Honda SENSING

Honda SENSING(ホンダ センシング[1])は、本田技研工業が展開する衝突回避支援パッケージである。

Honda SENSING
Honda ODYSSEY HYBRID ABSOLUTE Honda SENSING EX Package (6AA-RC4) front.jpg
採用日 2015年1月
現在 ステップワゴンヴェゼルフリードオデッセイアコードなど
採用国 日本の旗 日本

目次

概要編集

2014年10月、1997年から展開されていたHiDS(ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステム)に、衝突被害軽減ブレーキのCMBSなどを統合した新たなシステムとして発表[1]。センサーには精度を従来より向上させたミリ波レーダーがCMBSに続いて採用され、加えて「車両前方約60mまでの歩行者や対象物体の属性や大きさなどを識別」する単眼カメラが搭載される[1]。なお、当初はレジェンドから順次搭載される予定を示していたが[1]、発売は2015年1月のマイナーチェンジで設定が加えられたオデッセイが先行した[2]

機能編集

衝突軽減ブレーキ (CMBS)
約5km/h以上で走行中に約5km/h以上の速度差がある前走車や歩行者、約80km/h以下で走行中の対向車や歩行者に対して作動する。ミリ波レーダーおよびカメラで前走車・対向車・歩行者を検知し[3]、衝突の恐れがある場合、前走車・歩行者とのケースではディスプレイ表示や音で運転手に危険を検知させ、対象へ接近した時にはブレーキ操作で警告を行う[3]。更に対向車線上へ出て対向車へ向かっていくケースでは、車線からはみ出した際のステアリングの振動も加わる。いずれのケースにおいても、緊急時にはブレーキが強く作動して回避行動へ移る[3]
また、車種によってはリアクティブフォースペダル[4]の振動による警告や、CMBSとの連動でシートベルトの強い引き込みを起こして被害などを軽減する目的のE-プリテンショナーが装備される[3]
歩行者事故低減ステアリング
約10km/h - 40km/hで走行中、レーダーとカメラで検知した路側帯・車線の逸脱または歩行者などとの衝突が予測された際に、警告を画面や音で発した後にステアリング制御を行うもの[5]
アダプティブ・クルーズ・コントロール (ACC)
約30km/h - 約100km/hの設定された車速内で、検知された前走車との車間距離と速度差に自動で追従するシステム。レジェンド、アコードシビックステップワゴン[* 1]クラリティ フューエルセル / PHEVは低速域追従・停車機能を備えた渋滞追従機能付ACC(約0km/h - 約100km/h)となる[6]
車線維持支援システム (LKAS)
カメラで検知された車線の中央を維持するようにステアリング制御を行うもの。逸脱した際は表示や振動で警告を促す[7]
路外逸脱抑制機能
歩行者事故低減ステアリングと異なりカメラのみで車線の検知を行い、逸脱しそうな場合に警告表示と振動での警告後、ステアリング操作の介入をする機能。逸脱量によってはブレーキ操作も行われる[8]
誤発進抑制機能
前走車や障害物が自車から近い位置にある場合、前方はミリ波レーダー・後方はコーナーセンサーで検知し、大きいアクセル操作が行われた際の発進抑制と表示・警告がなされる。停車時および約10km/h以下で作動する[9][10]
先行車発進お知らせ機能
交差点などで先行車の発進に気づかず停車を続けている場合、表示と警告音で運転者に注意喚起する[11]
標識認識機能
カメラで読み取った道路標識をディスプレイ内へ表示させ、運転者への注意を促す[12]
オートハイビーム(ハイビームアシスト機能)
専用のカメラで対向車のヘッドライトや前走車のテールランプを検知。対向車や前走車を検知していない時にはハイビームとなり、検知した場合にはロービームに切り替えることで、ハイビームの照射機会を増やして視界確保に貢献する。各車両の説明ではレジェンドが「ハイビームサポートシステム」(2018年2月のマイナーチェンジで他と同じ「オートハイビーム」に変更)、グレイスとシビック及びN-BOX (2代目)が「オートハイビーム」としているが、機能面は同一となる[13]
トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
0km/hから約65km/hまでの速度域で前走車との車間を保ちつつ、走行車線をキープするようアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をアシストして、ドライバーの運転負荷を軽減する[14]

