Raspberry Pi

クレジットカードサイズのシングルボードコンピュータ

Raspberry Pi(ラズベリー パイ)は、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータイギリスRaspberry Pi 財団によって開発されている。日本語では略称としてラズパイとも呼ばれる[2]

Raspberry Pi
Raspberry Pi 4 Model B
製造元 Raspberry Pi Foundation
種別 シングルボードコンピュータ
発売日 2012年2月29日 (2012-02-29)
売上台数 累計4,600万台(2022年2月28日時点)[1]
ウェブサイト www.raspberrypi.com

教育で利用されることを想定して制作された。IoTが隆盛した2010年代後半以降は、安価に入手できるシングルボードコンピュータとして趣味や業務(試作品の開発)等としても用いられるようになった。その後 Raspberry Pi Compute Module を商品に組み込む用途まで広がっていった。

概要 編集

Raspberry Piは、かつてイギリスで教育用コンピュータとして普及したエイコーン社の「BBC Micro(1981年)」の再来として、学校で基本的なコンピュータ科学の教育を促進することを意図している[3][4][5]。Model A、Model Bという名称もBBC Microに由来しており、サポートされるコンピュータ言語の中にはBBC Microで利用されたBBC Basicも含まれている。

ハードウェア的にはエイコーン社のCPU部門(Acorn RISC Machine、略してARM)が独立したARM社の開発するARMプロセッサを搭載している。また、エイコーンのオペレーティングシステム (OS) であるRISC OSも、Raspberry Pi用がRISC OS Open Limitedより公式リリースされている。 内蔵ハードディスクソリッドステートドライブを搭載しない代わりに、SDメモリーカード(SDカード)またはmicroSDメモリーカード (microSD Card) を起動および長期保存用ストレージに利用する[6]STEM教育の一環として本製品以外にも、ArduinoIchigoJamM5StackObnizなどが見られる。

出荷台数 編集

 
Raspberry Pi 累積出荷台数(百万台)

2012年2月29日発売からの累計出荷台数は2013年10月31日までで200万台[7]、2014年6月11日までで300万台[8]、2015年2月18日までで500万台[9]、2015年10月13日までで700万台[10]、2016年2月29日までで800万台[11]、2016年9月8日までで1,000万台[12]、2016年11月25日までで1,100万台[13]と、年間約230万台のペースであった。

その後、累計出荷台数は、ペースが上がり、2018年3月14日までで1,900万台[14]、 2019年12月14日までで3,000万台[15]、 2021年1月21日までで3,700万台[16]と 年間約600万台強の直線的な増加を記録した。

その後、累計出荷台数は、2021年5月12日までで4,000万台[17] 、2021年9月22日までで4,200万台[18] 、2021年11月16日までで4,300万台[19] 、出荷開始からちょうど10年間経過の2022年2月28日までで4,600万台[1] を記録。

2021年10月20日、世界的な半導体不足により、Raspberry Pi の供給不足および一時的な値上げを発表[20]。2022年4月4日、再度、供給不足の状況を説明し、商品に組み込んでいるなど産業用で必要な企業を、家庭用よりも優先すると発表[21]。2022年12月12日、2023年第2四半期から生産数が回復し、2023年第3四半期から在庫がある状態に戻る見通しであると述べた[22]。2023年6月1日、2023年7月から月産100万台に回復できる見通しであると報道された[23][24]

製造企業 編集

ハードウェアの設計は英国ラズベリーパイ財団が行い、製造はラズベリーパイ財団自身と、ラズベリーパイ財団から製造権を供与されたelement14(Premier Farnell社)が担当している(2022年まではRSコンポーネンツ社も製造を任されていたが、2022年にラズベリーパイ財団より契約を解除された[25])。この2社から製品の供給を受けた各国のリセラー(日本ではKSYスイッチサイエンスの2社)によって製品が販売される。いずれのメーカーも実際の製造はソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ社に委託されている。2022年現在、ほとんどの製品が英国内の工場(ソニーペンコイド工場、ウェールズ)で製造されているが、日本向けモデルの一部は日本国内の工場(ソニー稲沢テック、愛知県)で製造されている[26]。2021年現在は「Raspberry Pi Pico」を稲沢テックで製造中[27]

ハードウェア 編集

Model A, Model B 編集

Model A, Model B はクレジットカードと同程度(Model A は長辺方向がクレジットカードの5分の4程度)の大きさ。Model A の方が価格が安い。Model A, Model B には USB をはじめとして、様々な端子が取り付けられている。

モデルごとの仕様一覧表(Model A / Model B)
Model A Model B Raspberry Pi 5
Raspberry Pi 1
Model A
Raspberry Pi 1
Model A+
Raspberry Pi 3
Model A+
Raspberry Pi 1
Model B
Raspberry Pi 1
Model B+
Raspberry Pi 2
Model B
v1.1
Raspberry Pi 2
Model B
v1.2
Raspberry Pi 3
Model B
Raspberry Pi 3
Model B+
Raspberry Pi 4
Model B
発売日 2013年2月 2014年11月10日 2018年11月15日[28][29] 2012年2月15日 2014年7月 2015年2月1日 2016年 2016年2月29日 2018年3月14日[30][31] 2019年6月24日[32][33] 2023年10月23日[34]
FCC認証 2016年7月26日 2016年2月26日[35] 2023年10月18日[36]
電波法認証 2019年9月19日[37] 2016年2月25日[注釈 1] 2018年5月17日 2019年9月4日[38] 2024年1月11日[39]
ターゲット価格[4][40] $25 $20 $25 $35[41][42] $35→$25[43] $35 $35(1 GB)

