Power Mac G4は、1999年から2004年にかけてApple によりPower Macラインとしてデザイン、製造、販売されたパーソナルコンピュータである。

概要編集

PowerPC G4シリーズのマイクロプロセッサを搭載したPowerMac G4は、 Appleによって初の「パーソナルスーパーコンピュータ」として[1] 、速度は4〜20ギガフロップスに達したと発表された。これは、正式に「Mac」と短縮された最初のMacintosh製品であり、Classic Mac OSで起動できる最後のMacである。

Power Macintosh G3 (Blue & White)で導入された横空きのエンクロージャは、増大する冷却ニーズに対応するために、進化するプロダクトデザインとして、随時変更が加えられ続けたが、Power Mac G4の5年間の生産期間全体を通じて外形は維持された。Power Mac G4とそのエンクロージャは、Power Mac G5の発表で幕を閉じた。

Graphite編集

 
「グラファイト」Power Mac G4
 
「グラファイト」PowerMac G4の背面ポート類
Power Mac G4 (PCI Graphics/AGP Graphics)

最初のPowerMac G4は、1999年8月31日にサンフランシスコで開催されたSeyboldカンファレンスで発表された[2]。正式名称Power Mac G4 (AGP Graphics)[3]の400、450、500MHz構成と、Power Mac G4 (PCI Graphics)の350MHz、400MHz構成の2種類があった。通称、この第1世代のPower Mac G4は「グラファイト」と呼ばれる。これは、Power Mac G4で正式デビューしたケースの配色に由来する(グラファイトのiMac DV Special Editionより2ヶ月早く発売された)。

発表時には、最大500 MHz構成の出荷計画だったが、CPUの歩留まりが悪く、延期を余儀なくされた。それにより、Appleは各構成のプロセッサのクロック速度を50 MHz下げた(オプションを350 MHz400 MHz450 MHz)にも関わらず、価格を下げなかったため、論争が巻き起こった[4]

初期の400 MHz (後の350 MHzPCIベースの機種は、ZIFソケット[5]の使用を含む (ADBを除く)、Power Macintosh G3 (Blue & White)で使用されているものと同様のロジックボードを使用し「グラファイト」色のケースで、新しいモトローラPowerPC 7400 (G4) CPUを搭載した。

コードネーム「Sawtooth」と呼ばれる高速モデルのロジックボードは、66MHzのPCIスロットに代わってAGP 2xグラフィックスを搭載し、デザインが大幅に変更された。

Power Mac G4 (PCI Graphics)は1999年の終わりに廃止された[6]

Power Mac G4初期モデルは、標準構成でDVD-ROMドライブを搭載していた。 400450 MHzモデルは100 MBZipドライブ標準搭載(350 MHz(Sawtooth)モデルにオプション)であった。このシリーズは、100MHzのシステムバスと4つのPC100 SDRAMスロットを持ち、最大2GB(Mac OS 9では1.5GBまで利用可)のRAMを搭載することができた。Power Mac G4 (AGP Graphics) は、AirMacスロットとDVIビデオポートを初めて搭載した。UltraSCSIカードを装着すれば、128GBのUltraATAハードディスク2台と20GBのUltraSCSIハードディスク1台の合計3台のハードディスクを搭載することができた。

500 MHzバージョンは、2000年2月16日に再発表され、 400および450 MHzモデルも同時に出た。 DVD-RAMおよびZipドライブは、これらの450 MHzおよび500 MHzモデルに搭載され、400 MHzモデルではオプションだった。

Power Mac G4 (Gigabit Ethernet)

2000年7月19日にMacworld Expo New Yorkで発表された。この新しい機種には、デュアルプロセッサの450 MHzおよび500 MHzモデルと、ローエンドのシングルCPU 400 MHzモデルがあった。また、ギガビットイーサネットを標準装備した最初のパーソナルコンピュータでもある。

このPower Mac G4のMotorola XPC107「Grackle」PCI/Memoryコントローラは、PowerPC G4が500MHz以上の速度を出すことを妨げていたため、ほとんどの人はこの改訂版をその場しのぎのリリースとみなしていた[要出典]。500MHzのデュアルCPUモデルはDVD-RAM光学ドライブを備えた。Zipドライブは全モデルでオプションであった。また、これらのモデルはApple独自のApple Display Connectorビデオポートを導入した。

Power Mac G4 (Digital Audio)

