NSG王座(エヌ・エス・ジー・おうざ)は、デビュー10年未満を対象にした女子プロレスの王座。

歴史編集

2005年12月4日、女帝(ジャガー横田&デビル雅美)プロデュース興行「Belief」新宿FACE大会で行われたトーナメント戦「トーナメント・オブ・ネクスト・シャイニング・ジェネレーション」で優勝した闘獣牙Leonが初代王者になった[1]

2006年9月2日、ドリームキャッチャー新木場1stRING大会でNSG王者のHikaru対EWA王者のウェズナー・ビュージックのダブルタイトルマッチが行われ、ビュージックが勝利したが、試合後にビュージックがNSG王座のチャンピオンベルトをリングに叩きつけて足で踏みつける暴挙を働き[2]、そのまま封印された。

歴代王者編集

歴代 選手 防衛回数 獲得日付 獲得場所(対戦相手・その他)
初代 闘獣牙Leon 2 2005年12月4日 新宿FACE、対戦相手不明
第2代 Hikaru 0 2006年4月2日 新宿FACE
第3代 ウェズナー・ビュージック 0 2006年9月2日 新木場1stRING、封印

脚注編集

[脚注の使い方]