M1 (銃剣)

M1ガーランド小銃向けの銃剣

M1銃剣(M1 Bayonet)は、アメリカにてM1ガーランド小銃向けに開発された銃剣である。刃渡りは10インチ(25.4cm)で、握りは4インチ(10.1cm)である。

M1 bayonet
種類 銃剣
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備先 Flag of the United States (1912-1959).svg アメリカ軍
関連戦争・紛争 第二次世界大戦, 朝鮮戦争
開発史
製造期間 1942年-
諸元
全長 14 in (36 cm)
刃長 10 in (25 cm)
テンプレートを表示

概要編集

1943年以前、全てのM1ガーランド小銃およびM1903小銃ではM1905銃剣およびM1942銃剣を使用していた。

1943年、アメリカ陸軍は、より短い銃剣の有用性を認め、多くのM1905ないしM1942銃剣は回収され、10インチ以下に切り詰めるなどの対処が執られた。その後、新たに設計された10インチ銃剣にはM1銃剣の名称が与えられた。

M1銃剣は、欧州戦線で広く用いられた。ドイツ国防軍Kar98k小銃用に用いたS84/98 III銃剣は、より短い934インチ(24.765cm)であった。しかし、一方の太平洋戦線では、日本軍が標準的に使用した三十年式銃剣は15.75インチ(40cm)と長大であったため、これと渡り合うべく刃渡りの長いM1905銃剣のほうが広く使用されたとされる。

参考文献編集

  • SNL B-8

関連項目編集

外部リンク編集