chu→lip☆Voyage
8th 2016年2月24日 "はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる’15" chu→lip☆STAR

ユニット 編集

ユニット名 メンバー
めぇめぇもぉ 新谷良子清水愛坂本美里
Teddy milk(テディミルク) 新谷良子・清水愛
エンジェル隊 新谷良子田村ゆかり沢城みゆき山口眞弓かないみか後藤沙緒里(ゲーム版のみ)
ぴたぴたエンジェル♪ 新谷良子・田村ゆかり
ぴたぴたエンジェル♪A 新谷良子・田村ゆかり
Vsixteen 愛河里花子飯塚雅弓岩田光央國府田マリ子サエキトモ新谷良子鈴村健一高田広ゆき
竹内順子豊嶋真千子千葉紗子三重野瞳西村ちなみ三橋加奈子宮村優子望月久代
あまえ隊っ!! 川上とも子新谷良子寺田はるひ中原麻衣樋口智恵子渡辺明乃
激☆娘 新谷良子山本麻里安・三重野瞳
ラジアニfeaturing.新谷良子+後藤邑子 新谷良子後藤邑子
桃月学園1年で〜組 門脇舞・沢城みゆき・新谷良子生天目仁美松来未祐
che★lip 新谷良子野川さくらアニぱら音楽館 EXTREME LIVE 2005の一夜限り
絶望少女達 野中藍井上麻里奈小林ゆう・沢城みゆき・新谷良子真田アサミ谷井あすか・後藤邑子・松来未祐

キャラクターソング 編集

発売日 商品名 楽曲 備考
2004年
4月21日 てんたま2wins ヴォーカルプラス 五十嵐真雪(新谷良子 「Rebirth〜どんなに遠く離れていても〜」 ゲーム『てんたま2wins』関連曲
2006年
12月27日 Gift〜eternal rainbow〜 キャラクターソングミニアルバム 藤宮千紗(新谷良子 「デリケートマジック」 テレビアニメ『Gift〜eternal rainbow〜』関連曲
  • 明日が見えなくて(マーメイドメロディーぴちぴちピッチピュア
  • ギャラクシーエンジェルシリーズ(ムーンエンジェル隊名義を除く)
    • あしたのタマゴ
    • 笑顔にGet On!
    • エキサイティング・ロボット
    • おんなじねがい
    • Cooking☆Dance!
    • じーえーじーえーCD出ます♪
    • じーえーじーえーDVD出ます♪
    • ステキな日曜日
    • チームメイト
    • ちょっとおやすみ
    • ちょっとひといき
    • はじまりのキラキラボシ
    • Happyで行こう!
    • VIVA LA WOMEN!
    • ブギヴギ☆とらぶるメーカー
    • Precious heart
    • Born to be happy
    • マシュマロ☆チョコレート☆
    • ミルフィーユのお料理教室
    • YOU GET A CHANCE!
    • YOU GET A CHANCE!(ラブリー・サマー・ミックス)
    • LUCKY GIRL
    • Lunch Boxいっぱいの愛
    • LOVE FROM SPACE
    • ミラクルテレパシー
    • 午前0時はハッピースタート!
    • Wake me UP!
    • どぅびどぅび♪シークレット
  • KISS BEAT!!(がぁ〜でぃあんHearts ぱわーあっぷ!)
  • ジャン・プウのイイコト探し(かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜)
  • タイムマシーン(ラムネ)
  • Deary Darling(ショコラ〜maid cafe "curio"〜)
  • デリケートマジック(Gift〜eternal rainbow〜)
  • 夏の日のジオラマ(あまえないでよっ!!)
  • Voices(みすてぃっく放送部)(声優名義)
  • 放課後ハイド&シーク(舞-HiME)
  • ぽよんちゃんのテーマ(GIRLSブラボー-second season-)
  • 目覚めの時 (召喚少女〜ElementalGirl Calling〜)
  • 夢物語(らぶドル〜Lovely Idol〜)
  • Rebirth〜どんなに遠く離れていても〜(てんたま2wins)
  • 日だまりの下で(Wウィッシュ)(声優名義)
  • 主人公/36.7°(さよなら絶望先生)
  • ひだまりスケッチ シリーズ(沙英)
  • アマガミ シリーズ(桜井梨穂子)
  • ナニがナニでナニなの…/初めて、だから…(かってに改蔵)
  • 明日があるっしょ! (快盗天使ツインエンジェル)
  • 奥様のブルース(旦那が何を言っているかわからない件)
  • ガールフレンド(仮) キャラクターソングシリーズ Vol.04(橘響子)
    • 笑顔のすゝめ
  • となりっこいなかっこ(のんのんびより りぴーと)
  • リリカのまじかる☆ふぃ〜ば〜らんど!(ツインエンジェルBREAK)