$45→$35[44]→$45[20](2 GB)
$55 (4 GB)
$75 (8 GB)[45]

$60 (4GB)
$80 (8GB)
SoC[4]
(CPU, GPU, DSP, SDRAM, USB)
Broadcom BCM2835[46] Broadcom BCM2837B0[47] Broadcom BCM2835[46] Broadcom BCM2836 Broadcom BCM2837[注釈 2] Broadcom BCM2837[48] Broadcom BCM2837B0[49] Broadcom BCM2711[50] Broadcom BCM2712[51]
CPU ARM1176JZF-S[52] ARM Cortex-A53[47] ARM1176JZF-S[52] ARM Cortex-A7 ARM Cortex-A53[注釈 2] ARM Cortex-A53[48][49] ARM Cortex-A72[50] ARM Cortex-A76[51]
シングルコア クアッドコア[47] シングルコア クアッドコア[48][49][50][51]
700 MHz 1.4GHz[47] 700 MHz 900 MHz 1.2 GHz[48] 1.4 GHz[49] 1.5 GHz → 1.8 GHz[53][50] 2.4 GHz[51]
ARMv6 ARMv8 (64bit)[47] ARMv6 ARMv7 ARMv8 (64bit)[注釈 2] ARMv8 (64bit)[48][49][50][51]
ARM11 ARM Cortex-A[47] ARM11 ARM Cortex-A[48][49][50][51]
GPU
Broadcom VideoCore IV[54] Broadcom VideoCore VI[55] Broadcom VideoCore VII[51]
250 MHz 400 MHz(3D 300 MHz) 250 MHz 400 MHz (3D 250 MHz) 400 MHz (3D 300 MHz) 2コア
500MHz[55]
12コア
800 MHz[55]
OpenGL ES 2.0 (250 MHz の場合 24 GFLOPS) OpenGL ES 3.1, Vulkan 1.0[50] OpenGL ES 3.1, Vulkan 1.2[51]
H.264 High Profile(1080p30デコード・エンコード)[46]
MPEG-2[56][注釈 3]
VC-1[57][注釈 3]
H.264(1080p30デコード・エンコード)
MPEG-4(1080p30デコード)[58]
H.264 High Profile(1080p30デコード・エンコード)[46]
MPEG-2[56][注釈 3]
VC-1[57][注釈 3]
H.264(1080p30デコード・エンコード)
MPEG-4(1080p30デコード)[59]
H.265(4Kp60デコード)
H.264(1080p60デコード、1080p30エンコード)[50]
H.265(4Kp60デコード)[51][55]
メモリ
(GPUと共用)
256 MB 512 MB[47] 512 MB
256 MB[注釈 4]
512 MB 1 GB[48][49] 1 GB, 2 GB, 4 GB, 8 GB[50]
LPDDR2 SDRAM[48][49] LPDDR4-3200[50] LPDDR4X-4267
17 GB/s[51][55]
USB 2.0 ポート[6] 1[47] 2
(LAN9512内蔵ハブ)[60]
4
(LAN9514内蔵ハブ)[61]
4[48][49] 2[50][51]
USB3 ポート なし 2 (5Gbps)
同時5Gbps通信不可[50]
2 (5Gbps)
同時5Gbps通信可能[51]
PCIe なし PCIe 2.0 1レーン (5Gbps)[51]
映像入力 15ピンMIPIカメラインターフェース (MIPI CSI-2 2レーン)[注釈 5] MIPI CSI 4レーン x2[51]
映像出力[4] コンポジット RCA (PAL / NTSC) , HDMI 1.3 / 1.4[62], MIPI DSI コンポジット 3.5mm 4極ジャック (PAL / NTSC) , HDMI 1.3 / 1.4[62], MIPI DSI コンポジット RCA (PAL / NTSC) , HDMI 1.3 / 1.4[62] MIPI DSI コンポジット RCA (PAL / NTSC) , micro-HDMI 2.0 (最大4Kp60) x2, MIPI DSI 2レーン[50] micro-HDMI (最大4Kp60) x2, MIPI DSI 4レーン x2[51]
音声入力 I²S
音声出力[4] 3.5 mm ジャック, HDMI, I²S, USB Audio Class 2.0 3.5 mm ジャック, micro-HDMI, I²S, USB Audio Class 2.0 micro-HDMI, I²S, USB Audio Class 2.0
ストレージ[6] SDHCカード / MMC microSDカード[47] SDHCカード / MMC microSDカード[48][49][50][51]
有線ネットワーク[4][6] なし LAN9512[60] LAN9514[61] Gigabit Ethernet over USB 2.0 (最大300Mbps) [49] Gigabit Ethernet[50][51]
10BASE-T/100BASE-TX[48]
無線LAN/無線PAN[4][6] なし IEEE 802.11 b/g/n/ac 2.4GHz and 5GHz, Bluetooth 4.2, BLE[47] なし IEEE 802.11 b/g/n 2.4 GHz, Bluetooth 4.1, BLE[48] IEEE 802.11 b/g/n/ac 2.4GHz and 5GHz, Bluetooth 4.2, BLE[49] IEEE 802.11 b/g/n/ac 2.4GHz and 5GHz, Bluetooth 5.0, BLE[50][51]
低レベル周辺機器[注釈 6] GPIO 26 ピン
内訳:8 × GPIO, UART, I²C, SPIと2つのチップセレクト, +3.3 V, +5 V[注釈 7], 接地[54][63]
GPIO 40 ピン[47] GPIO 26 ピン
内訳:8 × GPIO, UART, I²C, SPIと2つのチップセレクト, +3.3 V, +5 V[注釈 7]4110, 接地[54][63]
GPIO 40 ピン[48][49][50][51]
消費電力
(典型的)
200 mA[64]
(1.0 W)
180 mA[64]
(0.9 W)
350 mA[64]
(1.75 W)
500 mA[64]
(2.5 W)
330 mA[64]
(1.65 W)
350 mA[64]
(1.75 W)
400 mA[64]
(2.0 W)
アイドル459 mA[65]
(2.295 W)
Max 1.13A (5.661W)
言及なし[66]
推奨電源 2.5 A
(12.5 W)[67][47][48][49]
3A
(15W)[50]
5A
(25W)[51]
電源ソース[4] microUSBまたはGPIO microUSB またはGPIOまたは Power over Ethernet(別途 PoE+ HAT) microUSBまたはGPIO microUSB またはGPIOまたは Power over Ethernet(別途 PoE+ HAT) USB Type-C またはGPIOまたは Power over Ethernet(別途 PoE+ HAT)[50][51]
質量 45 g 23 g 29 g 45 g
大きさ
(コネクター部の突起を除く)
85.6 mm × 56.5 mm (3.37 in × 2.22 in) 65 mm × 56.5 mm (2.56 in × 2.22 in) 85.6 mm × 56.5 mm (3.37 in × 2.22 in) 85 mm × 56 mm (3.3 in × 2.2 in)
公式に提供されるOS Debian, Fedora, Arch Linux, RISC OS (左記に加えて)Ubuntu, Windows 10 IoT Core Debian, Fedora, Arch Linux, RISC OS (左記に加えて)Ubuntu, Windows 10 IoT Core Raspberry Pi OS
Raspberry Pi 1
Model A
Raspberry Pi 1
Model A+
Raspberry Pi 3
Model A+
Raspberry Pi
Model B
Raspberry Pi 1
Model B+
Raspberry Pi 2
Model B
Raspberry Pi 2
Model B V1.2
Raspberry Pi 3
Model B
Raspberry Pi 3
Model B+
Raspberry Pi 4 Raspberry Pi 5

