NEO FASCIO TURNING POINT』(ネオ・ファッショ・ターニング・ポイント)は、日本のミュージシャンである氷室京介の2作目のライブ・ビデオ。1990年7月27日にVHSLDで発売され、2009年3月18日には、DVD仕様で再発売された。

NEO FASCIO TURNING POINT
氷室京介ライブ・ビデオ
リリース
録音 1990年4月3日
東京ドーム
ジャンル ロック
時間
レーベル 東芝EMI
プロデュース 後藤由多加
土屋浩
チャート最高順位
氷室京介 映像作品 年表
KING OF ROCK SHOW of 88'S-89'S TURNING PROCESS
1989年
NEO FASCIO TURNING POINT
(1990年)
Birth of Lovers
(1990年)
テンプレートを表示
NEO FASCIO TOUR
NEO FASCIO ENCORE TOUR ARENA '90
収録会場となった東京ドーム
氷室京介 の ツアー
場所 横浜アリーナ
渋谷公会堂
日本武道館など全25か所(NEO FASCIO TOUR)
大阪城ホール
東京ドームなど全7か所(NEO FASCIO ENCORE TOUR ARENA '90)
関連アルバム NEO FASCIO
初日 1989年10月6日
最終日 1990年4月3日
公演数 全38公演(NEO FASCIO TOUR)
全7公演(NEO FASCIO ENCORE TOUR ARENA '90)
氷室京介 ツアー 年表
  • KING OF ROCK SHOW "FLOWERS for ALGERNON"
  • (1988年)
  • NEO FASCIO TOUR
  • (1989年〜1990年)
  • NEO FASCIO ENCORE TOUR ARENA '90
  • (1990年)
映像外部リンク
KYOSUKE HIMURO TOUR1989-90 -NEO FASCIO-
KYOSUKE HIMURO 「DEAR ALGERNON」(1989年 NEO FASCIO TOUR)

解説

編集
  • 氷室京介が1989年に行ったライブ・ツアー「"NEO FASCIO"TOUR」の翌年に、追加公演として行われたライブ・ツアー「"NEO FASCIO ENCORE" TOUR ARENA '90」からツアー最終日、1990年4月3日の東京ドームでのライブ映像が収録されている[2]

収録曲

編集
  1. OVERTURE
  2. NEO FASCIO
    • 作詞:松井五郎 / 作曲:氷室京介 / 編曲:氷室京介、佐久間正英
  3. ESCAPE
    • 作詞:松井五郎 / 作曲:氷室京介 / 編曲:氷室京介、佐久間正英
  4. CHARISMA
    • 作詞:松井五郎 / 作曲:氷室京介 / 編曲:氷室京介、佐久間正英
  5. COOL
    • 作詞:松井五郎 / 作曲:氷室京介 / 編曲:氷室京介、佐久間正英
  6. MISTY
    • 作詞:松井五郎 / 作曲:氷室京介 / 編曲:氷室京介、佐久間正英
  7. DEAR ALGERNON
    • 作詞・作曲:氷室京介 / 編曲:吉田建、氷室京介
  8. SEX & CLASH & ROCK'N'ROLL
    • 作詞:氷室京介、松井五郎 / 作曲:氷室京介 / 編曲:吉田建、氷室京介
  9. TASTE OF MONEY
    • 作詞:氷室京介 / 作曲:氷室京介、吉田建 / 編曲:吉田建、氷室京介
  10. SUMMER GAME
    • 作詞・作曲:氷室京介 / 編曲:氷室京介、佐久間正英
  11. ANGEL
    • 作詞・作曲:氷室京介 / 編曲:吉田建、氷室京介
  12. ALISON
    • 作詞:氷室京介、松井五郎 / 作曲:氷室京介 / 編曲:吉田建、氷室京介
  13. CALLING
    • 作詞:氷室京介、松井五郎 / 作曲:氷室京介 / 編曲:氷室京介、佐久間正英
  14. LOVE SONG
    • 作詞:氷室京介、松井五郎 / 作曲:氷室京介 / 編曲:氷室京介、佐久間正英

参加ミュージシャン

編集

脚注

編集
  1. ^ NEO FASCIO TURNING POINT | 氷室京介”. ORICON NEWS. オリコン. 2022年2月22日閲覧。
  2. ^ 氷室京介 / NEO FASCIO TURNING POINT [DVD]”. CD Journal. 2022年2月2日閲覧。