その他参加作品 編集

  1. Eternal Love 2007(PlayStation 2ゲーム『GALAXY ANGEL II 無限回廊の鍵』オープニング主題歌)
  2. ガラス色sensation!(同ソフト第1話ED)

その他 編集

  • 声優Wave
    • 本気の LOVE & PEACE(2003年2月14日)
    • さんきゅ(2003年4月26日)
  • マジキュー ラブラドールリボルバー
    • chu→lip☆リボルバー(2004年12月22日)
    • ラブリボうっひゃらCD ちゅーりっぷ「天」の巻(2005年7月21日)
    • ラブリボうっひゃらCD ちゅーりっぷ「地」の巻(2005年8月24日)
    • ラブリボうっひゃらCD ちゅーりっぷ「人」の巻(2005年10月26日)
    • おたんじょうびCD らぶりぼ〜姫とあなたとおばけちゃん〜(2006年4月5日)
  • はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる(ライブ限定のオリジナルソング)

ライブ・イベント 編集

ワンマンライブ 編集

タイトル 公演会場 バンドメンバー
2004年 新谷良子ファーストライブ はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'04 chu→lip☆LIVE 6月26日 東京 ラフォーレミュージアム六本木
2005年 新谷良子ファーストライブツアー“はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'05 chu→lip☆くえすと” 2月12日 名古屋 ボトムライン
2月13日 大阪 BIG CAT
2月20日 東京 Zepp Tokyo
山本直哉(ベース)
宮崎誠(ギター)
船山周(キーボード)
ゆうまお(キーボード、コーラス)
川上貴史(ドラム)
新谷良子 さまぁらいぶつあー“はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'05 chu→lip☆Legend” 8月20日 大阪 BIG CAT
8月21日 福岡 DRUM Be-1
8月27日 仙台 CLUB JUNKBOX
9月3日 名古屋 ボトムライン
9月4日 東京 Zepp Tokyo(完結へん)
9月10日 金沢 金沢市文化ホール(あんこーるすぺしゃる)
山本直哉(ベース)
宮崎誠(ギター)
R・O・N(ギター、キーボード)
船山周(キーボード)
ゆうまお(キーボード、コーラス)
川上貴史(ドラム)
2007年 新谷良子 LIVE“はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'07”chu→lip☆ARMY 3月3日 東京 ゆうぽうと簡易保険ホール 川島弘光(ベース)
R・O・N(ギター&キーボード)
太田貴史(ギター)
宅見将典(ドラム)
2008年 新谷良子Live Tour “はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'08”chu→lip☆Medalist 2月23日 名古屋 E.L.L.
2月24日 大阪 BIG CAT
3月9日 東京 SHIBUYA-AX
Early X'mas Time in chu→lip☆kingdom 11月30日 神奈川 CLUB CITTA' 川島弘光(ベース)
R・O・N(ギター&キーボード)
太田貴史(ギター)
村田一弘(ドラム)
2009年 新谷良子Live Tour 2009 はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'09 chu→lip☆Toy parade 川島弘光(ベース)
R・O・N(ギター&キーボード)
山本陽介(ギター)
村田一弘(ドラム)
2011年 Ryoko Shintani 10th Anniversary はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる 30 chu→lip☆BEST LIVE 6月25日 日本橋三井ホール
6月26日 日本橋三井ホール(昼の部)(夜の部)
宮崎誠(ギター)
HIROTOMO(高橋寛知)(ベース)
村田一弘(ドラム)
Show(ギター)
Ryoko Shintani 10th Anniversary TOUR はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'11 chu→lip☆CHEERS! 9月25日 横浜BLITZ
10月2日 名古屋CLUB QUATTRO
10月9日 大阪BIG CAT
10月23日 東京 SHIBUYA-AX
宮崎誠(ギター)
川島弘光(ベース)
RyoYamagata(ドラム)
大内慶(ギター)
榎本裕介(トロンボーン)
小薗江榮人(トランペット)
白坂勉(テナーサックス)
2013年 新谷良子 LIVE TOUR「はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'13 chu→lip☆Voyage」 11月16日 名古屋 ElectricLadyLand
11月17日 大阪 umeda AKASO
11月30日 東京 品川ステラボール
宮崎誠(ギター)
川島弘光(ベース)
RyoYamagata(ドラム)
大内慶(ギター)
荒幡亮平(キーボード)
2015年 Ryoko Shintani Live Tour はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'15 chu→lip☆STAR 4月4日 仙台 darwin
4月11日 名古屋 ボトムライン
4月12日 大阪 BIG CAT
4月18日 東京 TOKYO DOME CITY HALL
宮崎誠(ギター)
川島弘光(ベース)
村田一弘(ドラム)
睦月周平(ギター)
荒幡亮平(キーボード)
2017年 Ryoko Shintani Live Tour はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'17 chu→lip☆DayDream 9月17日 名古屋 ボトムライン
9月18日 大阪 BIG CAT
9月22日 金沢EIGHT HALL
9月23日 金沢 EIGHT HALL
10月15日 東京 Zepp DiverCity
宮崎誠(ギター)
川島弘光(ベース)
村田一弘(ドラム)
大内慶(ギター)
荒幡亮平(キーボード)
2018年 Ryoko Shintani 15th Anniversary Live はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'18 chu→lip☆BEST Wishes 10月21日 東京 Zepp Tokyo

