メインメニューを開く

CHICK FIGHTS SUN(チック・ファイツ・サン)は、かつて存在した日本女子プロレス団体。「CHICK FIGHTS」は「女子プロレス」の俗称。運営はファースト・オン・ステージ

目次

団体名の由来編集

「女子プロレス界の太陽になるため」でロゴマークには自由の女神を使用している。方針はアメージング・コングを筆頭とした対アメリカ、対外国人選手を軸にしていく。これはファースト・オン・ステージの前身であるプロレスリングZERO-ONEの特色であり、その影響を受けたものと思われる。

概要編集

2005年全日本女子プロレスの解散後に元全日本女子所属選手の高橋奈苗(現:高橋奈七永)が自主興行「ドリームキャッチャー」を開催していたが高橋のマネジメント先であったKOプロダクションの事業停止を受けてプロレスリングZERO1-MAX(現:プロレスリングZERO1)が運営してZERO1-MAX女子部を設立予定だったファースト・オン・ステージが吸収して設立。所属選手とスタッフは全員元全日本女子であり夏樹☆たいよう以外は全日本女子解散まで所属していたため実質、全日本女子系譜を受け継ぐ女子プロレス団体であったと言える。ドリームキャッチャーのフロントは、そのままファースト・オン・ステージに移り運営している。

歴史編集

タイトル編集

所属選手編集

スタッフ編集

レフェリー編集

リングアナウンサー編集

過去の所属選手編集