J-WAVE 25(ジェイウェーブ・トゥウェンティファイヴ)は、2005年4月3日から2009年9月27日までJ-WAVEで放送されていたラジオ番組

概要編集

番組として特定の内容はなく週替わりで単発企画を放送する。単発企画の内容は音楽に関するものやその他エンターテイメントに関するもの、時事問題に関するものなどさまざまだが、恒例化している企画としては以下のようなものがあった。

  • 毎月最終週のラジオドラマ「シアターマツモト」
  • 冨田恵一が出演し最近の自身の活動について語る「TOMITA LAB. RADIO EDIT」

同趣向の番組として、J-WAVEでは2002年3月まで日曜深夜に「J-WAVE TRIAL」を放送していた。またそれ以降も週代わりの企画を放送していた枠として「J-WAVE WEEKEND CIRCUIT」、「J-WAVE WEEKEND SPECIAL」といった番組が存在した。

通例放送時間は1時間だが延長される場合もあった。なお、RADIO SAKAMOTOが放送される場合は休止となる。なお、2006年10月29日から2006年11月19日までは、J-WAVEの放送機器メンテナンスのため放送が休止された。

2009年9月をもって当番組が放送終了したことにともない、J-WAVEの日曜の放送終了時刻は1時間繰り上げられ25:00(月曜1:00)となった。(RADIO SAKAMOTO等の特別番組放送時を除く)

放送時間編集

  • 日曜 25:00-26:00(月曜1:00-2:00)

ナビゲーター編集

番組表上は鳥越がナビゲーターとなっていたが、実際には全編通して出演する場合もあれば、途中数度登場するのみで案内役に徹する場合もあった。
  • 小林紀美(2008年4月-2009年3月)
  • 2007年4月-2008年3月と2009年4月-2009年9月の期間は特定のナビゲーターは設けられず、J-WAVEの他番組でレギュラー出演している人物がつとめる場合もあれば、特にはっきりとしたナビゲーターがない場合(上述の「シアターマツモト」など)もあった。
(参考)J-WAVE TRIAL時代のナビゲーター

受賞番組編集

2009年5月25日に放送された「J-WAVE 25 DIALOG IN THE DARK〜見えないものを見るということ〜」が、第5回日本放送文化大賞のラジオ部門の準グランプリを受賞した。そのため当該回は後日JFL以外の民放FM各局でも放送され、J-WAVEでも2009年12月31日の19:00-20:00に「J-WAVE YEAREND SPECIAL」として再放送されている。

外部リンク編集

J-WAVE 日曜25:00(月曜1:00)枠
前番組 番組名 次番組
FREE YO MIND
(24:00-26:00)
J-WAVE 25
(放送休止)