ノイエ・ハース・グロテスクNeue Haas Grotesk)は、1957年にハース社が発表したサンセリフの欧文書体。その後1960年にステンペル社がHelveticaとして発表した。

Neue Haas Grotesk

歴史[1]編集

Neue Haas Groteskの登場編集

スイスのハース社は新しい書体を開発する為に、マックス・ミーディンガー(Max A.Miedinger)にデザインを依頼した。内容としては、Akzidenz-Groteskという名前のドイツの書体をコピーすることだった。しかし、マックス・ミーディンガーは、オリジナルで作りたいと思い、同僚のエデュアード・ホフマンと、新しい書体を考え続けた。

1957年に、Neue Haas Groteskが完成した。 Neue Haas Groteskとは、新しいハース社のグロテスク書体(グロテスク=サンセリフ体)という意味である。

Helveticaの誕生編集

Neue Haas Groteskの完成に伴い、世界に書体の版権販売を考えた末、当時のスイスの合理主義に沿って究極の「認識しやすい」書体として生まれた書体にラテン語で「スイス」という意味のHelvetia(ヘルベチア)という名前をつけようとした。しかし、書体に国名をつけることはよくない為、Helvetica(=スイスの)という名前に変更した。

そして、1960年にステンペル社がHelveticaを発表した。アメリカ、イギリス等の公共機関や世界のトップ企業はこぞってHelveticaを採用した。

Neue Haas Groteskのデジタル化[2]編集

Neue Haas Groteskをデジタル化したのは、Commercial Typeのメンバーであるクリスチャン・シュワルツ(Christian Schwartz)。

当初はLinotype社から発売されていたが、後にFont Bureau社も取り扱いを始めた。Font Bureau社は、後手ながら特設サイトを開設するなど、大々的にプロモーションをしている。

ファミリー構成[2]編集

Neue Haas Grotesk Text編集

本文用向けのText。Roman/Medium/Bold/の3ウェイト展開。それぞれイタリック体がある。等幅数字を備え、小さいサイズでも可読性を維持できるように調整されている。

Neue Haas Grotesk Display編集

見出し用向けのDisplay。XXThin/XThin/Thin/Light/Roman/Medium/Bold/Blackの8ウェイト展開。それぞれイタリック体がある。スペーシングが横広にならないように調整されている。

Helveticaとの違い[3]編集

“a”と“R”のバリエーション[4]編集

“a”の場合は、終筆のハネの部分の形状が異なり、あまりハネていないものが入っている。

Ultra LightからRomanまではハネている“a”がデフォルト、MediumからBlackまではハネていない“a”がデフォルトとなっている。

“R”は、カーブの少ない物が入っている。

“R”では、通常の“R”がデフォルトとなっている。

斜体の違い編集

Helveticaの斜体は、通常形状を12°傾けることによって製作された。対して、Neue Haas Groteskの傾斜は、適切に修正され、滑らかな曲線、ストロークの太さ、全体的な視覚的調和が得られるように製作されている。

採用例編集

Windows 10では、Neue Haas Grotesk Textが搭載されている。[5][6]

出典編集

  1. ^ ヘルベチカ Helvetica 世界中に愛される定番タイポグラフィと意外な誕生秘話”. 2020年5月7日閲覧。
  2. ^ a b Neue Haas Grotesk — Helveticaの元になったと言われる金属活字がフォント化!その正体とは?”. 2020年5月7日閲覧。
  3. ^ Neue Haas Grotesk(Features)”. 2020年5月7日閲覧。
  4. ^ 残暑にNeue Haas Grotesk”. 2020年5月7日閲覧。
  5. ^ New fonts in Windows 10”. 2020年5月7日閲覧。
  6. ^ Windows 10で「Neue Haas Grotesk」等がひっそりと使えるようになっていた件”. 2020年5月7日閲覧。

関連項目編集