なお、Raspberry Pi 3は64ビットに対応した初のモデルだが、Raspberry Pi 4の発売まで公式OSであるRaspbianは32ビット版しかリリースされていなかった。

Zero 編集

Zero は Model A, Model B よりも小型で安価で端子の数が少ない。W は無線搭載、H はピンヘッダが実装済み。

モデルごとの仕様一覧表(Zero)
Zero
Raspberry Pi Zero Raspberry Pi Zero W Raspberry Pi Zero WH Raspberry Pi Zero 2 W
発売日 2015年11月30日 2017年2月28日 2018年1月12日[68] 2021年10月28日[69]
FCC認証 2017年2月28日[70]
電波法認証 2017年4月10日 2022年3月23日
ターゲット価格 $5 $10 $14 $15
SoC[4]
(CPU, GPU, DSP, SDRAM, USB)
Broadcom BCM2835 Broadcom BCM2710A1
CPU ARM1176JZF-S ARM Cortex-A53
シングルコア クアッドコア
1 GHz 1GHz
ARMv6 ARMv8(64bit)
ARM11 ARM Cortex-A
GPU
Broadcom VideoCore IV
250 MHz
OpenGL ES 2.0 (250 MHz の場合 24 GFLOPS)
H.264 High Profile(1080p30デコード・エンコード)[46]
MPEG-2[56][注釈 3]
VC-1[57][注釈 3]
H.264 (1080p30デコード・エンコード)
MPEG-4 (1080p30デコード)
メモリ
(GPUと共用)
512 MB
LPDDR2 SDRAM
USB 2.0 ポート[6] 1 (microUSB)
USB3 ポート なし
映像入力 v1.3より専用カメラインターフェース (MIPI CSI-2 2レーン)[71] 専用カメラインターフェース (MIPI CSI-2 2レーン)
映像出力[4] Mini HDMI
音声入力 I²S
音声出力[4] Mini HDMI, I²S
ストレージ[6] microSDカード
有線ネットワーク[4][6] なし
無線LAN/無線PAN[4][6] なし Broadcom BCM43143
IEEE 802.11 b/g/n 2.4 GHz
Bluetooth 4.1, Bluetooth Low Energy
IEEE 802.11 b/g/n 2.4 GHz

