NTT技術史料館

東京都武蔵野市にある企業博物館

NTT技術史料館(NTTぎじゅつしりょうかん、NTT History Center of Technologies.)は、東京都武蔵野市緑町にあるNTT企業博物館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg NTT技術史料館
 NTT HISTORY CENTER OF TECHNOLOGIES

NTT History Center of Technologies.JPG

施設情報
正式名称 NTT技術史料館
専門分野 通信
管理運営 日本電信電話株式会社
開館 2000年11月
所在地 180-0012
東京都武蔵野市緑町3-9-11
武蔵野R&Dセンタ内
位置 北緯35度43分9.9秒 東経139度33分53.1秒 / 北緯35.719417度 東経139.564750度 / 35.719417; 139.564750座標: 北緯35度43分9.9秒 東経139度33分53.1秒 / 北緯35.719417度 東経139.564750度 / 35.719417; 139.564750
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

2000年11月に開館[1]1952年日本電信電話公社が設立した。1985年発足以降のNTTグループの技術史料を「歴史をたどる」と「技術をさぐる」の二部構成で展示している[2]。なお、所蔵品のうち50点余りを2013年に閉館した逓信総合博物館内の「NTT情報通信館」より継承している[3]

利用案内編集

  • 開館時間:10:00 - 17:00
  • 休館日:土日祝日および年末年始
  • 一般公開日:毎週木・金曜日 13:00~17:00(入場は16:30まで)
  • 入館料:無料

団体利用、NTTグループ会社内利用は一般公開時間外も利用可能。

交通アクセス編集

  • 西武新宿線東伏見駅南口から
    • 徒歩15分
  • JR三鷹駅北口より
    • 関東バス鷹01「北裏」行・鷹02「武蔵関駅」行・鷹03「田無橋場」行にて、「武蔵野市役所前」下車、徒歩5分。
    • 関東バス鷹40「NTT武蔵野研究開発センタ」行にて、「NTT武蔵野研究開発センタ」下車、徒歩0分。

主な収蔵資料編集

出典編集

  1. ^ 最初の日米間TCP/IP接続実験に使われたルーター、NTT技術史料館で展示”. INTERNET Watch (2013年2月13日). 2015年2月11日閲覧。
  2. ^ NTT技術史料館について”. NTT技術史料館. 2015年2月11日閲覧。
  3. ^ NTT技術史料館の2階で、特別企画展「ていぱーく寄贈展」を開催中!”. NTT技術史料館. 2015年2月11日閲覧。
[脚注の使い方]

外部リンク編集