2001年1月9日にデビュー。「グラファイト」ケースのまま、ロジックボードを刷新した。モトローラは、より高速なクロック周波数を実現するために、新しいPowerPCG4設計に7番目のパイプラインステージを追加。4番目のPCIスロット、133MHzのシステムバス、改良された4X AGPスロット、新しい「デジタルオーディオ」TripathクラスTアンプサウンドシステムなどの新機能が追加された。

466MHz、533MHz、デュアル533MHz、667MHz、733MHzの構成で提供され、後者2つには新しいPowerPC 7450プロセッサーを使用していた。RAMスロットは3つに減り、最大1.5ギガバイトのPC133 SDRAMが搭載できるようになった。

733 MHzモデルは、内臓DVD-RドライブまたはAppleブランドのSuperDriveを搭載した最初のMacintoshであり、残りの製品ラインは、 CD-RWドライブを搭載した最初のMacとなった。

機種名 Power Mac G4 (PCI Graphics) Power Mac G4 (AGP Graphics) Power Mac G4 (Gigabit Ethernet) Power Mac G4 (Digital Audio)
コード名 Yikes! Sawtooth, P5, Project E Mystic, Medusa2, SnakeBite Tangent, Clockwork
 
モデル識別子 PowerMac1,2 PowerMac3,1 PowerMac3,3 PowerMac3,4
プロセッサー 350または400 MHz PowerPC G4(7400) 350、400、450または500 MHz PowerPC G4(7400) 400、デュアル450またはデュアル500 MHz PowerPC G4(7400) 466、533、デュアル533、667、または733 MHz PowerPC G4(7400/7410/7450)

CPUキャッシュ CPUあたり64KB L1、512KBまたは1MBバックサイドL2キャッシュ(1:2) 64 KB L1、256 KB(1:1)または1 MB(1:2)L21 MB L3(733 MHz)
フロントサイドバス 100 MHz 133 MHz
メモリー 64、128、256、512 MB、または1GB PC100 SDRAM
1GBまで拡張可能
64、128、256、512 MB、1または2 GB PC100 SDRAM
2GBまで拡張可能。 Mac OS 9では1.5GBしか利用できない
128、256、または512 MB PC133 SDRAM

1.5GBまで拡張可能
グラフィックスカード 16MBのVRAMを搭載したATI Rage 128
66 MHzPCIスロット
16MBのVRAMを搭載したATI Rage128またはATI Rage 128 Pro
AGP 2x
16 MBVRAMを搭載したATI Rage 128Proまたは32MBVRAMを搭載したATI Radeon
AGP 2x、ADCモニターサポート付き
16 MBVRAMを搭載したATI Rage 128Pro、32 MBVRAMを搭載したATI RadeonまたはNvidia GeForce 2 MX、64MBVRAMを搭載したGeForce 3
ハードドライブ 10 GB ATA
最大128GB
10、20、または27 GB 7200-rpm ATA
18または36GB 10K-rpm SCSI
最大128GB(10.4.11以降は、特別なソフトウェア使用で128GBを超えるハードドライブをサポート)
20 GB 5400 rpm、30または40 GB 7200 rpm ATA
36または72GB 10K-rpm SCSI
最大128GB(10.4.11以降は、特別なソフトウェア使用で128 GBを超えるハードドライブをサポート)
30 GB 5400 rpm、40または60 GB 7200 rpm ATA
36または72GB SCSI
最大128GB(10.4.11以降は、特別なソフトウェア使用で128 GBを超えるハードドライブをサポート)
Ultra ATA/33 Ultra ATA/66 (オプションのUltra2 LVD SCSI) Ultra ATA/66 (オプションのUltraSCSIまたはUltra160 SCSI)
光学式ドライブ 32倍速CD-ROMまたはDVD-ROM 32倍速CD-ROM、DVD-ROM、またはDVD-RAM DVD-ROMまたはDVD-RAM CD-RWまたはDVD-ROMまたはDVD-R / CD-RW SuperDrive (733上 MHzモデルのみ)
接続性 10/100BASE-Tイーサネット
56kモデム
オプション: AirMac 802.11b
10/100BASE-Tイーサネット
56kモデム
オプション: AirMac 802.11b
ギガビットイーサネット
56kV.90モデム
拡張 Zipドライブベイ(Zipドライブは450mhz(400mhz pre-2000)および500mhz(450mhz pre-2000)「Sawtooth」モデルに標準装備。他のすべてのモデルではオプション)
64ビット33 MHzPCIスロット x1
66MHz PCIスロット(ビデオ専用) x1
1× Zipドライブベイ(オプションのZipドライブ)
64ビット33 MHz PCIスロット x1
2×AGPスロット(ビデオ専用) x1
1× Zipドライブベイ(オプションの250 MB Zipドライブ)
64ビット33 MHzPCIスロット x4
4x AGPスロット(ビデオ専用) x1
スピーカ 内蔵モノラルスピーカ
FireWire FireWire 400 x2
USB USB1.1 x2
サウンド入出力 オーディオ入力ミニジャック, オーディオ出力ミニジャック オーディオ入力ミニジャック, オーディオ出力ミニジャック, AppleProスピーカーミニジャック
最終対応OS Mac OS X10.4.11 TigerおよびMacOS 9.2.2
非公式にサードパーティのソフトウェアを介して10.5 Leopardをサポートできる
重さ 13 kg(28.7ポンド 13.6 kg(30ポンド 13.6 kg(30ポンド 13.6 kg(30ポンド)