Bluetooth 4.2, Bluetooth Low Energy

低レベル周辺機器 GPIO GPIO 40 ピン
消費電力
(典型的)
100 mA[64]
(0.5 W)
150 mA[64]
(0.75 W)
600 mA[72]
(3 W)
推奨電源 2.5 A
(12.5 W)[67]
電源ソース[4] microUSBまたはGPIO
質量 9 g[73] 11 g[74] 10 g[75]
大きさ
(コネクター部の突起を除く)
65 mm × 30 mm (2.6 in × 1.2 in)
公式に提供されるOS Debian, Fedora, Arch Linux, RISC OS Raspberry Pi OS
Raspberry Pi Zero Raspberry Pi Zero W Raspberry Pi Zero WH Raspberry Pi Zero 2 W

Compute Module 編集

Compute Module は産業用の組み込み向け。端子などは付いていないが、開発用には Compute Module IO Board が販売されていて、ボードには端子が取り付けられていて、ボードに Compute Module を挿して使用する。端子の種類が異なるサードパーティーのボードも多数ある。

端子の有無を除くと Compute Module 4 は Raspberry Pi 4 Model B とほぼ同じだが、USB 3.0 ではなく PCIe が搭載されていて、サードパーティーのボードによってはこれを M.2 にしていて、SSD やモバイル通信のモジュールなどを挿せる。

産業用ではあるものの、1個単位で個人でも購入できる。

モデルごとの仕様一覧表(Compute Module)
Compute Module
Compute Module (CM1) Compute Module 3 (CM3) Compute Module 3 Lite (CM3L) Compute Module 3+ (CM3+) Compute Module 4 (CM4) Compute Module 4 SODIMM (CM4S)
発売日 2014年4月 2017年1月16日 2019年1月28日 2020年10月19日 2022年
提供期限 2023年1月 2026年1月 2028年1月 2031年1月
FCC認証
電波法認証 2022年3月23日
ターゲット価格 $30→$25[76]→$30 $30[76] $25[76] $25~$40 $25~$90
SoC[4]
(CPU, GPU, DSP, SDRAM, USB)
Broadcom
BCM2835
Broadcom
BCM2837
Broadcom
BCM2837B0
Broadcom
BCM2711
CPU ARM1176JZF-S ARM Cortex-A53 ARM Cortex-A72
シングルコア クアッドコア
700 MHz 1.2 GHz 1.5 GHz
ARMv6 ARMv7 ARMv8 (64bit)
ARM11 ARM Cortex-A
GPU
Broadcom VideoCore IV[54] Broadcom VideoCore VI
250 MHz 400 MHz (3D 300 MHz) 500 MHz
OpenGL ES 2.0 (250 MHz の場合 24 GFLOPS) OpenGL ES 3.1, Vulkan 1.0
H.264 High Profile(1080p30デコード・エンコード)
MPEG-2[56][注釈 3]
VC-1[57][注釈 3]
H.264(1080p30デコード・エンコード)
MPEG-4(1080p30デコード)
H.265(4Kp60デコード)
H.264(1080p60デコード、1080p30エンコード)
メモリ
(GPUと共用)
512 MB 1 GB 1GB or 2GB or 4GB or 8GB 1GB
LPDDR2 LPDDR4-3200
USB 2.0 ポート[6] 1
USB3 ポート なし なし(ただしPCIeから作り出せる) なし
PCIe なし PCIe 2.0 1レーン (5Gbps) なし
映像入力 2レーン MIPI CSI + 4レーン MIPI CSI
映像出力[4] HDMI 1.3a
2レーン MIPI DSI + 4レーン MIPI DSI
コンポジット, DPI
HDMI 2.0 x 2 (4K, 60fps)
2レーン MIPI DSI + 4レーン MIPI DSI
DPI
音声入力 I²S
音声出力[4] HDMI, I²S
ストレージ[6] 4 GB eMMC SDカードPIN なし or 8GB or 16GB or 32GB
有線ネットワーク[4][6] なし ギガビットイーサネット PHY なし
無線LAN/無線PAN[4][6] なし なし or 2.4 GHz / 5.0 GHz IEEE802.11 b/g/n/ac、Bluetooth 5.0 BLE なし
低レベル周辺機器 GPIO 48 ピン GPIO 28 ピン GPIO 46 ピン
消費電力
(典型的)
言及なし[77]
(2.0 W)
言及なし[78]
(3.5 W)
電源
(推奨)

(2.5W)[79]

