メインメニューを開く

Raspberry Pi

クレジットカードサイズのシングルボードコンピュータ

Raspberry Pi(ラズベリー パイ)は、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータイギリスラズベリーパイ財団によって開発されている。日本では略称としてラズパイとも呼ばれる[2]

Raspberry Pi
Raspberry Pi 3 Model B.png
Raspberry Pi 3 Model B
製造元 Raspberry Pi Foundation
種別 シングルボードコンピュータ
発売日 2012年2月29日 (2012-02-29)
売上台数 累計1,100万台(2016年11月25日時点)[1]
ウェブサイト www.raspberrypi.org

主に教育で利用することを想定しているが、IoTが隆盛した2010年代後半以降は、安価に入手できるIoT機器として趣味や業務に広く用いられている。IoT教育においては、ソフトウェア開発に強いRaspberry Piと、ハードウェア開発に強いArduinoの組み合わせが一般的である。

目次

概要編集

Raspberry Piは、かつてイギリスで教育用コンピュータとして普及したエイコーン社BBC Micro(1981年)」の再来として、学校で基本的なコンピュータ科学の教育を促進することを意図している[3][4][5][6][7]。Model A、Model Bという名称もBBC Microに由来しており、サポートされるコンピュータ言語の中にはBBC Microで利用されたBBC Basicも含まれており、ハードウェア的にはエイコーン社が開発したARMプロセッサを搭載している。また、エイコーンのオペレーティングシステム (OS) であるRISC OSも、Raspberry Pi用がRISC OS Open Limitedより公式リリースされている。 内蔵ハードディスクソリッドステートドライブを搭載しない代わりに、SDメモリーカード(SDカード)又はmicroSDメモリーカード (microSD) を起動および長期保存用のストレージに利用する[8]

2013年10月31日までに累計200万台[9]、2014年6月11日までに累計300万台[10]、2015年2月18日までに累計500万台[11]、2015年10月13日までに累計700万台[12]、2016年2月29日までに累計800万台[13]、2016年9月8日までに累計1,000万台[14]、2016年11月25日までに累計1,100万台[1]が販売された。

主な仕様編集

モデルごとの仕様一覧表
Raspberry Pi 1
Model A
Raspberry Pi 1
Model A+
Raspberry Pi 1
Model B
Raspberry Pi 1
Model B+
Raspberry Pi 2
Model B
Raspberry Pi 3
Model B
Compute Module 3 (CM3) Compute Module 3 Lite (CM3L) Raspberry Pi 3
Model B+
Compute Module (CM1) Raspberry Pi Zero Raspberry Pi Zero W Raspberry Pi Zero WH
発売日 2013年2月 2014年11月 2012年4月 2014年7月 2015年2月 2016年2月 2017年1月 2018年3月14日 2014年4月 2015年11月 2017年2月 2018年1月[15]
ターゲット価格[4][16] $25 $20 $35[17][18] $35→$25[19] $35 $30[20] $25[20] $35 $30→
$25[20]→$30
$5 $10 $14
SoC[4]
(CPU, GPU, DSP, SDRAM, USB)
Broadcom BCM2835[21] Broadcom BCM2836
Broadcom BCM2837[注釈 1]
Broadcom BCM2837 Broadcom BCM2837B0 Broadcom BCM2835
CPU ARM1176JZF-S[22] ARM Cortex-A7
ARM Cortex-A53[注釈 1]
ARM Cortex-A53 ARM1176JZF-S
シングルコア クアッドコア シングルコア
700 MHz 900 MHz 1.2 GHz 1.4GHz 700 MHz 1 GHz
ARMv6 ARMv7
ARMv8 (64bit)[注釈 1]
ARMv8 (64bit) ARMv6
ARM11 ARM Cortex-A ARM11
GPU
Broadcom VideoCore IV[23]
250 MHz 400 MHz (3D 250 MHz) 400 MHz (3D 300 MHz) 400 MHz (3D 300 MHz) ? 250 MHz
OpenGL ES 2.0 (250 MHz の場合 24 GFLOPS)
MPEG-2, VC-1[注釈 2], 1080p30 H.264/MPEG-4 AVC High Profile[21] ハードウェアデコーダ・エンコーダ (左記に加えて)1080p60 MPEG-2, VC-1, 1080p30 H.264/MPEG-4 AVC High Profile ハードウェアデコーダ・エンコーダ
メモリ
(GPUと共用)
256 MB 512 MB
256 MB[注釈 3]
512 MB 1 GB 512 MB
LPDDR2 SDRAM
USB 2.0 ポート[8] 1 2
(LAN9512内蔵ハブ)[24]
4
(LAN9514内蔵ハブ)[25]
2 (USB, microUSB) 4 USB 2.0 ports 2 (USB, microUSB) 1 (microUSB)
映像入力 15ピンMIPIカメラインターフェース (MIPI CSI-2)[注釈 4] MIPI CSI-2 x 2 15ピンMIPIカメラインターフェース (MIPI CSI-2)[注釈 5] MIPI CSI-2 x 2 v1.3より専用カメラインターフェース (MIPI CSI-2)[26] 専用カメラインターフェース (MIPI CSI-2)
映像出力[4] コンポジット RCA (PAL / NTSC) , HDMI 1.3 / 1.4[27], MIPI DSI HDMI, MIPI DSI x 2 コンポジット RCA (PAL / NTSC) , HDMI 1.3 / 1.4[27], MIPI DSI HDMI, MIPI DSI x 2 Mini HDMI
音声入力 I²S
音声出力[4] 3.5 mm ジャック, HDMI, I²S HDMI, I²S 3.5 mm ジャック, HDMI, I²S HDMI, I²S Mini HDMI, I²S
ストレージ[8] SDカード / MMC microSDカード SDカード / MMC microSDカード 4 GB eMMC SDカードPIN microSDカード 4 GB eMMC microSDカード
有線ネットワーク[4][8] N/A LAN9512[24] LAN9514[25] N/A Gigabit Ethernet over USB 2.0 (maximum throughput

