メインメニューを開く

Linuxカーネルは、Unix系オペレーティングシステムであるLinuxカーネルリーナス・トーバルズによって開発が開始された。

Linux
Tux
Linux 3.0.0 boot.png
Linuxカーネルの起動画面(バージョン 3.0.0)
作者 リーナス・トーバルズ
開発元 リーナス・トーバルズ, および多数のコミュニティーメンバー
初版 1991年9月17日(27年前) (1991-09-17
最新版 4.20.6 (2019年1月31日(45日前) (2019-01-31[1]) [±][±]
最新評価版 5.0-rc4 (2019年1月27日(49日前) (2019-01-27[2]) [±][±]
リポジトリ git.kernel.org/cgit/linux/kernel/git/torvalds/linux.git
プログラミング言語 C言語アセンブリ言語[3]
対応OS Linux
種別 カーネル (モノリシックカーネル)
ライセンス GNU General Public License v2
公式サイト www.kernel.org
テンプレートを表示

ライセンスにGPL(バージョン2)を採用する自由なソフトウェアである。

通常、Linuxカーネルと言えばリーナスが公開している公式版のカーネルを指すが、Linuxディストリビューションで使用されているカーネルは、公式版カーネルにベンダーが独自の修正や変更を加えたものであることが多い。Androidで使用されているカーネルもそのひとつである。このような非公式のカーネルは、ベンダーがサポートすべきものとして、Linux Kernel Mailing List などでは基本的に対象外となっている。

開発の初期には、MINIXを参考としており、影響を受けてもいるが、MINIXのコードは使用せず、ゼロから書かれた(IBM PC端末エミュレータとして動かすためのコードから成長させたものと言われている)。

GPLを採用したことがLinuxを共有の物として開発することを推進させた、とされている。また、Linuxの開発とインターネットの発展が時期的に一致したことも、Linuxの開発コミュニティ形成に寄与した。

また、開発に際して、よりオープンな開発体制をとり、現在バザール方式と呼ばれている、誰でもLinux Kernel Mailing Listへのバグ報告や修正、機能拡張パッチを公開でき、その中から最終的にリーナスと彼が任命したメインテナーがコーディネータとなって、公式版のLinuxカーネルの質を保っている。

目次

対応アーキテクチャ編集

 
Ubiquity of the Linux kernel

Linuxカーネルは各種命令セット (ISA) に対応している。各アーキテクチャで共有されているコードが多いため、CPUに依存した部分を変更すれば移植できるようになっている。

公式サポート編集

バージョン4.17現在。

非公式サポート編集

サポート終了編集

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています
バージョン2.6.26まで
  • Sun-4
バージョン3.4まで
  • SPARCstation/SPARCserver series
バージョン3.7まで
バージョン4.11まで
バージョン4.16まで

出典編集

  1. ^ Kroah-Hartman, Greg (2019年1月31日). “Linux 4.20.6”. LKML mailing list.. http://lkml.iu.edu/hypermail/linux/kernel/1901.3/08227.html 2019年2月1日閲覧。 
  2. ^ Torvalds, Linus (2019年1月27日). “Linux 5.0-rc4”. LKML mailing list.. http://lkml.iu.edu/hypermail/linux/kernel/1901.3/02860.html 2019年2月1日閲覧。 
  3. ^ The linux-kernel mailing list FAQ - Why is the Linux kernel written in C/assembly?”. tux.org. 2013年6月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集