メインメニューを開く

Op-edopposite the editorial page / opposite editorial[1]、オプ・エド)とは新聞の記事のうち通常、当該紙の編集委員会の支配下にない外部の人物が、ある新聞記事に対して同じ新聞内で意見や見解(反論や異論)を述べる欄[1]。その著した記事。寄稿。またこのようなメディアの制度、反論権[2][1]社説の反対側に設けられることからこの名がついた[3]。Opinion-editorialの略とするものは誤り。社説が主に社内の編集委員によって執筆され署名されないのに対し、op-edは社外の人物が署名付きで執筆するという点が異なる。

概要編集

1970 年代にワシントンポストが始めたのをきっかけに現在では全世界のメディアに採用が広がった制度[1]。Op-ed(オプエド)では、同じ新聞に異なった記事が掲載されることで、同じ社の記者同士が激しく論争することもあり、結果として言論の活性化に繋がっているとされ、また、それによって多様性と少数意見を保つというジャーナリズム本来の役割をも果たせるとされている[1]。 報道機関が自らの記事を絶対視することを防ぐとともに、読者もまた絶対的に正しい意見など存在しないことを知ることで、「リテラシー(情報を読み解く力)」を高める効果があるとされてい[1]、「バイライン(署名)」「ソース(情報源)」「クレジット(引用・参照元)」「コレクション(訂正欄)」と共に世界のジャーナリズムで一般的かつ重要な機能とみなされている[1][4]

歴史編集

通常の社説欄は何世紀にもわたって様々な新聞に設けられてきたが、近代op-edの直接の原型と言えるのものは1921年ハーバート・スウォープによってThe New York Evening World紙で設けられたものである。1920年に同紙の編集者となったスウォープは、社説の反対側が「書評、定形記事、訃報のゴミ箱」として使われていることに気づいた[5] 。スウォープは以下のように記した。

「オピニオンが興味深いものであればそれに勝る記事はないと気づいたから、社説の反対側を空ける手法を考えついた。 導入するとこれはアメリカで最も顕著なものになった。空いたスペースには事実を伝える記事よりもオピニオンを印刷することを決めた[6]。」

しかしスウォープが採用した記事は自社の筆者によるものであり、社外の人物に記事を書かせる現代のop-edスタイルは1970年ニューヨーク・タイムズで編集者ジョン・オークスによって初めて導入された[7]

1930年代からラジオが活字ジャーナリズムの存亡を脅かし、この風潮はテレビの普及によって加速した。このような流れに対抗するためにニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどの大手紙はより自由で主観的な意見を含んだジャーナリズムに舵をとりはじめ、その結果コラムやop-edにページをより多く割くようになった[8]

日本での取り扱われ方編集

21世紀に入ってからは、アジア、アフリカ、中東などのメディア(アルジャジーラ等)も進んでオプエドを採用するに至っているも、日本のメディアは、オプエドを採用していない世界でも数少ない例とされている[1]


  • 2014年6月、NOBORDER NEWS TOKYOが運営・制作する、Op-edを採用した報道番組「ニューズ・オプエド(R)」が開始された[1][9]
  • 2019年7月29日、TOKYO MXの番組「5時に夢中!」に出演したマツコ・デラックスの、NHKから国民を守る党に関する発言に対して、同年8月15日付で同党の党首立花孝志が番組側に、「反論できるフェアな出演機会」を求める要望書を送付した件につき[2]、上杉隆(同党幹事長)が
・公共の電波を通じて一方的になされている点は、とても危惧するところ。
・マスメディアなどによる批判・中傷を受けた者が持つ正当な権利である「反論権」を認めなければ、放送法4条の「政治的に公平」「多くの角度からの論点を明らかにすること」に違反している。
・放送局は、国民の有限な資源(電波)を政府の免許を基に使用している。いわば特別な放送形態だ。一方的な言論による封じではなく、反論権をいただきたい。
と毎日新聞にコメントしており[2]、これがOp-edの要求であるところ自身で述べた[10]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i ニューズ・オプエド ニューズ・オプエド®とは Op-ed(オプエド)
  2. ^ a b c 毎日新聞2019年8月16日 18時19分(最終更新 8月16日 18時55分)
  3. ^ op-ed. (2010). In Merriam-Webster Online Dictionary. Retrieved April 10, 2011, from http://www.merriam-webster.com/dictionary/op-ed
  4. ^ QREATORS 日本のジャーナリズムは終わってる?上杉隆が語るメディアの未来 2016.07.04
  5. ^ Meyer, K. (1990). Pundits, poets, and wits. New York: Oxford University Press.
  6. ^ Swope, H. B. as quoted in Meyer, K. (1990). Pundits, poets, and wits. New York: Oxford University Press, p. xxxvii.
  7. ^ Shafer, Jack. "The Op-Ed Page's Back Pages: A press scholar explains how the New York Times op-ed page got started." from http://www.slate.com/id/2268829/
  8. ^ Marc, David (2010). “journalism”. Grolier Multimedia Encyclopedia. http://gme.grolier.com/article?assetid=0155460-0. 
  9. ^ 2019.9.5 16:20 経済 プレスリリース
  10. ^ 立花孝志党首のオプエド 批判なくして改革なし 2019/09/03

外部リンク編集

  • DailyOpEd.com – 100紙以上のOp-edを検索(英語)
  • The Opinionator – 世界中の新聞・雑誌・ウェブ上のオピニオンのガイド(英語)