Quicksilver編集

 
Power Mac G4(Quicksilver)
 
Power Mac G4 (Quicksilver) のケースを開けた状態

2001年7月18日に開催されたMacworld Expo New Yorkでは、Quicksilverと呼ばれる外観デザインを一新した筐体と、さまざまなスペックアップを施した新ラインがデビューした。733MHz、867MHz、800MHzのデュアル構成が用意された[7]。733MHzのモデルは、レベル3キャッシュを搭載していないのが特徴である。ミドルレンジの867MHzモデルにはSuperDriveが搭載され、UltraATA/100のハードディスクは全モデルで提供された。内蔵スピーカがアップグレードされ、Harman/Kardon製のものが採用された。

Quicksilverラインは、MacWorldのレビューで、「イジェクト」ボタンとマニュアルイジェクトピンホール、パススルーモニター電源プラグを削除したことと、基本仕様の128MB RAMはMac OS Xを実行するには不十分であるということが批判された[8]

更新されたQuicksilverマシンは、正式名称をPower Mac G4 (Quicksilver 2002)と呼ばれ、2002年1月28日に800MHz、933MHz、デュアル1GHzの構成で発表された。これは、1GHzに到達した最初のMacである。このときも、800MHzのローエンドモデルにはレベル3キャッシュが搭載されていなかった。新しいQuicksilverマシンでのグラフィックカードは、Nvidia GeForce4 Ti/MXまたはATI Radeon 7500が搭載された。また、128GB以上のハードディスクに対応するため、48bit LBAのATAコントローラを搭載したモデルもある。

機種名 Power Mac G4(Quicksilver) Power Mac G4(Quicksilver 2002) Power Mac G4(Quicksilver 2002ED)
コード名 "Titan, Nichrome"
モデル識別子 PowerMac3,5
プロセッサー 733、867、またはデュアル800 MHz PowerPC G4(7450) 733(教育市場専用)、800、933 MHz、またはデュアル1 GHz PowerPC G4(7450/7455) 867 MHz PowerPC G4(7455)教育市場専用
CPUキャッシュ 64 KB L1、256 KB(1:1)L22 MB L3(867 /デュアル800 MHz) 64 KB L1、256 KB(1:1)L22 MB DDR L3(933 /デュアル1 GHz) 64 KB L1、256 KB(1:1)L2
フロントサイドバス 133 MHz
メモリー 128、256、または512 MB PC133 SDRAM

1.5GBまで拡張可能
グラフィックス 32 MB VRAMを搭載したNvidia GeForce2 MX、TwinViewを搭載したGeforce 2 MX、または64 MB VRAMを搭載したGeforce 3 32 MB VRAMを搭載したATI Radeon 7500、64 MB VRAMを搭載したNvidia GeForce 4 MX、または128 MB VRAMを搭載したGeForce 4 Ti 32 MB VRAMを搭載したNvidia GeForce 4 MX
ハードドライブ 40 GB 5400 rpm、60または80 GB 7200 rpm ATA
36または72GB SCSI
最大128GB
40、60、または80 GB 7200-rpm ATA
36または72GB SCSI
128GBを超えるハードドライブをサポート
40 GB 7200-rpm
128GBを超えるハードドライブをサポート
Ultra ATA/66 (オプションのUltraSCSIまたはUltra160 SCSI)
光学式ドライブ CD-RWまたはCD-RW / DVD-ROMコンボドライブまたはDVD-R / CD-RW SuperDrive (867およびデュアル800モデルのみ) CD-RW
接続性 オプションのAirMacの802.11b
ギガビットイーサネット
56k V.90モデム
拡張 Zipドライブベイ(オプションの250 MB Zipドライブ) x1
64ビット33 MHzPCIスロット x4
4x AGPスロット(ビデオ専用) x1
スピーカ 内蔵モノラルスピーカ
FireWire FireWire 400 x2
USB USB1.1 x2
サウンド入出力 オーディオ入力ミニジャック

