L・M・ナルドゥッチ

ロレンツォ・M・ナルドゥッチ(Lorenzo. M. Narducci、1942年5月25日 - 2006年7月21日)は、イタリア系アメリカ人物理学者量子光学や特にレーザ不安定性の研究への貢献で著名。200以上の学術論文及び"Laser Physics and Laser Instabilities"を含むいくつかの本を執筆している[1]。レーザ不安定性理論に関する研究に加え[1][2]三準位系における放射及び吸収の物理[3]周波数ロッキングに貢献した[4]

量子電磁力学における光コヒーレンスの研究によりミラノ大学から博士号を取得した。Optics Communicationsの編集者を務め(1987年-2006年)、Physical Review Aの編集委員にも就任している。

Optics Communicationsの編集者を1987年から2006年まで務めた。米国光学会フェローでもある。多くの賞を受賞しているが、1991年レーザー科学アインシュタイン賞を、1999年にラムメダルを受賞した。

参考文献編集

  1. ^ a b L. M. Narducci and N. B. Abraham, Laser Physics and Laser Instabilities (World Scientific, London, 1988).
  2. ^ R. Bonifacio, C. Pellegrini, and L. M. Narducci, Collective instabilities and high-gain regime in a free electron laser, Opt. Commun. 50, 373-378 (1984).
  3. ^ L. M. Narducci, M. O. Scully, G.-L. Oppo, P. Ru, and J. R. Tredicce, Spontaneous emission and absorption properties of a driven three-level system, Phys. Rev. A 42, 1630 (1990).
  4. ^ L. A. Lugiato, C. Oldano, and L. M. Narducci, Cooperative frequency locking and stationary spatial structures in lasers, J. Opt. Soc. Am. B 5, 879-888 (1988).