300Mbps)

N/A
10/100 Mbps イーサネット
無線ネットワーク[4][8] N/A Broadcom BCM43143

IEEE 802.11 b/g/n 2.4 GHz

Bluetooth 4.1, Bluetooth Low Energy
N/A 2.4GHz and 5GHz IEEE 802.11.b/g/n/ac wireless LAN, Bluetooth 4.2, BLE N/A Broadcom BCM43143

IEEE 802.11 b/g/n 2.4 GHz

Bluetooth 4.1, Bluetooth Low Energy
低レベル周辺機器[注釈 6] GPIO 26 ピン
内訳:8 × GPIO, UART, I²C, SPIと2つのチップセレクト, +3.3 V, +5 V[注釈 7], 接地[23][28]
GPIO 40 ピン GPIO 26 ピン
内訳:8 × GPIO, UART, I²C, SPIと2つのチップセレクト, +3.3 V, +5 V[注釈 7]4110, 接地[23][29]
GPIO 40 ピン GPIO 46 ピン GPIO 40 ピン GPIO 46 ピン GPIO 40 ピン
消費電力
(典型的)
200 mA[30]
(1.0 W)
180 mA[30]
(0.9 W)
500 mA[30]
(2.5 W)
330 mA[30]
(1.65 W)
350 mA[30]
(1.75 W)
400 mA[30]
(2.0 W)
言及なし[31]
(3.5 W)
アイドル459 mA[32]
(2.295 W)
Max 1.13A (5.661W)
言及なし[33]
(2.0 W)
100 mA[30]
(0.5 W)
150 mA[30]
(0.75 W)
電源
(推奨)
0.7 A[30]
(3.5 W)
0.7 A[30]
(3.5 W)
1.2 A[30]
(6.0 W)
1.8 A[30]
(9.0 W)
1.8 A[30]
(9.0 W)
2.5 A[30]
(12.5 W)

(3.5W)[34]

(3.5W)[34]
2.5 A
(12.5W)

