メインメニューを開く

JODAN JODAN」(ジョーダン・ジョーダン)は、1979年7月1日に発売された海援隊15作目のシングル曲である。ポリドール移籍第5弾シングル

JODAN JODAN
海援隊シングル
初出アルバム『倭人傳
B面 肩より低く頭をたれて
リリース
ジャンル フォーク
レーベル ポリドール
作詞・作曲 武田鉄矢(作詞)
木村昇(作曲)
チャート最高順位
海援隊 シングル 年表
とどかぬ想い
(1978年)
JODAN JODAN
(1979年)
贈る言葉
(1979年)
テンプレートを表示

概要編集

  • 気まずい雰囲気を「冗談冗談」といって取り繕う男の悲哀を描いている。
  • 付き合っていた女性を別の男に取られその結婚式で祝辞を述べる悔しさ(1番)
  • 傲慢な態度の上司が退室したあと罵りの言葉を言うと上司がそこにいたという哀しさ(2番)
  • 友人達との飲み会で自分がおごると言うと皆が帰ろうとし、あせって割り勘にする切なさ(3番)

制作経緯編集

  • 西城秀樹のシングル「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」をテレビで2、3回観た武田鉄矢が振り付けに驚き[2]、「これは絶対ヒットするな」と思い[2]、人文字振り付けの部分をマネしようと考えていたら、「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」と同じ、両手を使って「J」「O」「D」「A」「N」とアルファベットを一文字ずつ表現する振り付けを思いついた[2]コミックソングだが絶対に抗議がこないよう事務所と打ち合わせながら制作した[2]。タイトルが「JODAN」だから許してもらえるんじゃないかという気持ちもあったという[2]
  • 武田は芸能界にいてマネされて嫌なことは充分認識しており[3]、西城と『月刊平凡』で対談の企画が持たれ、西城と初めて顔を合わせ[2]、「フリは可愛げがないことをやってると思うけど、自分らヒットなくてあせってるんだよ。まねするようなことしてすいません」と西城に謝った[3]。「贈る言葉」はこの次の曲であった。対談で西城は「バカうけでした。曲の構成も素晴らしくとても面白かったです」と伝え、武田はホッとしたという[3]。海援隊は当時臨時休業中と思われていため[3]、武田は「『JODAN JODAN』で海援隊はミエも外聞もかなぐり捨てて、歌い手に戻った」と話している[3]。『月刊セブンティーン』1979年11月号の武田のインタビューは『3年B組金八先生』の主役が決まったことを話しているが、まさか国民的ドラマになるとは思ってもみなかったようで、『3年B組金八先生』の話より「JODAN JODAN」や高倉健や二番目の子どもが生まれるという話の方が長い[3]
  • 本作リリースの3ヶ月後に放送を開始した武田主演ドラマ3年B組金八先生』(第1シリーズ、TBS系)の第11話「母に捧げるバラード」(1980年1月4日放映)では、海援隊が同曲を演奏するシーンがある。

収録曲編集

  1. JODAN JODAN
    作曲・編曲:木村昇
  2. 肩より低く頭をたれて
    作曲:中牟田俊男、編曲:佐孝康夫

収録アルバム編集

  • このアルバムに収録されているものはアレンジ・テンポが異なる上、1番の歌詞も、先述の結婚式ではなく「女性に言い寄ろうとしてフラれかける男の弱さ」を描いたものとなっている。

エピソード編集

脚注編集

  1. ^ オリコンランキング情報サービス you大樹
  2. ^ a b c d e f 「対決! Y.M.C.A.vs JODAN 西城秀樹×武田鉄矢対談」『月刊平凡』1979年11月号、平凡出版、 22 - 24頁。
  3. ^ a b c d e f  「武田鉄矢(海援隊)のJODANまじりのシビア発言 『おっ母今年の暮れは国際劇場だよ』」『月刊セブンティーン』1979年11月号、集英社、 72 - 75頁。
  4. ^ 海援隊 / 武田鉄矢ユニバーサルミュージックジャパン公式サイト

関連項目編集