(3.5W)[79]
5V
質量 7 g[80] 6.1 g 6 g
大きさ
(コネクター部の突起を除く)
67.6 mm × 30 mm (2.66 in × 1.18 in) 67.6 mm × 31 mm (2.66 in × 1.22 in)[81] 55 mm × 40 mm (2.2 in × 1.6 in) 67.6 mm × 31 mm (2.66 in × 1.22 in)
公式に提供されるOS Debian, Fedora, Arch Linux, RISC OS Raspberry Pi OS
Compute Module (CM1) Compute Module 3 (CM3) Compute Module 3 Lite (CM3L) Compute Module 3+ (CM3+) Compute Module 4 (CM4) Compute Module 4 SODIMM (CM4S)

Pico 編集

2021年1月21日、マイコンボードの Raspberry Pi Pico を発表。価格は$4。[82]

2022年6月30日、ピンヘッダを実装済みの Raspberry Pi Pico H、無線接続が可能な Raspberry Pi Pico W、その両方の Raspberry Pi Pico WH を発表。Hが$5、Wが$6、WHが$7。

カメラ 編集

以下の Raspberry Pi 用のカメラを販売している。今のところ全て MIPI CSI 2レーン用のカメラである(4レーンでも動作する)。[83]

  • Raspberry Pi Camera Module v1 - 2013年5月発売、販売終了済み。5メガピクセル。$25。NoIR の赤外線カメラあり。
  • Raspberry Pi Camera Module 2 - 2016年4月発売、2024年1月販売終了。8メガピクセル。$25。NoIR の赤外線カメラあり。動画の最大解像度は1080p30。
  • Raspberry Pi Camera Module 3 - 2023年1月発売、2030年1月販売終了。11.9メガピクセル。$25、$35(Wide)。NoIR の赤外線カメラ、Wide、Wide NoIR がある。wideでない方は水平視野角が66度、wideは水平視野角が102度。
  • Raspberry Pi High Quality Camera - 2020年5月発売、2030年1月販売終了。12.3メガピクセル。$50。C/CS か M12 マウントのレンズを別途取り付けて使用する。
  • Raspberry Pi Global Shutter Camera - 2023年3月発売、2032年1月販売終了。1.58メガピクセル。$50。グローバルシャッターにより、動く物体を綺麗に撮影することが出来、人工知能による画像認識などに適している。C/CS マウントのレンズを別途取り付けて使用する。[84]

High Quality Camera や Global Shutter Camera 用のレンズとして以下のものがある。

  • C/CS マウント
    • 16mm 望遠 $50
    • 6mm 広角 $25
  • M12 マウント
    • 8mm $25
    • 25mm (望遠) $15
    • 魚眼 $25

公式以外にも様々なカメラとレンズがサードパーティーから販売されている。

Python 用のライブラリとして picamera があったが、現在は Raspberry Pi 財団が picamera2 を開発している。

HAT 編集

HAT は Hardware Attached on Top の略で、GPIO の所に載せるアドオンボードのこと[85]。以下の HAT が販売されている。

  • Raspberry Pi 5 M.2 HAT - Raspberry Pi 5 用で PCIe 2.0 1レーンの M.2 を利用可能にする。形状は 2230 と 2242 に対応。
  • Raspberry Pi Build HAT - Lego Technic モーターとセンサーを接続するための HAT
  • Sense HAT - 加速度・気温・気圧・湿度などの様々なセンサー、8×8 RGB LED、ジョイスティックなどを搭載
  • Power over Ethernet
    • PoE HAT (販売終了)
    • PoE+ HAT
    • Raspberry Pi 5 PoE+ HAT
  • オーディオ関係
    • Raspberry Pi DAC+
    • Raspberry Pi DAC Pro
    • Raspberry Pi DigiAMP+
    • Raspberry Pi Codec Zero
  • Raspberry Pi TV HAT - DVB-T2 用。日本では DVB-T2 は使われていない。

公式以外にも様々な HAT がサードパーティーから販売されている。

その他 編集

キーボード一体型のRaspberry Pi 400が存在する。キーボードの配列はJP/US/UKの3種。性能はRaspberry Pi 4 Model Bとほぼ同じだが、メモリは4GBのみで、CPUクロックは1.8GHz(4Bもオーバークロックは可能)。

注釈 編集

  1. ^ 技適マーク表示が無く発売できず。3月23日、箱に技適マーク入りのものが発売。11月、日本製で基板に技適マーク入りのものが発売。
  2. ^ a b c 2016年10月以降のリビジョン Raspberry Pi2 Model B v1.2” (PDF). Avid Technology, Inc.. 2017年1月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 別売のライセンスが必要。
  4. ^ 2012年10月14日以前の発送分。
  5. ^ 別売のRaspberry Pi用カメラの接続が可能。
  6. ^ Model BのRev.1とRev.2では、GPIOポートのピン配列が異なる。
  7. ^ a b Raspberry Piの内部は3.3Vの電源で動作しており、GPIO入力へ5Vを接続することはできない。