(2.5W)[34]
1.2 A[30]
(6.0 W)
1.2 A[30]
(6.0 W)
電源ソース[4] microUSBまたはGPIO microUSB またはGPIOまたは Power over Ethernet(別途 PoE ハット) microUSBまたはGPIO
質量 45 g 23 g 45 g 6.1 g 6 g 45 g 7 g[35] 9 g
大きさ
(コネクター部の突起を除く)
85.6 mm × 56.5 mm (3.37 in × 2.22 in) 65 mm × 56.5 mm (2.6 in × 2.22 in) 85.6 mm × 56.5 mm (3.37 in × 2.22 in) 67.6 mm × 31 mm (2.66 in × 1.2 in)[36] 85 mm × 56 mm (3.3 in × 2.2 in) 67.6 mm × 30 mm (2.66 in × 1.2 in) 65 mm × 30 mm (2.6 in × 1.2 in)
公式に提供されるOS Debian, Fedora, Arch Linux, RISC OS (左記に加えて)Ubuntu, Windows 10 IoT Core Debian, Fedora, Arch Linux, RISC OS
Raspberry Pi 1
Model A
Raspberry Pi 1
Model A+
Raspberry Pi 1
Model B
Raspberry Pi 1
Model B+
Raspberry Pi 2
Model B
Raspberry Pi 3
Model B
Compute Module 3 (CM3) Compute Module 3 Lite (CM3L) Raspberry Pi 3
Model B+
Compute Module (CM1) Raspberry Pi Zero Raspberry Pi Zero W Raspberry Pi Zero WH
  1. ^ a b c 2016年10月以降のリビジョン Raspberry Pi2 Model B v1.2 (PDF)”. Avid Technology, Inc.. 2017年1月15日閲覧。
  2. ^ 別売のライセンスが必要。
  3. ^ 2012年10月14日以前の発送分。
  4. ^ 別売のRaspberry Pi用カメラの接続が可能。
  5. ^ 別売のRaspberry Pi用カメラの接続が可能。
  6. ^ Model BのRev.1とRev.2では、GPIOポートのピン配列が異なる。
  7. ^ a b Raspberry Piの内部は3.3Vの電源で動作しており、GPIO入力へ5Vを接続することはできない。

なお、2018年3月時点ではraspberrypi3は、64bit 対応だが公式には32bitのosしか出てない。

ギャラリー編集

ソフトウェア編集

オペレーティングシステム編集

2012年2月19日、ラズベリーパイ財団はSDカードから起動できるオペレーティングシステムのSDカードイメージを発表した。イメージに含まれるOSのRaspbianはDebian 8.0 Jessieに基づいており、LXDEデスクトップ環境Chromiumウェブブラウザ[37] に加えて、様々なプログラミングツールを初起動直後使用できる。また、このOSはRaspberry Pi だけでなく様々な他のプラットフォーム上でエミュレートできるように QEMU 上で実行できる[38]。この他、Arch LinuxFedoraほかのOSもサポートされている。

ラズベリーパイ財団は、その後、カナダのセネカカレッジで開発された[39] Fedora バージョンをリリースする予定[40]。財団は、プログラムをやりとりするためのアプリケーションストアを開設予定。

Raspbianは標準でソフトリアルタイムシステムとなっているが、ユーザーモードプログラムでのハードリアルタイム性能が必要な場合はlinux-rtカーネルを入れることもできる[41][42]。また、ベアメタル(OS無し)で使用することも可能[43]

Mathematica編集

2013年11月21日、RaspberryPi Foundationは、数式処理ソフトである Mathematicaのサブセット版及びその記述言語であるWolframをRaspberryPiの標準イメージ環境であるRaspbianに向けて無償提供することを発表した[44][45]。Raspberry Pi 1の性能から、2013年現在の典型的なパソコン上で動作させた場合と比較して、10〜20倍遅いとしている[44]。Remote Development Kitを使い、コーディング等を行う外部コンピュータと、実際にMathematicaを実行するRaspberryPiを接続するインタフェースが提供されている[44]。GPIO を使えるなど専用の命令も用意されている[46]。2014年8月1日より、Mathematica 10 を提供開始[47]