単独イベント 編集

  • 新谷良子 PINK☆ROCKS 会員限定ライブ りとる24あにばーさりー
  • 新谷良子 PINK☆ROCKS 会員げんていライブ 『ばーすでい☆ぱにっく!』 〜Anniversary of a quarter of century〜
  • 新谷良子 公式ファンクラブ限定プレミアムライブ「PINK☆ROCKS☆SWEET☆HEART」
  • 新谷良子 会員限定バースデーライブ Bambi Pop Count Down
  • 新谷良子ファンクラブ限定イベント Ryoko Shintani BirthdayParty
  • Fanclub Birthday Event No☆Chara No☆Life '10 昼公演・夜公演
  • Ryoko Shintani 10th Anniversary Museum『chu→lip はてな』(2011年7月9日、10日)
  • Ryoko Shintani FC Birthday Party Twilight Night in chu→lip☆Kingdom
  • 新谷良子会員限定chu→lip☆PARTY Final Meeting 2012

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 歌手デビュー当時は『ロリポップミクスチャー』と称していた。
  2. ^ 劇場版 魔法先生ネギま! ANIME FINAL』と『劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH』の間に流れたミニアニメ。
  3. ^ PSP用ゲーム快盗天使ツインエンジェル〜時とセカイの迷宮〜限定版特典。ゲーム本編には登場しない。
  4. ^ 本来のパーソナリティである関智一朴璐美が収録を休んだための代打パーソナリティ。「腐りかけ」は「ふりかけ」と読む。
  5. ^ 番組は2012年まで放送。2011年12月分よりパーソナリティ交代
  6. ^ 第5金曜日がある月のみ。
  7. ^ 新谷良子 with PBB名義

