Mac OS 9(マック オーエス ナイン)は、アップルClassic Mac OSの9番目にして最後にメジャーリリースされたオペレーションシステム。1999年10月23日に発表され、アップルによって「これまでで最高のインターネット・オペレーティング・システム」として売り出され[1]Sherlock 2のインターネット検索機能、アップルの無料オンラインサービスiToolsOpenTransportの、改良が含まれている。 しかし、Mac OS 9ではメモリ保護プリエンプティブ・マルチタスクを欠いたままであり[2]、自動ソフトウェア更新とマルチユーザーへの擬似対応などの従来からの改良に留まる。

Mac OS 9
Mac OS ファミリー
MacOS9.png
300px
Screenshot of Mac OS 9.0.4
開発者
アップル
ウェブサイト Apple - Products - Mac OS 9 at the Wayback Machine (archived November 9, 2000)
リリース情報
リリース日 1999年10月23日(21年前) (1999-10-23 [info]
最新安定版 9.2.2 - 2001年12月5日(18年前) (2001-12-05 [info]
ソースモデル クローズドソース
ライセンス プロプラエタリ
カーネル ナノカーネル
先行品 Mac OS 8.6
後続品
サポート状態
2002年2月1日サポート終了

アップルは予定通りMac OS 9を2001年に開発終了し、全ての開発をMac OS Xへ移行した。よって、最後のMac OS 9.2.2アップデートリリース以降の更新はない。 最終更新では、Classic環境とCarbonアプリケーションの互換性改善が行われた。 2002年のWWDCでは、スティーブ・ジョブズによる基調講演でMac OS 9の葬儀パフォーマンスが行われた[3]

機能編集

アップルは、Mac OS 9に「50の新機能」を追加、QuickTimeのようなメタリックな外観を導入し様々なオンラインリソースを検索するための「チャネル」機能を導入したSherlock 2を中心に紹介した。 Mac OS 9はiTools(後に.MaciCloudに置き換えられたMobileMe)として知られるインターネットサービススイートを統合的にサポートし、Open Transport 2.5でTCP/IP機能を改善した。

Mac OS 9のその他の新機能 [4]

  • At Easeの使用なしでの複数のユーザーアカウントを統合サポート
  • VoicePrintパスワードによる音声ログインのサポート
  • ユーザーが保護されたキーチェーンで暗号化されたパスワードとテキストデータを保存できる機能Keychain
  • Appleシステムソフトウェアのアップデートを自動的にダウンロードしてインストールするためのソフトウェアアップデートコントロールパネル
  • サウンドコントロールパネルの再設計とUSBオーディオのサポート。
  • AppleScriptとの統合に伴い音声合成と認識が改善されたPlainTalkとも呼ばれるSpeakable Items 2.0[5]
  • FontSyncによるフォント管理の改善
  • PPPによるTCP/IPクライアントのサポートを含むRemote Access Personal Server 3.5
  • TCP/IPをサポートをサポートするAppleScriptのアップデート
  • TCP/IPを介した個人用ファイル共有
  • 特定のUSBプリンタをTCP/IPネットワーク上で共有できるようにするコントロールパネルのUSBプリンタ共有
  • Finderでの128ビットファイル暗号化
  • 2GBを超えるファイルのサポート
  • Unixボリュームのサポート
  • Unix volume support.
  • FinderでのCD書き込み(Mac OS 9.1から)
  • Finderへの「ウィンドウ」メニューの追加(Mac OS 9.1から)

Mac OS 9とクラシック環境編集

10.5以前のOS XPowerPCバージョンにはOS XからMac OS 9を必要とするアプリケーションとハードウェアを実行できるクラシックと呼ばれる互換レイヤー(シェル)が含まれている。

これはOS XないのFinderにアクセスすることなくMac OS 9を実行することで実現されている。これにはクラシック環境を実行できるコンピューターがMac OS 9で起動できることを必要としないが、コンピューターへのMac OS 9のインストールを必要とする。一部のMac OS 9アプリケーションはクラシック環境ではうまく動作しない。これらは画面再描画の問題と、パフォーマンスの低下を示している。さらに、ハードウェアと直接作用するドライバーや、その他のソフトウェアは正しく機能しない。

2002年5月、カリフォルニア州サンノゼで開かれたアップルのWorldwide Developers Conferenceで、スティーヴ・ジョブズ棺桶とともに模擬葬儀を開催し[3]、アップルがMac OS 9の開発を終了したことを発表した。2001年12月に発表されたMac OS 9.2.2がMac OS 9と「クラシックな」Mac OSの最後のバージョンとなった。2005年6月、ジョブズはマッキントッシュのプラットフォームをIntel x86マイクロプロセッサーに移行すると発表した。PowerPCエミュレーション界層Rosettaの開発者文書でx86ベースのマックではMac OS 8および9向けに作られたアプリケーションが実行できないことが明らかにされた。OS X 10.4のPowerPCバージョンにクラシック環境は残されたが、x86バージョンではクラシック環境はサポートされなかった。