ギャラリー 編集

ソフトウェア 編集

オペレーティングシステム 編集

2012年2月19日、ラズベリーパイ財団はSDカードから起動できるオペレーティングシステムのSDカードイメージを発表した。イメージに含まれるOSのRaspberry Pi OS(旧称:Raspbian)は"Debian GNU/Linux release 8.0 (Jessie)"に基づいており、LXDEデスクトップ環境Chromiumウェブブラウザ[86] に加えて、様々なプログラミングツールを初起動直後使用できる。また、このOSはRaspberry Pi だけでなく様々な他のプラットフォーム上でエミュレートできるように QEMU 上で実行できる[87]。この他、Arch LinuxFedoraUbuntu MATEなどもサポートされている。

ラズベリーパイ財団は、その後、カナダのセネカカレッジで開発された[88] Fedora バージョンをリリースする予定[89]。財団は、プログラムをやりとりするためのアプリケーションストアを開設予定。

Raspberry Pi OSは標準でソフトリアルタイムシステムとなっているが、ユーザーモードプログラムでのハードリアルタイム性能が必要な場合はlinux-rtカーネルを入れることもできる[90][91]。また、ベアメタル(OS無し)で使用することも可能[92]

Mathematica 編集

2013年11月21日、Raspberry Pi Foundationは、数式処理ソフトである Mathematicaのサブセット版及びその記述言語であるWolframをRaspberry Piの標準イメージ環境であるRaspberry Pi OSに向けて無償提供することを発表した[93][94]。Raspberry Pi 1の性能から、2013年現在の典型的なパソコン上で動作させた場合と比較して、10〜20倍遅いとしている[93]。Remote Development Kitを使い、コーディング等を行う外部コンピュータと、実際にMathematicaを実行するRaspberry Piを接続するインタフェースが提供されている[93]。GPIO を使えるなど専用の命令も用意されている[95]。2014年8月1日より、Mathematica 10 を提供開始[96]