オーディオ出力ミニジャック

AppleProスピーカーミニジャック

最大オペレーティングシステム Mac OS X10.4.11 TigerおよびMacOS 9.2.2 (733およびデュアル800 MHz) Mac OS X10.4.11 TigerおよびMacOS 9.2.2 (733および800 MHz) Mac OS X10.5.8 Leopard
Mac OS X 10.5.8 Leopard (867 MHz) Mac OS X 10.5.8 Leopard(933MHzおよびデュアル1GHz)
重さ 13.6 kg(30ポンド)

Mirrored Drive Doors/FW800編集

 
Power Mac G4 (Mirrored Drive Doors)

「Mirrored Drive Doors」(MDD)と名付けられた新世代のPower Mac G4は、新しいXserveから派生したDDRアーキテクチャと改訂されたケースデザインを備え、2002年8月17日に発売された[9]867 MHz1 GHzまたは1.25 GHzするデュアルプロセッサ構成で発売された。 Xservesと同様に、使用されるPowerPC 7455 CPUにはDDRフロントサイドバスがない。つまり、133MHzフロントサイドバスモデルのCPUは、新しいシステムの理論上のメモリ帯域幅の最大50%しか使用できず、以前のモデルに比べて改善されない。残りの帯域はグラフィックカードとI/Oシステムで利用できた。騒音が問題化し、静音ファンを搭載した電源ユニットへ交換出来る「Power Mac G4 パワーサプライエクスチェンジプログラム」が無償の在宅自己交換サービスとして、2003年6月30日まで実施された[10][11]

Power Mac G4シリーズの最終アップデート、FW800モデルは、2003年1月28日に行われ、デュアルPowerPC 7455プロセッサ 1.42GHzを提供した。新しい機能として、内蔵FireWire 800、オプションのBluetoothAirMac Extremeがある。FW800モデルは、Mac OS 9で起動できない最初のPower Macである[12]

2003年6月23日のPower Mac G5の発売後にも、Mac OS 9マシンの需要があるため、Appleは2002年8月のPower Mac G4 (MDD)を再導入した。シングルプロセッサの1.25 GHzモデルは、2003年6月に発表された新しいPower Mac G5の発表後、同社が販売した最後のPower Mac G4であった。Power Mac G5が遅れたことから、比較的短期間だったが、低価格なこともあり良く売れた。 2004年6月27日に生産が停止され、残りは在庫処分され、このモデルの廃止により、Classic Mac OSで起動するMacの20年間が終了した。