脚注編集

  1. ^ a b The Mag Pi Magazine issue 53, Page 10, Raspberry Pi Foundation, https://www.raspberrypi.org/magpi/issues/53/, "On 25 November, it was confirmed that total sales of the Raspberry Pi have now topped 11 million." 
  2. ^ 自作でIoTしよう! 超小型PC「Raspberry Pi=ラズパイ」 の魅力とは?”. kakakumag.com (2017年3月25日). 2018年11月7日閲覧。
  3. ^ Raspberry Pi: Cheat Sheet
  4. ^ a b c d e f g h FAQs”. Raspberry Pi Foundation. 2011年10月6日閲覧。
  5. ^ Cellan-Jones, Rory (2011年5月5日). “A £15 computer to inspire young programmers”. BBC News. 2012年3月4日閲覧。
  6. ^ Price, Peter (2011年6月3日). “Can a £15 computer solve the programming gap?”. BBC Click. 2011年7月2日閲覧。
  7. ^ Bush, Steve (2011年5月25日). “Dongle computer lets kids discover programming on a TV”. Electronics Weekly. 2011年7月11日閲覧。
  8. ^ a b c d e Verified USB Peripherals and SDHC Cards; eLinux.org
  9. ^ TWO MILLION! - Raspberry Pi
  10. ^ Raspberry Pi at Buckingham Palace, 3 million sold | Raspberry Pi
  11. ^ Five million sold! | Raspberry Pi
  12. ^ Senior Pi - Raspberry Pi
  13. ^ RASPBERRY PI 3 ON SALE NOW AT $35
  14. ^ TEN MILLIONTH RASPBERRY PI, AND A NEW KIT
  15. ^ Zero WH: pre-soldered headers and what to do with them - Raspberry Pi
  16. ^ BLOG - RASPBERRY PI 3 ON SALE NOW AT $35 | Raspberry Pi
  17. ^ Introducing Raspberry Pi Model B+”. Raspberry Pi Foundation. 2014年8月7日閲覧。
  18. ^ Bowater, Donna (2012年2月29日). “Mini Raspberry Pi computer goes on sale for £22”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/technology/news/9112841/Mini-Raspberry-Pi-computer-goes-on-sale-for-22.html 
  19. ^ Raspberry Pi Blog - News, Announcements, and Ideas
  20. ^ a b c Compute Module 3 Launch!(The original Compute Module is also reduced to $25. )
  21. ^ a b BCM2835 Media Processor; Broadcom.
  22. ^ ARM1176JZF-S Revision:r0p7 Technical Reference Manual
  23. ^ a b c Q&A with our hardware team”. Raspberry Pi Foundation. 2011年9月20日閲覧。
  24. ^ a b SMSC LAN9512 Website; smsc.com
  25. ^ a b http://www.raspberrypi.org/introducing-raspberry-pi-model-b-plus/
  26. ^ Zero grows a camera connector - Raspberry Pi
  27. ^ a b Embedded Linux Wiki: Hardware Basic Setup
  28. ^ Raspberry PI GPIO Connector; eLinux.org
  29. ^ Raspberry PI GPIO Connector; eLinux.org
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 1. WHAT ARE THE POWER REQUIREMENTS? - POWER - Raspberry Pi FAQs - Frequently Asked Questions
  31. ^ DATASHEET”. www.raspberrypi.org. 2018年12月5日閲覧。
  32. ^ PowerDraw
  33. ^ DATASHEET”. www.raspberrypi.org. 2018年12月5日閲覧。
  34. ^ a b c “DATASHEET 7.2 Power Requirements”. Raspberry Pi. (2016年10月13日). https://www.adafruit.com/product/3441 2018年9月20日閲覧。 
  35. ^ Adams, James (2014年4月7日). “Comment by James Adams on Compute Module announcement”. Raspberry Pi Foundation. 2014年9月22日閲覧。
  36. ^ Compute Module 3
  37. ^ 資料をクラウドで共有したい! という声に、ラズパイはWebブラウザで応えることができる。”. fabcross.jp. 2018年12月5日閲覧。
  38. ^ linuxnews showing the first release of Debian Squeeze for Raspberry running on QEMU
  39. ^ Chung, Emily (2012年2月24日). “$35 computer 'Raspberry Pi' readies for launch”. CBC.ca. http://www.cbc.ca/news/technology/story/2012/02/23/technology-raspberry-pi-cheap-computer.html 2012年2月28日閲覧。 
  40. ^ Raspberry foundation announcing "first root filesystem available for download"
  41. ^ Real-time Linux for RPi1 Emlid Limited
  42. ^ Real-time Linux for RPi2 Emlid Limited
  43. ^ Step01 – Bare Metal Programming in C Pt1 Valvers
  44. ^ a b c 青木 大我 (2013年11月22日). “RasberryPi、数式処理ソフト「Mathematica」を同梱。個人利用は無料”. INTERNET Watch / Impress Watch Corporation. 2013年11月23日閲覧。
  45. ^ 行正和義 (2013年11月22日). “Raspberry Pi、数式処理ソフト「Mathematica」を無料でバンドル”. ASCII.jp×デジタル / KADOKAWA CORPORATION. 2013年11月23日閲覧。
  46. ^ Raspberry Pi—Wolfram言語ドキュメント
  47. ^ Mathematica 10 – now available for your Pi! | Raspberry Pi

関連項目編集

外部リンク編集

公式サイト
非公式サイト
技術情報