出典 編集

  1. ^ 『日本タレント名鑑(2018年版)』VIPタイムズ社、2018年1月25日、592頁。ISBN 978-4-904674-09-3 
  2. ^ a b c 新谷 良子 - CDJournal”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2019年9月28日閲覧。
  3. ^ a b c 新谷良子”. タワーレコード. 2019年7月28日閲覧。
  4. ^ a b プロフィール”. 新谷良子 Official Web Site/はっぴぃ はっぴぃ すまいる. 2016年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月2日閲覧。
  5. ^ 新谷良子. “りょーこ。さんのプロフィール ”. はぴすま☆だいありー♪. サイバーエージェント . 2019年7月28日閲覧。
  6. ^ a b c d 新谷良子”. ビーボ. 2011年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月26日閲覧。
  7. ^ a b 新谷良子Profile”. Pure☆Pure☆Cherry. 2004年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月2日閲覧。
  8. ^ a b c 新谷良子”. リマックス. 2022年4月2日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 新谷良子”. 声グラWEB (2011年6月15日). 2024年1月15日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 新谷良子(インタビュー)「[アニソン通信 Vol.15] 新谷良子」『アニメイトTV WEB』、アニメイト、2007年6月。 オリジナルの2009年5月6日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20090506092434/http://www.animate.tv/column/singer/070628.php2023年1月4日閲覧 
  11. ^ a b 新谷良子”. ランティス. 2020年9月6日閲覧。
  12. ^ 新谷良子 (2010年6月20日). “応援。”. はぴすま☆だいありー♪. サイバーエージェント. 2019年10月19日閲覧。
  13. ^ 『もっと声優になる!夢を叶えるためのヒントが見付かる!!人気声優たちのリアルインタビュー』雷鳥社、2009年、175頁。ISBN 978-4-8441-3512-8 
  14. ^ 新谷良子オフィシャルブログ「おすそわけられ。」” (2013年6月26日). 2016年6月4日閲覧。
  15. ^ a b 『もっと声優になる!夢を叶えるためのヒントが見付かる!!人気声優たちのリアルインタビュー』、188頁
  16. ^ a b c d e f g h 【Ameba声優インタビュー】『ガールフレンド(仮)』 橘響子役 新谷良子さん”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2014年6月10日). 2015年7月23日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h 『もっと声優になる!夢を叶えるためのヒントが見付かる!!人気声優たちのリアルインタビュー』、178頁
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『もっと声優になる!夢を叶えるためのヒントが見付かる!!人気声優たちのリアルインタビュー』、181-182頁
  19. ^ ひだまりスケッチ』DVD第6巻より。
  20. ^ アニメ『ひだまりスケッチ』オーディオコメンタリー9話など。
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『もっと声優になる!夢を叶えるためのヒントが見付かる!!人気声優たちのリアルインタビュー』、176-177頁
  22. ^ a b c d e 「ひと彩々 「成功の道」信じて前進 最高の地元ライブ誓う 声優・歌手 新谷 良子さん(金沢市出身)」『北國新聞』北國新聞社、2009年4月6日、朝刊、6面。
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m 『もっと声優になる!夢を叶えるためのヒントが見付かる!!人気声優たちのリアルインタビュー』、179-180頁
  24. ^ 声優グランプリ』2007年5月号、主婦の友社、2007年4月10日。 
  25. ^ "良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!". 25 July 2011. 音泉 {{cite episode}}: |access-date=を指定する場合、|url=も指定してください。 (説明); |series=は必須です。 (説明)
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m 『もっと声優になる!夢を叶えるためのヒントが見付かる!!人気声優たちのリアルインタビュー』、176-177頁
  27. ^ 新谷良子 (2017年3月10日). “恩師。”. はぴすま☆だいありー♪. サイバーエージェント. 2023年11月18日閲覧。
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『もっと声優になる!夢を叶えるためのヒントが見付かる!!人気声優たちのリアルインタビュー』、185-187頁
  29. ^ a b c d e f g 『もっと声優になる!夢を叶えるためのヒントが見付かる!!人気声優たちのリアルインタビュー』、189-191頁
  30. ^ アニソンぷらす』2008年12月インタビューにて。
  31. ^ ぺとぺとさん”. メディア芸術データベース. 2016年8月30日閲覧。
  32. ^ 姫様ご用心”. メディア芸術データベース. 2016年8月28日閲覧。
  33. ^ スタッフ/キャスト”. ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~. テレビ東京. 2023年5月17日閲覧。