Intelベースのマックでの回避策として、PowerPCエミュレーターのSheepShaverを使用してバージョン9.0.4までのMac OS 9をエミュレートすることができる。SheepShaverがメモリ管理ユニットをエミュレートしていないた、9.0.4より後のバージョンをエミュレートすることはできない。PowerPCエミュレーターのPearPCはMac OS 9をエミュレートしていない[6]。ただし、最近のQEMUにはMac OS 9およびOS XのPowerPCバージョンのエミュレートが追加されている。

可用性編集

Mac OS 9はアップルからはサポートされていないが、まだいくつかのインターネット業者からさまざまな価格でリテイル版を入手することができる。

開発が終了しているため現在はアバンダンウェアに分類されているが、ハードウェアの制限でOS XにアップグレードできないユーザーやOS Xよりも好むユーザーに使用されている。Mac OS 9は古いコンピューターを楽しむ人々にも人気のある選択となっている。MacゲーマーもOS Xでサポートされてない BugdomNanosaur、『オレゴン・トレイル』、Civilization II、『Marathon』などのゲームをプレイするために(多くの場合はエミュレーション経由の)クラシックやネイティブのOS 9に戻ることもある。

その他の用途編集

Mac OS 9は現在も保守運用されているアップル製ハードウェア以外にも、WindowsやUnixなどの他の環境でも運用可能である[7]。例えば、前述のSheepShaverソフトウェアはx86プラットフォームで使用するようには設計されておらず、ハイパーバイザと同様に、実行しているマシンに実際のPowerPCプロセッサが存在する必要があった。PowerPCプロセッサのサポートを提供するが、メモリ管理ユニットをエミュレートしていないためにMac OS 9.0.4までしか実行できない。

バージョン履歴編集

バージョン リリース日 変更点 コード名 初期バンドルコンピューター 価格
9.0 1999年10月23日
  • 最初のリリース
Sonata iMac G3 99米ドル
9.0.2 2000年2月

(Macに同梱)

  • バグ修正
N/A PowerBook (FireWire搭載機) ハードウェアバンドルのみ
9.0.3 2000年3月

(Macに同梱)

iMac/iMac DV/iMac DV SE
9.0.4 2000年4月4日
  • USBおよびFireWireサポートの強化
  • その他のバグ修正
Minuet iMac G3 (スロットローディング機) 無料アップデート
9.1 2001年1月9日
  • Finderへのディスク書き込みの統合
  • Finderの「Window」メニューの実装
  • 安定性向上
Fortissimo iBook 14インチおよび12インチ
9.2 2001年6月18日

(Macに同梱)

  • 最小構成としてG3プロセッサが必要
  • 速度とクラシック環境サポートの改善
Moonlight Power Mac G4 (QuickSilver) ハードウェアバンドルのみ
9.2.1 2001年8月21日
  • 細かなバグ修正
Limelight iBook (Late 2001)、PowerBook G4 (ギガビットイーサ) 無料アップデート
9.2.2 2001年12月5日
  • クラシック環境に関するバグ修正
LU1 eMac

Mac OS 9でのアップデートとしては9.0.4, 9.1、9.2.1、9.2.2がある。Mac OS 9.0.4には主にUSBおよびFireWireに関連するバグ修正の集大成だった。 Mac OS 9.1では、MacintoshのFinderに統合されたCD書き込みサポートが追加され、開いているウィンドウを切り替えるためのFinderの新しいウィンドウメニューが追加された。 Mac OS 9.2では、パフォーマンスが大幅に向上し、クラシック環境のサポートが改善された。

