メインメニューを開く

概要編集

L.A.ライブはアンシュッツ・エンターテイメント・グループワコビアマクファレン・パートナーズの3社が事業を行っている。

マイクロソフトスクエア編集

マイクロソフトスクエアはL.A.ライブの中心となる屋外広場。当初はノキアが命名権を取得しノキアプラザと名称されたが、2014年マイクロソフトがノキア買収により2015年6月に名称を変更した。ニューヨークタイムズスクエア日本銀座を意識して作られた。

マイクロソフトシアター・The Novo by Microsoft編集

 
ステージから見たマイクロソフトシアター

マイクロソフトシアターはL.A.ライブ最大の劇場。収容人数は7100名。ESPY賞や、アメリカン・ミュージック・アワードの授賞式をはじめ、コンサート、演劇、ミュージカルに対応できる。2008年からプライムタイム・エミー賞授賞式とアメリカン・アイドル決戦大会が同会場で行った。しばしば、Anime Expoのライブ会場としても使用されたこともあり、中川翔子AKB48初音ミクももいろクローバーZのコンサートが行われた。2028年ロサンゼルス五輪ではウエイトリフティング競技会場として使用される予定。

The Novo by Microsoftは最大2300名収容のライブハウスで、日本の赤西仁のソロライブ、グラミー賞ノミネーションライブなどが行われた。

グラミー・ミュージアム編集

グラミー・ミュージアムは、グラミー賞50周年を機に2008年12月にオープン。グラミー賞関連の展示を行っている。

その他編集

関連項目編集

外部リンク編集