採用車種編集

車種 採用年 装備
CMBS[* 2] 歩行者
事故低減
ステアリング
ACC[* 3] LKAS 路外逸脱
抑制機能
誤発進
抑制機能[* 4]
先行車発進
お知らせ機能
標識認識
機能
オートハイビーム
(ハイビーム
アシスト機能)
トラフィックジャムアシスト
(渋滞運転支援機能)
オデッセイ 2015年1月23日
(5代目一部改良[15]
[* 5] ●/全 - -
ジェイド 2015年2月13日[16] [* 6] - -
レジェンド 2015年2月20日
(5代目発売[17]
リ/E [* 7]
ステップワゴン 2015年4月24日
(5代目発売[18]
[* 8] ●/全[* 1] - -
ヴェゼル 2016年2月26日
(一部改良[19]
- -
クラリティ フューエル セル[20] 2016年3月10日[21] - -
アコード 2016年5月26日
(9代目マイナーチェンジ[22]
- -
フリード/フリード+ 2016年9月16日
(2代目発売[23]
- -
フィット / フィットハイブリッド 2017年6月30日
(3代目マイナーチェンジ[24]
[* 9] - -
グレイス 2017年7月7日
(マイナーチェンジ[25]
-
シビックハッチバック/シビックセダン 2017年9月29日
(10代目発売[26]
- [* 10] - - -
N-BOX 2017年9月1日
(2代目発売[27]
-
シャトル 2017年9月15日
(一部改良[28]
- -
N-VAN 2018年7月12日[29] [* 11] [* 11] [* 11] [* 12] -
クラリティ PHEV[30] 2018年7月20日[31] - -