脚注 編集

  1. ^ a b One decade, 46 million units: Happy birthday, Raspberry Pi, The Register / Richard Speed, https://www.theregister.com/2022/02/28/pi_at_10/, "Upton tells us that approximately 46 million units have been manufactured to date." 
  2. ^ 自作でIoTしよう! 超小型PC「Raspberry Pi=ラズパイ」 の魅力とは?”. kakakumag.com (2017年3月25日). 2018年11月7日閲覧。
  3. ^ Raspberry Pi: Cheat Sheet
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s FAQs”. Raspberry Pi Foundation. 2011年10月6日閲覧。
  5. ^ Cellan-Jones, Rory (2011年5月5日). “A £15 computer to inspire young programmers”. BBC News. 2012年3月4日閲覧。 Price, Peter (2011年6月3日). “Can a £15 computer solve the programming gap?”. BBC Click. 2011年7月2日閲覧。 Bush, Steve (2011年5月25日). “Dongle computer lets kids discover programming on a TV”. Electronics Weekly. 2011年7月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m Verified USB Peripherals and SDHC Cards; eLinux.org
  7. ^ TWO MILLION! - Raspberry Pi
  8. ^ Raspberry Pi at Buckingham Palace, 3 million sold | Raspberry Pi
  9. ^ Five million sold! | Raspberry Pi
  10. ^ Senior Pi - Raspberry Pi
  11. ^ RASPBERRY PI 3 ON SALE NOW AT $35
  12. ^ TEN MILLIONTH RASPBERRY PI, AND A NEW KIT
  13. ^ The Mag Pi Magazine issue 53, Page 10, Raspberry Pi Foundation, https://www.raspberrypi.org/magpi/issues/53/, "On 25 November, it was confirmed that total sales of the Raspberry Pi have now topped 11 million." 
  14. ^ Raspberry Pi 3 Model B+ on sale now at $35”. 2020年3月18日閲覧。
  15. ^ Upton, Eben (2019年12月13日). “Raspberry Pi numbers get stale fast. We sold our thirty-millionth unit some time last week (we think Tuesday).” (英語). @EbenUpton. 2020年3月18日閲覧。
  16. ^ Meet Raspberry Silicon: Raspberry Pi Pico now on sale at $4” (英語) (2021年1月21日). 2021年2月14日閲覧。 “This ability to bridge the worlds of software and hardware has contributed to the enduring popularity of Raspberry Pi computers, with over 37 million units sold to date.”
  17. ^ Chris Fleck and Eben Upton on Twitter, Chris Fleck, https://twitter.com/chrisfleck/status/1392224692862427138, "Great call with @EbenUpton today. Congrats on 40 Million #RaspberryPi sold!" 
  18. ^ Raspberry Pi gets $45M to meet demand for low-cost PCs and IoT, TechCrunch / Natasha Lomas@riptari(twitter), https://techcrunch.com/2021/09/21/raspberry-pi-gets-45m-to-meet-demand-for-low-cost-pcs-and-iot/, "While, in total, the Pi Foundation also said it’s shipping over 42 million (Pi-powered) PCs to more than 100 countries." 
  19. ^ Impact Stories: Raspberry Pi, The Index Projewct / Ditte Fiil Ravn, https://theindexproject.org/post/impact-stories-raspberry-pi, "With 43 million computers sold worldwide and 95% of its products exported outside the UK, the globe has grown fond of pocket-sized computers." 
  20. ^ a b Upton, Eben. “Supply chain, shortages, and our first-ever price increase - Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年6月15日閲覧。
  21. ^ Upton, Eben. “Production and supply-chain update - Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年6月15日閲覧。
  22. ^ Upton, Eben. “Supply chain update - it's good news! - Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年6月19日閲覧。
  23. ^ Raspberry Pi CEO: ‘Million-Unit Months’ Are Ahead”. Tom's Hardware. 2023年6月15日閲覧。
  24. ^ 株式会社インプレス. “Raspberry Piの品不足が解消、7月から月産100万台へ。CEOが発言”. PC Watch. 2023年6月15日閲覧。
  25. ^ ラズパイの製造・販売からRS Componentsが撤退、ラズパイ品薄への影響は? 日経クロステック(xTECH)
  26. ^ 日本製ラズパイの工場見学レポート” (2017年5月26日). 2022年1月21日閲覧。
  27. ^ 【トピック】Raspberry Pi創始者Eben Upton氏インタビュー。気になる供給状況や教育市場について尋ねてみた - PC Watch
  28. ^ Upton, Eben. “New product: Raspberry Pi 3 Model A+ on sale now at $25 - Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年10月24日閲覧。
  29. ^ ID, FCC. “FCC ID 2ABCB-RPI3AP Single Board Computer by Raspberry Pi Trading Ltd”. FCC ID. 2023年10月24日閲覧。
  30. ^ Upton, Eben. “Raspberry Pi 3 Model B+ on sale now at $35 - Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年10月24日閲覧。
  31. ^ ID, FCC. “FCC ID 2ABCB-RPI3BP Single Board Computer by Raspberry Pi Trading Ltd”. FCC ID. 2023年10月24日閲覧。
  32. ^ Upton, Eben. “Raspberry Pi 4 on sale now from $35 - Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年10月24日閲覧。
  33. ^ ID, FCC. “FCC ID 2ABCB-RPI4B Single Board Computer by Raspberry Pi Trading Ltd”. FCC ID. 2023年10月24日閲覧。
  34. ^ Upton, Eben. “Raspberry Pi 5: available now! - Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年10月24日閲覧。
  35. ^ ID, FCC. “FCC ID 2ABCB-RPI32 Raspberry Pi 3 Model B - Single Board Computer by Raspberry Pi Trading Ltd”. FCC ID. 2023年10月24日閲覧。
  36. ^ ID, FCC. “FCC ID 2ABCB-RPI5 Single board computer by Raspberry Pi Trading Ltd”. FCC ID. 2023年10月24日閲覧。
  37. ^ 総務省 電波利用ホームページ|技術基準適合証明等を受けた機器の検索”. 総務省. 2022年9月13日閲覧。
  38. ^ 総務省 電波利用ホームページ|技術基準適合証明等を受けた機器の検索”. 総務省. 2022年9月13日閲覧。
  39. ^ 総務省 電波利用ホームページ | 技術基準適合証明等を受けた機器の検索”. tele.soumu.go.jp. 2024年2月14日閲覧。
  40. ^ BLOG - RASPBERRY PI 3 ON SALE NOW AT $35 | Raspberry Pi
  41. ^ Introducing Raspberry Pi Model B+”. Raspberry Pi Foundation. 2014年8月7日閲覧。