 
Power Mac G4 (Mirrored Drive Doors)のケースを開けた状態
 
Power Mac G4 (MDD 2003)のケースを開けた状態
 
Power Mac G4 (FW800) Dual 1.42GHzモデル専用の銅製ヒートシンク
機種名 Power Mac G4 (Mirrored Drive Doors) Power Mac G4 (FW800) Power Mac G4 (Mirrored Drive Doors 2003)
コード名 P57 P58 P59
モデル識別子 PowerMac3,6
モデル番号(注文番号) M8570(M8787J/A、M8689J/A、M8573J/A) M8570(M8839J/A、M8840J/A、M8841J/A) M8570(M9145J/A、M9309J/A)(M9309J/A)は(M8573J/A)の再リリース版
プロセッサー デュアル867 MHz、デュアル1 GHz、またはデュアル1.25 GHz PowerPC G4(7455) 1 GHz、デュアル1.25 GHzまたはデュアル1.42 GHz PowerPC G4(7455) 1.25 GHzまたはデュアル1.25 GHz PowerPC G4(7455)
CPUキャッシュ 64 KB L1、256 KB L2、1MBまたは2MB DDR L3
フロントサイドバス 133 MHz (867 MHz DP) 133 MHz (1 GHz) 167 MHz
167 MHz (1 GHz DP +) 167 MHz (1.25 GHz DP +)
メモリー 256、512 MB PC-2100(デュアル867 MHz)、またはPC-2700(デュアル1+ GHz)DDR SDRAM
2 GBに拡張可能(4 x 512 MB PC-3200 DDR SDRAM)
256、512 MB PC-2100(1 GHz)、またはPC-2700(Dual 1.25+ GHz)DDR SDRAM
2 GBに拡張可能(4 x 512 MB PC-3200 DDR SDRAM)
256、512 MB PC-2700 DDR SDRAM
2 GBに拡張可能(4 x 512 MB PC-3200 DDR SDRAM)
グラフィックスカード 32 MB VRAMを搭載したNvidia GeForce 4 MX、64 MB VRAMを搭載したATI Radeon 9000 Pro、または128 MB VRAMを搭載したGeForce 4 Ti
256 MB VRAMを搭載したNvidia GeForce 7800 GSにアップグレード可能(最後にサポートされたGPU)
Nvidia GeForce 4 MXまたはATI Radeon 9000 Pro(64 MB VRAM)、GeForce4TiまたはRadeon 9700 Pro(128 MB VRAM)
256 MB VRAMを搭載したNvidia GeForce 7800 GSにアップグレード可能(最後にサポートされたGPU)
64 MB VRAMまたはNvidia GeForce4 Ti 128MBを搭載したATI Radeon 9000 Pro
256 MB VRAMを搭載したNvidia GeForce 7800 GSにアップグレード可能(最後にサポートされたGPU)
ハードドライブ 60、80、または120 GB 7200-rpm ATA
36または72GB Ultra 160 SCSI
60、80、または120 GB 7200-rpm ATA 80または160GB 7200-rpm ATA
Ultra ATA/133(2)およびUltra ATA/66(2) オプションのUltraSCSIまたはUltra160 SCSI Ultra ATA/133(2)およびUltra ATA/66(2) オプションのUltra SCSI Ultra ATA/133(2)およびUltra ATA/66(2)
光学式ドライブ CD-RW / DVD-ROMコンボドライブ
またはDVD-R / CD-RW SuperDrive
(オプションの追加コンボドライブ)
接続性 オプション: AirMacの802.11b
ギガビットイーサネット56kV.92モデム
オプション: AirMac Extreme 802.11b/g
ギガビットイーサネット
56kV.92モデム
オプションのBluetooth1.1
オプション: AirMac 802.11b
ギガビットイーサネット
56kV.92モデム
スピーカ 内蔵モノラルスピーカ
FireWire FireWire 400 x2 FireWire 800 x2

FireWire 400 x2

FireWire 400 x2
USB USB1.1 x2
サウンド入出力 オーディオ入力ミニジャック

オーディオ出力ミニジャック

AppleProスピーカーミニジャック

拡張 64ビット66 MHz PCIスロット(5Vのみ) x4
4x 133 MHz AGPスロット(ビデオ専用) x1
最終対応OS Mac OS X 10.5.8 Leopard
Mac OS 9.2.2はネイティブでサポートされ、Mac OS 9.1以降はClassic環境でもサポート Classic環境のみのMac OS 9.1以降 ネイティブでサポートされているMac OS 9.2.2およびClassic環境でMac OS 9.1以降(Classic Mac OSをネイティブでサポートする最終モデル)
重さ 19.1 kg(42 ポンド)

参照編集

出典編集

  1. ^ Apple Unveils 'Personal Supercomputer'”. SFGate (1999年9月). 2021年12月12日閲覧。
  2. ^ Apple steps up to G4 Macs”. ZDNet. 2017年9月4日閲覧。
  3. ^ Power Mac G4 (AGP Graphics) - 技術仕様 (日本)”. support.apple.com. 2022年1月10日閲覧。
  4. ^ The 400 MHz PowerMac Reviewed”. The Mac Observer (2000年2月21日). 2008年10月19日閲覧。
  5. ^ The Apple Power Macintosh G4 400MHz PCI”. Forevermac.com. 2011年11月30日閲覧。
  6. ^ Power Mac G4 (PCI Graphics) - Technical Specifications”. 2017年9月4日閲覧。
  7. ^ アップル、新型Power Mac G4ラインアップを発表” (日本語). Apple Newsroom (日本). 2022年1月15日閲覧。
  8. ^ Hands on with the Power Mac G4/867”. MacWorld (2001年8月25日). 2017年9月10日閲覧。
  9. ^ システムアーキテクチャと内部構造を一新したPowerMac G4”. pc.watch.impress.co.jp. 2022年1月15日閲覧。
  10. ^ Apple offers Power Mac Power Supply Exchange Program” (英語). Macworld. 2022年1月15日閲覧。
  11. ^ アップル - サポート - 過去のお知らせ - Power Mac G4 パワーサプライエクスチェンジプログラム」受付終了のお知らせ”. www.apple.com. 2019年12月18日閲覧。
  12. ^ アップル、新PowerMac G4シリーズをデモ”. pc.watch.impress.co.jp. 2022年1月15日閲覧。