メインメニューを開く

ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999』(オリジナル・シングル・バック・トラックス・1984-1999)は2012年5月23日にリリースされたTM NETWORKベスト・アルバム

ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999
TM NETWORKベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ソニー・ミュージックダイレクト
チャート最高順位
TM NETWORK アルバム 年表
THE SINGLES 2
2009年
ORIGINAL SINGLES 1984-1999
ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999
2012年
DRESS2
2014年
『ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999』収録のシングル
  1. Get Wild (Original Single Back Track)
    リリース: 2017年4月12日
テンプレートを表示

解説編集

2008年以来、約4年ぶりに活動を再開したTM NETWORKのベスト・アルバム。

本作はメインボーカルの入っていない史上初のオリジナル音源のインストゥルメンタル(以下、インスト)集となっており、コーラスのみが入っているオリジナルカラオケ(以下、オリカラ)である。基本的には「今作初収録曲」「全てオリカラ」であるが、「過去にリリースされたシングルのC/Wがインスト曲」はリマスタリングとなっている。各シングル曲(A面曲)とそのC/W曲(B面曲)両方が収録されているが、先述の過去にリリースされたC/Wがインスト曲、もしくはライブ音源となっている曲(「DRAGON THE FESTIVAL」のC/W、「KISS YOU」のC/Wなど)はこの限りではない。また「Come on Let's Dance」のC/W曲「You can Dance」や、ならびに「COME ON EVERYBODY (with Nile Rodgers)」のC/W「COME ON LET'S DANCE (DANCE SUPREME)」、「KISS YOU (KISS JAPAN)」のC/W「TIME (PASSED SO SLOWLY)」、「GET WILD '89」のC/W「FOOL ON THE PLANET (WHERE ARE YOU NOW)」、「RHYTHM RED BEAT BLACK (Version 2.0)」は未収録となっている。「シングル1984-1999」とあるように、EPIC時代(1984年 - 1994年)とTRUE KiSS DiSC時代(1999年)が本作の収録範囲となっている。

収録曲編集

凡例編集

  • 無印:本作初収録曲(コーラスのみ存在する「オリカラ」)
  • (☆):既存ではインスト曲であったが『新たにオリカラ』として収録された曲、
  • (★):既存のままで『リマスタリングのみ』。

※既存版と明らかに異なるアレンジ箇所は各々特記。

DISC1編集

  1. 1974 (16光年の訪問者)
  2. パノラマジック (アストロノーツの悲劇)
  3. 金曜日のライオン (Take it to the Lucky)
  4. クロコダイルラップ (Get Away)
  5. アクシデント
  6. FANTASTIC VISION
  7. DRAGON THE FESTIVAL (Zoo Mix)(Short Version)
    既存版と若干異なり『2サビ→3Aメロ間の間奏』が少しカットされている。
  8. YOUR SONG ("D"Mix)
    既存版と若干異なり2サビ→リフレインまでの間奏が『オーケストラル・ヒットが省略されてドラムのみ』となっている。
  9. Come on Let's Dance (This is the FANKS DYNA-MIX)(Short Version)
    イントロ部分はシングル版で、リフレインやアウトロはアルバム版の構成でプロモーションビデオ版と同じテイクとなっている。
  10. GIRL
  11. 雨に誓って〜SAINT RAIN〜
  12. All-Right All-Night (No Tears No blood)(☆)
    オリジナルシングル版では『1サビ→2Aメロの間奏は2フレーズ』であるが、本作では1フレーズとなっている。
  13. Self Control (方舟に曳かれて)(★)
    オリジナルシングル版ではアウトロはカットアウトであるが、本作ではフェードアウト
  14. Get Wild
  15. Fighting(君のファイティング)

DISC2編集

  1. Kiss You (世界は宇宙と恋におちる)
  2. RESISTANCE
  3. COME BACK TO ASIA
  4. BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)(☆)
    CDオリジナルシングル版ではアウトロはカットアウトであるが、本作ではEP版のフェードアウト
  5. SEVEN DAYS WAR
  6. GIRL FRIEND(☆)
  7. COME ON EVERYBODY(★)
  8. JUST ONE VICTORY (たったひとつの勝利)(Remix Version)
  9. STILL LOVE HER (失われた風景)
    既存版ではアウトロフェードアウトであるが、本作ではカットアウトとなっている。
  10. GET WILD '89(Short Version)(☆)
    既存版とは異なり、オリジナル版の様なイントロ、間奏、アウトロとなっている他ディストーションギターなどの音も入っている別テイク。Epic/Sony Recordsより1991年に発売されたコンピレーションアルバム「BEAT EXPRESS ORIGINAL KARAOKE VOX for men」に収録されていたもの。ただしこちらは『コーラスも全く入っていない』純然たるインストバージョン。1st verse からのフックが違う音源からの物であり、オリジナルに近い(カラオケ)バージョンを改めて製作するには、「BEAT EXPRESS ORIGINAL KARAOKE VOX for men」のバージョンが、唄入りのDisc 1とミックスで音圧は低いが高精度にできる(youtubeにおいて発表されている)。
  1. KISS YOU (KISS JAPAN)
  2. COME ON EVERYBODY (with Nile Rodgers)
  3. DIVE INTO YOUR BODY(★)
  4. THE POINT OF LOVERS' NIGHT(★)

DISC3編集

  1. TIME TO COUNT DOWN
    イントロのピアノ伴奏はアルバム『RHYTHM RED』と同じ2フレーズとなっている。
  2. WORLD'S END
  3. RHYTHM RED BEAT BLACK
  4. DREAMS OF CHRISTMAS
  5. Love Train
  6. We love the EARTH
  7. WILD HEAVEN
  8. 一途な恋(★)
  9. Nights of The Knife(★)
  10. GET WILD DECADE RUN(★)
    既存ではアナログ版のみであったが、今回CDデジタル音源として本作初収録。
  11. IT'S GONNA BE ALRIGHT(★)
  12. 10 YEARS AFTER-BOB BLOCKMAN MIX-(★)
  13. 80's
  14. Happiness×3 Loneliness×3(★)