互換性編集

Macintoshのモデル 9.0[8] 9.1[8] 9.2.1[8] 9.2.2[8]
Power Macintosh 6100 Yes Yes: CDからのインストールが必要 No
Power Macintosh 7100
Power Macintosh 8100
PowerBook 2300 Yes
PowerBook 2400c
PowerBook 5300
PowerBook 1400 部分的: パスワード・セキュリティは非対応
PowerBook 3400 Yes: ハードディスク・ドライバーは更新しないこと
Power Macintosh 5200 LC Yes
Power Macintosh 5300 LC
Power Macintosh 5500
Power Macintosh 4400
Power Macintosh 6200
Power Macintosh 6300
Power Macintosh 6400
Power Macintosh 6500
Power Macintosh 7200
Power Macintosh 7300
en:Power Macintosh 7500
Power Macintosh 8500
Power Macintosh 7600
Power Macintosh 8600
Power Macintosh 9600
Twentieth Anniversary Macintosh
PowerBook G3
PowerBook G3 Series Yes Yes
PowerBook (FireWire) Yes: 機種専用バージョンのみ
PowerBook G4[A] No Yes: 機種専用バージョンのみ
PowerBook G4 (Gigabit Ethernet)[A] No Yes: 機種専用バージョンのみ
PowerBook G4 (DVI)[A] No Yes: 機種専用バージョンのみ
PowerBook G4 (1 GHz/867 MHz)[A]
PowerBook G4 (12-inch)[B] 部分的: クラシック環境のみ
PowerBook G4 (17-inch)[B]
PowerBook G4 (12-inch DVI)[B]
PowerBook G4 (12-inch 1.33 GHz)[B]
PowerBook G4 (12-inch 1.5 GHz)[B]
PowerBook G4 (15-inch FW 800)[B]
PowerBook G4 (15-inch 1.5/1.33 GHz)[B]
PowerBook G4 (17-inch 1.33 GHz)[B]
PowerBook G4 (17-inch 1.5 GHz)[B]
iBook Yes Yes Yes Yes
iBook (FireWire) Yes: 機種専用バージョンのみ
iBook (Dual USB)[A] No Yes: 機種専用バージョンのみ
iBook (Late 2001)[A]
iBook (14.1 LCD)[A] No 部分的: クラシック環境のみ
iBook (16 VRAM)[A]
iBook (Opaque 16 VRAM)[A]
iBook (32 VRAM)[A]
iBook (14.1 LCD 32 VRAM)[A]
iBook (Early 2003)[A] Yes: 機種専用バージョンのみ
iBook G4[B] 部分的: クラシック環境のみ
iBook G4 (14-inch)[B]
iBook G4 (Early 2004)[B]
Power Macintosh G3 All-In-One Yes
Power Macintosh G3
Power Macintosh G3 (Blue and White)
iMac G3
iMac G3 (266 MHz, 333 MHz)
iMac G3 (Slot Loading)
iMac G3 (Summer 2000) Yes: 機種専用バージョンのみ Yes Yes
iMac G3 (Early 2001)[A] No Yes: 機種専用バージョンのみ
iMac G3 (Summer 2001)[A]
iMac G4[A] No Yes
iMac G4 (February 2003)[B] 部分的: クラシック環境のみ
iMac G4 (17-inch 1 GHz)[B]
iMac G4 (USB 2.0)[B]
iMac G5[B]
iMac G5 (Ambient Light Sensor)[B]
iMac G5 (iSight)[B]
eMac[A] Yes
eMac (ATI Graphics CD-ROM drive)[A] Yes: 機種専用バージョンのみ
eMac (ATI Graphics Combo drive)[A]
eMac (ATI Graphics SuperDrive)[B] 部分的: クラシック環境のみ
eMac (USB 2.0)[B]
eMac (2005)[B]
Power Mac G4 (PCI Graphics) Yes Yes
Power Mac G4 (AGP Graphics)
Power Mac G4 (Gigabit Ethernet) Yes: 機種専用バージョンのみ
Power Mac G4 Cube
Power Mac G4 (Digital Audio)[A] No Yes: 機種専用バージョンのみ Yes
Power Mac G4 (QuickSilver)[A] No
Power Mac G4 (QuickSilver 2002)[A] No Yes: 機種専用バージョンのみ
Power Mac G4 (Mirrored Drive Doors)[A]
Power Mac G4 (FW 800)[B] 部分的: クラシック環境のみ
Power Mac G4 (Mirrored Drive Doors 2003)[A] Yes: 機種専用バージョンのみ
Power Mac G5 部分的: クラシック環境のみ
Power Mac G5 (June 2004)
Power Mac G5 (Late 2004)
Power Mac G5 (Early 2005)
Power Mac G5 (Late 2005)
Mac mini (G4)[B]
  1. 1一部の最新のG3およびほとんどのG4 Mac はMac OS 9.1以上でしか動作しないものと、Mac OS 9.2以上でしか動作しないものがある。これはG3 Macの開発後期およびG4 Macの開発中期がMac OS 9の開発期間と重なっており、G4 MacをサポートしているバージョンのみがそれらのG4 Macと互換性があるように設計されているからである。 
  2. 1一部の最新のG4および全てのG5 MacはMac OS 9.2以降のバージョンでのみ動作し、互換性のあるバージョンのMac OS 9がOS X環境のクラシック環境でのみ動作させることができないのは、OS X時代に開発されたそれらのMacが直接起動できるように”Mac OS ROM"が更新できなかったからである(しかし、ユーザー環境では動作し続け、少なくともMac OS 9.2しか動作しないという制約があったため、クラシック環境ではまだサポートされていたものと思われる)。 

参考資料編集

脚注編集

  1. ^ October 23, 1999: Mac OS 9 Released”. AppleMatters.com. 2009年11月28日閲覧。
  2. ^ Re: newbie question: What is a Blue Task”. Apple.com. 2007年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月29日閲覧。
  3. ^ a b Apple WWDC 2002-The Death Of Mac OS 9”. YouTube.com. 2010年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月16日閲覧。
  4. ^ MacHelp What's New in Mac OS 9”. Apple.com. 2007年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月29日閲覧。
  5. ^ Mac OS 9: What's New - Speakable Items”. Apple.com. 2007年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月29日閲覧。
  6. ^ Frequently Asked Questions”. PearPC Developers. 2006年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月16日閲覧。
  7. ^ E-Maculation wiki”. 2013年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月24日閲覧。
  8. ^ a b c d Mac OS 8 and 9 compatibility with Macintosh computers”. Apple Inc.. 2009年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月28日閲覧。

外部リンク編集

先代:
Mac OS 8
Mac OS 9
1999
次代:
Mac OS X 10.0 (Cheetah)