  34. ^ 声優バラエティー SAY!YOU!SAY!ME!』内オリジナルアニメ
  35. ^ 【IXION SAGA DT】-イクシオン サーガ DT- 〜作品概要〜”. キャスト. イクシオン サーガ DT公式サイト (2012年7月5日). 2012年7月5日閲覧。
  36. ^ キャスト”. TVアニメ『のんのんびより のんすとっぷ』公式サイト. 2020年11月22日閲覧。
  37. ^ キャスト&スタッフ”. 「ガールフレンド(仮)」アニメ公式サイト. サイバーエージェント. 2014年9月21日閲覧。
  38. ^ GAINAX制作「魔法少女大戦」 都道府県擬人化プロジェクトのキャスト・スタッフ明らかに”. アニメ!アニメ!. 2013年12月31日閲覧。
  39. ^ スタッフ・キャスト”. 旦那が何を言っているかわからない件. 2014年9月27日閲覧。
  40. ^ アニメ『旦那が何を言っているかわからない件』第2期の放送・配信日時が決定!”. アニメイトTV. 2015年3月2日閲覧。
  41. ^ キャスト/スタッフ|探偵オペラ 逆襲のミルキィホームズ 劇場版 - ウェイバックマシン(2017年3月31日アーカイブ分)
  42. ^ きゃすと”. 劇場版アニメ『のんのんびより ばけーしょん』公式サイト. 2018年1月2日閲覧。
  43. ^ “劇場アニメ「ガディガルズ」10月14日より上映決定、二ノ宮ゆい・逢来りん・Machicoら出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年10月6日). https://natalie.mu/comic/news/496486 2022年10月6日閲覧。 
  44. ^ キャスト&スタッフ”. OVA『あいまい!萌えCanちぇんじ!』. 2012年2月6日閲覧。
  45. ^ 登場人物”. OVA「クビキリサイクル」公式サイト. アニプレックス. 2016年9月28日閲覧。
  46. ^ 鶴賀学園高等部”. PS Vita「咲-Saki- 全国編」公式サイト. 2015年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月7日閲覧。
  47. ^ 店長、在庫が足りません! 公式サイト”. 2015年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月30日閲覧。
  48. ^ 母を探すトトリの冒険がPS Vitaで描かれる! 新要素を追加した『トトリのアトリエPlus 〜アーランドの錬金術士2〜』は11月29日発売”. 電撃オンライン. 2012年8月30日閲覧。
  49. ^ 登場人物 長谷川平乃”. PSP®専用『探偵オペラ ミルキィホームズ2』. 2012年6月15日閲覧。
  50. ^ 『ラブ☆トレ 〜Sweet〜』女の子といっしょにダンス&トレーニング!”. ファミ通.com. 2012年4月13日閲覧。
  51. ^ 『イクシオン サーガ』正式サービスが本日(2013年3月14日)よりスタート! 梶裕貴、杉田智和らの豪華声優陣を起用したイメチェンサービスも”. ファミ通.com. 2013年9月15日閲覧。
  52. ^ 【新作情報】伊藤かな恵、佐藤利奈、竹達彩奈ら豪華声優陣が魔法少女を熱演『ガールズ×マジック』”. ファミ通app. 2013年9月17日閲覧。
  53. ^ 『ガールフレンド(仮)』半年間で200万人突破、 釘宮理恵さんら人気声の第2期出演リストも公開”. iNSIDE (2013年5月10日). 2013年5月14日閲覧。
  54. ^ コラボイベント『おねがい!まどか☆マギカ〜夏の魔女退治大合戦〜』開催中”. ガールフレンド(仮)公式ブログ (2016年8月12日). 2016年8月13日閲覧。
  55. ^ 電撃PlayStation』Vol.536、アスキー・メディアワークス、2013年2月14日。 
  56. ^ 週刊ファミ通』2015年9月24日合併号、エンターブレイン、2015年9月10日。 
  57. ^ B's-LOG』2013年12月号、エンターブレイン、2013年10月19日。 
  58. ^ 【82Hブロッサム】リリースのお知らせ♪”. 〔82Hブロッサム公式〕ハニブロ通信. 2014年3月8日閲覧。
  59. ^ 祢夢・フレイザー・伯壱の紹介”. ヒーローズプレイスメント. 2014年5月6日閲覧。
  60. ^ 47の魔法少女たち”. PlayStation®Vita版『魔法少女大戦』オフィシャルサイト. 2014年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月4日閲覧。
  61. ^ キャラクター”. ひぐらしのなく頃に粋 オフィシャルサイト. 2014年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月15日閲覧。
  62. ^ スペシャル”. ルミナスアーク インフィニティ. 2015年6月11日閲覧。
  63. ^ bahamut_cygamesのツイート(710012757458984961)
  64. ^ 「ロボットガールズZ ONLINE」,えん魔子ちゃんを入手できるイベントが開幕”. 4Gamer.net. 2019年6月18日閲覧。
  65. ^ STAFF”. きららファンタジア 公式サイト. 2017年6月26日閲覧。
  66. ^ キャラクター”. 「Echocalypse -緋紅の神約-」公式サイト. 2023年10月23日閲覧。
  67. ^ "キャラクター". 『ルーンファクトリー3スペシャル』公式サイト. マーベラス. 2022年10月16日閲覧
  68. ^ グランブルーファンタジーの2024年1月5日のツイート2024年1月5日閲覧。
  69. ^ グレタ GRETA”. スター・チャンネル. 2020年3月30日閲覧。
  70. ^ NECパーソナルコンピュータプレゼンツ デジタル生活応援!121ラジオ”. 音泉. 2014年10月15日閲覧。
  71. ^ 新谷良子のただのラジオ”. 音泉. 2015年3月2日閲覧。
  72. ^ CHARACTER”. 戦コレ公式サイト|KONAMI. 2016年6月19日閲覧。
  73. ^ 作品紹介”. DAXEL パチスロ 探偵歌劇 ミルキィホームズ TD 消えた7と奇跡の歌公式ページ. 2016年6月19日閲覧。

外部リンク 編集