iRobot クリエイト(アイロボット・クリエイト)はiRobotによって製造される趣味用のロボットで、2007年に掃除用のルンバを基に開発された。iRobotクリエイトはロボットの開発とルンバのハッキングを通じて技術を高める事を想定して設計された[1][2]。クリエイトはルンバの掃除機の吸引部を取り除き、荷物入れと同様にシリアル通信用のDB-25ポート、デジタル入出力端子、アナログ入出力端子と電力供給を備えた[1][2][3]。クリエイトは同様にセンサのデータを読んで iRobotルンバ・オープン・インターフェース (ROI) プロトコルを使用してモーターの指令を利用できるようにする7-ピンMini-DINシリアルポートを備える[4]

カメラと小型コンピュータを備えたiRobot

プラットフォームはiRobotの第二世代のルンバ400シリーズ用に設計された全ての付属品を事実上受け入れることを想定し、同様にiRobot独自のコマンドモジュール(USBコントローラを備えたマイクロコントローラと4個のDE-9英語版拡張ポートを備える)でプログラム出来る[4]。2013年現在、コマンドモジュールはもはや販売されていない[5]。2014年に iRobot は原型機を 600 シリーズのルンバの筺体で構成されるクリエイト 2に置き換えた[6]。古いコマンドモジュールを置き換える代わりにiRobotはArduinoRaspberry Piのような市販のシングルボードコンピュータで処理能力を追加する使い方を奨励する。

制御装置編集

iRobotコマンドモジュールの記憶容量と処理能力の限界により、多くの人は外部のコンピュータをクリエイトロボットの制御に選んだ。内蔵されたシリアルポートはセンサのデータの送信と制御の指令を受信できるのでシリアル通信に対応したどの組み込み式コンピュータも制御用コンピュータとして使用できた[4]

iRobot クリエイトは複数のロボットインターフェースサーバー/シミュレータに対応する。特筆すべきはルンバ用のPlayer Project英語版デバイスインターフェースが含まれることで[7]、Player 2.1の中でクリエイト・インターフェースが開発された[8]。ユニバーサル・リアルタイム・ビヘイビア・インターフェース(URBI英語版)環境も同様にクリエイトのインターフェースに含まれる[9]

マイクロソフト・ロボティックス・ディベロッパー・スタジオ英語版Webots英語版シミュレーション環境はiRobotクリエイトモデルを含む[10][11]

コミュニティ編集

 
ジョージア工科大学のiRobot クリエイトロボットチーム
 
Webots内でのiRobotクリエイトのシミュレーション

iRobotクリエイトはロボット研究と愛好家のコミュニティでは人気がある。iRobotクリエイトプロジェクトのいくつかの例を示す。

競技編集

2007年にiRobotは「機能的で役に立ち、面白く、気まぐれか単純に驚くべき革新的なロボット」の開発を目標とした賞金US$5,000の「クリエイト・チャレンジ」を開催した[17]。優勝者は「所有者の薬を取るために照明を点けたり消したりして家電製品を制御する」「パーソナル・ホーム・ロボット」を作った Danh Trinh だった[18][19]

出典編集

  1. ^ a b Miller, Paul (2006年11月29日). “iRobot Create: Roomba hacking for the everyman”. Engadget. 2013年1月29日閲覧。
  2. ^ a b Kanellos, Michael (2007年1月7日). “Build your own bot, courtesy of iRobot”. CNET. 2013年1月29日閲覧。
  3. ^ iRobot Create Open Interface (OI) Specification. iRobot. (2006). p. 4. http://www.irobot.com/filelibrary/pdfs/hrd/create/Create%20Open%20Interface_v2.pdf#page=4 2014年5月8日閲覧。 
  4. ^ a b c Banks, Zach (2009年5月1日). “Fun with the iRobot Create”. Linux Journal. 2013年1月29日閲覧。
  5. ^ Fenlong, Wesley. “10 Years of Roomba Hacks: From Magic Marker Art to Combat”. Tested.com. 2014年5月8日閲覧。
  6. ^ http://www.irobot.com/About-iRobot/STEM/Create-2.aspx
  7. ^ Gerkey, Brian (2005年9月12日). “Player 2.0.0 Manual; roomba [Drivers]”. 2014年5月8日閲覧。
  8. ^ Gerkey, Brian (2005年9月12日). “Player 2.1 Manual; create [Drivers]”. 2014年5月8日閲覧。
  9. ^ Programming Tools”. CircuitsMadeEasy.com. 2013年1月29日閲覧。
  10. ^ Henning, William (2007年4月4日). “iRobot "Create" Platform”. Neoseeker. 2013年1月29日閲覧。
  11. ^ Hoxsey, Alec (2009). “Create-ing a Robot Simulator”. Kalamazoo 大学 (オーバリン大学). http://cs.oberlin.edu/mcurcsm2009/files/papers/07-Create-ing%20a%20Simulator.pdf 2013年1月29日閲覧。. 
  12. ^ Engineering Tools”. Botball Educational Robotics Program. 2013年1月29日閲覧。
  13. ^ Robotics”. ブラウン大学. 2013年1月29日閲覧。
  14. ^ Kress-Gazit, Hadas (2013年1月22日). “MAE 4180/5180: Autonomous Mobile Robots”. コーネル大学. 2013年1月29日閲覧。
  15. ^ Eaton, Kit (2011年2月10日). “$500 iRobot Hack Lets You Be Two Places at Once”. Fast Company. 2013年1月29日閲覧。
  16. ^ Carmody, Tim (2010-11-18). “Control a 3-D–Mapping Robot With Gestures? Just Add Kinect”. Wired. http://www.wired.com/gadgetlab/2010/11/gesture-controlled-3d-mapping-robot-just-add-kinect 2013年1月29日閲覧。. 
  17. ^ iRobot Create Contest Rules”. Tom's Hardware英語版 (2007年5月14日). 2013年1月29日閲覧。
  18. ^ Jones, K.C. (2007年10月30日). “Personal Home Robot Wins iRobot's Create Challenge”. InformationWeek. 2013年1月29日閲覧。
  19. ^ Melanson, Donald (2007年10月30日). “iRobot announces winner of Create Challenge contest”. Engadget. 2013年1月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集