Jr. BATTLE OF GLORY(ジュニア・バトル・オブ・グローリー)は、全日本プロレス主催のジュニアヘビー級選手によるシングルリーグ戦。

2006年から2012年にかけて開催されたJUNIOR HYPER LEAGUE(旧:ジュニアヘビー級リーグ戦)の流れを受け継いでいるが、それらが6月から7月のシリーズにかけて行われていたのに対して、こちらは2月のシリーズに開催されている。

2020年は開催されていない。なお前年11月から当年1月にかけて、世界ジュニアヘビー級王座決定トーナメントが開催されていた[1]

大会結果編集

2014年編集

Aブロック
Bブロック

2015年編集

Aブロック
Bブロック
  • 鈴木鼓太郎 6点 ※優勝
  • 金丸義信 5点
  • 佐藤光留 3点
  • 高尾蒼馬 3点
  • SUSHI 3点

2016年編集

Aブロック
  • 青木篤志 4点 ※優勝
  • 高尾蒼馬 2点
  • 南野タケシ 0点
  • SUSHI 0点
Bブロック

2017年編集

Aブロック
Bブロック

2018年編集

Aブロック
Bブロック
  • 岩本煌史 7点 ※準優勝
  • TAJIRI 6点
  • 佐藤光留 6点
  • 鈴木鼓太郎 5点
  • 藤田峰雄 4点
  • 中島洋平 2点

2019年編集

Aブロック
Bブロック

2021年編集

内容
2年ぶりの開催。新型コロナウイルス感染症の影響により、6月2日、3日の2日間トーナメントにて行われた。

脚注編集