  42. ^ Bowater, Donna (2012年2月29日). “Mini Raspberry Pi computer goes on sale for £22”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/technology/news/9112841/Mini-Raspberry-Pi-computer-goes-on-sale-for-22.html 
  43. ^ Raspberry Pi Blog - News, Announcements, and Ideas
  44. ^ A birthday gift: 2GB Raspberry Pi 4 now only $35 - Raspberry Pi
  45. ^ 8GB Raspberry Pi 4 on sale now at $75 - Raspberry Pi
  46. ^ a b c d e BCM2835 Media Processor; Broadcom.
  47. ^ a b c d e f g h i j k l Ltd, Raspberry Pi. “Buy a Raspberry Pi 3 Model A+ – Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年10月28日閲覧。
  48. ^ a b c d e f g h i j k l m n Ltd, Raspberry Pi. “Buy a Raspberry Pi 3 Model B – Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年10月28日閲覧。
  49. ^ a b c d e f g h i j k l m n Ltd, Raspberry Pi. “Buy a Raspberry Pi 3 Model B+ – Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年10月28日閲覧。
  50. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Ltd, Raspberry Pi. “Raspberry Pi 4 Model B specifications – Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年10月28日閲覧。
  51. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u Ltd, Raspberry Pi. “Buy a Raspberry Pi 5 – Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年10月28日閲覧。
  52. ^ a b ARM1176JZF-S Revision:r0p7 Technical Reference Manual
  53. ^ Upton, Eben. “Bullseye bonus: 1.8GHz Raspberry Pi 4 - Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年10月28日閲覧。
  54. ^ a b c d Q&A with our hardware team”. Raspberry Pi Foundation. 2011年9月20日閲覧。
  55. ^ a b c d e Raspberry Pi Documentation - Processors”. raspberrypi.com. 2023年10月28日閲覧。
  56. ^ a b c d MPEG-2 license key”. Raspberry Pi Store. 2023年10月26日閲覧。
  57. ^ a b c d VC-1 license key”. Raspberry Pi Store. 2023年10月26日閲覧。
  58. ^ Raspberry Pi 3 Model A+ product brief
  59. ^ Raspberry Pi 3 Model B+ product brief
  60. ^ a b SMSC LAN9512 Website; smsc.com
  61. ^ a b New product launch! Introducing Raspberry Pi Model B+”. Raspberry Pi Foundation (2014年7月14日). 2022年9月13日閲覧。
  62. ^ a b c Embedded Linux Wiki: Hardware Basic Setup
  63. ^ a b Raspberry PI GPIO Connector; eLinux.org
  64. ^ a b c d e f g h i 1. WHAT ARE THE POWER REQUIREMENTS? - POWER - Raspberry Pi FAQs - Frequently Asked Questions
  65. ^ PowerDraw
  66. ^ specifications”. www.raspberrypi.org (2019年6月24日). 2019年6月24日閲覧。
  67. ^ a b Raspberry Pi Documentation - Getting started”. raspberrypi.com. 2023年10月28日閲覧。
  68. ^ Zero WH: pre-soldered headers and what to do with them - Raspberry Pi
  69. ^ ID, FCC. “FCC ID 2ABCB-RPIZ2 Radio module by Raspberry Pi Trading Ltd”. FCC ID. 2023年10月24日閲覧。
  70. ^ ID, FCC. “FCC ID 2ABCB-RPI0W Single Board Computer by Raspberry Pi Trading Ltd”. FCC ID. 2023年10月24日閲覧。
  71. ^ Zero grows a camera connector - Raspberry Pi
  72. ^ Everything about Raspberry Pi Zero 2 W”. PiCockpit. 2023年11月30日閲覧。
  73. ^ Raspberry Pi Zero v1.3”. スイッチサイエンス. 2023年11月2日閲覧。
  74. ^ Raspberry Pi Zero WH(UD-RPZWH) 仕様 | Raspberry Pi(ラズベリーパイ) | IODATA アイ・オー・データ機器”. iodata.jp. 2023年11月2日閲覧。
  75. ^ Raspberry Pi Zero 2 W”. スイッチサイエンス. 2023年11月2日閲覧。
  76. ^ a b c Compute Module 3 Launch!(The original Compute Module is also reduced to $25. )
  77. ^ DATASHEET”. www.raspberrypi.org. 2018年12月5日閲覧。
  78. ^ DATASHEET”. www.raspberrypi.org. 2018年12月5日閲覧。
  79. ^ a b “DATASHEET 7.2 Power Requirements”. Raspberry Pi. (2016年10月13日). https://www.adafruit.com/product/3441 2018年9月20日閲覧。 
  80. ^ Adams, James (2014年4月7日). “Comment by James Adams on Compute Module announcement”. Raspberry Pi Foundation. 2014年9月22日閲覧。
  81. ^ Compute Module 3
  82. ^ 「Raspberry Pi Pico」が発売、独自開発の40nmマイコン「RP2040」を搭載”. MONOist. 2023年6月17日閲覧。
  83. ^ Raspberry Pi Documentation - Camera”. raspberrypi.com. 2023年6月17日閲覧。
  84. ^ Upton, Eben. “New Raspberry Pi Global Shutter Camera for machine vision and more - Raspberry Pi”. Raspberry Pi. 2023年6月17日閲覧。
  85. ^ hats/README.md at master · raspberrypi/hats · GitHub
  86. ^ 資料をクラウドで共有したい! という声に、ラズパイはWebブラウザで応えることができる。”. fabcross.jp. 2018年12月5日閲覧。
  87. ^ linuxnews showing the first release of Debian Squeeze for Raspberry running on QEMU
  88. ^ Chung, Emily (2012年2月24日). “$35 computer 'Raspberry Pi' readies for launch”. CBC.ca. http://www.cbc.ca/news/technology/story/2012/02/23/technology-raspberry-pi-cheap-computer.html 2012年2月28日閲覧。 
  89. ^ Raspberry foundation announcing "first root filesystem available for download"
  90. ^ Real-time Linux for RPi1 Emlid Limited
  91. ^ Real-time Linux for RPi2 Emlid Limited
  92. ^ Step01 – Bare Metal Programming in C Pt1 Valvers
  93. ^ a b c 青木 大我 (2013年11月22日). “RasberryPi、数式処理ソフト「Mathematica」を同梱。個人利用は無料”. INTERNET Watch / Impress Watch Corporation. 2013年11月23日閲覧。
  94. ^ 行正和義 (2013年11月22日). “Raspberry Pi、数式処理ソフト「Mathematica」を無料でバンドル”. ASCII.jp×デジタル / KADOKAWA CORPORATION. 2013年11月23日閲覧。
  95. ^ Raspberry Pi—Wolfram言語ドキュメント
  96. ^ Mathematica 10 – now available for your Pi! | Raspberry Pi

関連項目 編集

外部リンク 編集

公式サイト 編集

非公式サイト 編集