備考編集

  1. ^ a b 2017年9月のマイナーチェンジから・ハイブリッド車のみ
  2. ^ 「リ」はリアクティブフォースペダル装備車、「E」はE-プリテンショナー装備車。
  3. ^ 「全」は全車速追従ACC。
  4. ^ 「リ」はリアクティブフォースペダル装備車、「後」は後方誤発進抑制機能装備車。
  5. ^ ハイブリッド車のみ。
  6. ^ 2018年5月のマイナーチェンジから
  7. ^ 2018年2月のマイナーチェンジから
  8. ^ 2017年9月のマイナーチェンジから
  9. ^ MT車を除く。
  10. ^ ハッチバックはCVT車のみ、MT車はACCとなる。
  11. ^ a b c 6速MT車を除く。
  12. ^ 「G・Honda SENSING」、「L・Honda SENSING」を除く。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b c d 先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を発表 〜年内発売の新型「LEGEND(レジェンド)」より搭載〜”. Honda (本田技研工業) (2014年10月24日). 2016年11月27日閲覧。
  2. ^ 「ODYSSEY(オデッセイ)」を一部改良し発売 — 「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載 —”. Honda (本田技研工業) (2014年1月22日). 2016年11月27日閲覧。
  3. ^ a b c d 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉”. Honda (本田技研工業). 2016年11月27日閲覧。
  4. ^ テクノロジー図鑑|リアクティブフォースペダル”. Honda (本田技研工業). 2016年11月27日閲覧。
  5. ^ 歩行者事故低減ステアリング”. Honda (本田技研工業). 2016年11月27日閲覧。
  6. ^ ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉”. Honda (本田技研工業). 2016年11月27日閲覧。
  7. ^ LKAS〈車線維持支援システム〉”. Honda (本田技研工業). 2016年11月27日閲覧。
  8. ^ 路外逸脱抑制機能”. Honda (本田技研工業). 2016年11月27日閲覧。
  9. ^ 誤発進抑制機能”. Honda (本田技研工業). 2016年11月27日閲覧。
  10. ^ 後方誤発進抑制機能”. Honda (本田技研工業). 2017年11月23日閲覧。
  11. ^ 先行車発進お知らせ機能”. Honda (本田技研工業). 2016年11月27日閲覧。
  12. ^ 標識認識機能”. Honda (本田技研工業). 2016年11月27日閲覧。
  13. ^ 予防安全性能|性能・安全|レジェンド|Honda”. Honda (本田技研工業). 2017年7月6日閲覧。
  14. ^ 予防安全性能|性能・安全|レジェンド|Honda”. Honda (本田技研工業). 2018年2月8日閲覧。
  15. ^ 「ODYSSEY(オデッセイ)」を一部改良し発売 — 「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載 —”. Honda (本田技研工業) (2015年1月22日). 2016年12月17日閲覧。
  16. ^ 6人乗りの新型乗用車「JADE(ジェイド)」を発売”. Honda (本田技研工業) (2015年2月13日). 2016年12月17日閲覧。
  17. ^ 「レジェンド」をフルモデルチェンジし発売 〜3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載〜”. Honda (本田技研工業) (2014年11月10日). 2016年12月17日閲覧。
  18. ^ 新型「ステップ ワゴン」「ステップ ワゴン スパーダ」を発売 〜新開発の直噴1.5L VTEC TURBOエンジンを搭載〜”. Honda (本田技研工業) (2015年4月23日). 2016年12月17日閲覧。
  19. ^ 「VEZEL(ヴェゼル)」を一部変更し発売 〜Honda SENSING(ホンダ センシング)と新タイプ「RS(アールエス)」を設定〜”. Honda (本田技研工業) (2016年2月25日). 2016年12月17日閲覧。
  20. ^ 予防安全性能|性能・安全|クラリティ FUEL CELL”. Honda (本田技研工業). 2017年12月26日閲覧。
  21. ^ 新型燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」を発売 〜ゼロエミッションビークルで世界トップクラスの一充填走行距離約750kmを実現〜”. Honda (本田技研工業) (2016年3月10日). 2017年12月26日閲覧。
  22. ^ 新型セダン「ACCORD(アコード)」を発売”. Honda (本田技研工業) (2016年5月26日). 2016年12月17日閲覧。
  23. ^ 新型コンパクトミニバン「FREED(フリード)/FREED+(フリードプラス)」を発売”. Honda (本田技研工業) (2016年9月16日). 2016年12月17日閲覧。
  24. ^ 「FIT」をマイナーモデルチェンジして発売 ~デザインを一新し、Honda SENSINGを採用~”. Honda (本田技研工業) (2017年6月29日). 2017年6月29日閲覧。
  25. ^ “コンパクトセダン「GRACE」の改良モデルを発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2017年7月6日), http://www.honda.co.jp/news/2017/4170706-grace.html 2017年7月6日閲覧。 
  26. ^ “新型「CIVIC」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2017年7月27日), http://www.honda.co.jp/news/2017/4170727-civic.html 2017年8月3日閲覧。 
  27. ^ “新型「N-BOX」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2017年8月31日), http://www.honda.co.jp/news/2017/4170831-n-box.html 2017年8月31日閲覧。 
  28. ^ “「SHUTTLE」を一部改良し発売~Honda SENSINGを全タイプに標準装備~” (プレスリリース), 本田技研工業, (2017年9月14日), http://www.honda.co.jp/news/2017/4170914-shuttle.html 2017年9月15日閲覧。 
  29. ^ “新型「N-VAN」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2018年7月12日), http://www.honda.co.jp/news/2018/4180712-n-van.html 2017年7月12日閲覧。 
  30. ^ 予防安全性能|性能・安全|クラリティ PHEV”. Honda (本田技研工業). 2018年7月19日閲覧。
  31. ^ 新型プラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV」を発売”. Honda (本田技研工業) (2018年7月19日). 2018年7月19日閲覧。

外部リンク編集