Ka-15

Kamov Ka-15 Hen (ID unknown) (9838722505).jpg

カモフ Ka-15NATOコードネーム:ヘン、Hen)は、ソビエト連邦の複座汎用ヘリコプターである。1952年4月14日にテストパイロットのD.K.Yefremovの操縦で初飛行を行い、1955年に国の領収試験が完了すると翌年にウラン・ウデにある第99航空機工場で量産に入った。

本機はM-14エンジン(ヘリコプター仕様)を搭載したKa-18の前身であり、主に森林警備、農業、漁業管理の分野で使用された。

派生型編集

  • Ka-15 : ソビエト海軍向けの複座の小型汎用ヘリコプター。
  • Ka-15M : 複座の小型汎用ヘリコプター。Ka-15の民間仕様。
  • Ka-18 :4座汎用ヘリコプター。

運用編集

  ソビエト連邦

要目 (Ka-15M)編集

出典: Soviet Transport Aircraft since 1945[4]

諸元

性能

  • 最大速度: 150 km/h (81 knots) 93 mph
  • 巡航速度: 125 km/h (67 knots) 78 mph
  • 航続距離: 390 km (210 nmi) 242 mi
  • 実用上昇限度: 3,000 m (9,840 ft)
  • 円板荷重: 9 kg/m2 (1.8 lb/ft2
  • 馬力荷重(プロペラ): 0.14 kW/kg (0.08 hp/lb)


  使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ http://militaryrussia.ru/blog/topic-505.html
  2. ^ WORLD HELICOPTER MARKET 1967 pg. 65”. flight. 2014年10月21日閲覧。
  3. ^ Military Helicopter Market 1971 pg. 581”. flight. 2014年10月21日閲覧。
  4. ^ Stroud 1968, pp. 136–138.