Open MPIは、Message Passing Interface(MPI)ライブラリのプロジェクトである。FT-MPI、LA-MPI、LAM/MPI、PACX-MPIなど、いくつかの他のプロジェクトの技術やリソースを組み合わせて作られている。TOP500スーパーコンピューターの多くで使用されており、2008年6月から2009年11月まで1位だったRoadrunner[2]、2011年6月から2012年6月まで1位だった京コンピュータ[3][4]でも使用されている。

Open MPI
Open MPI logo.png
最新版
4.0.3 / 2020年3月3日(9か月前) (2020-03-03
リポジトリ ウィキデータを編集
対応OS UnixLinuxmacOSFreeBSD[1]
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 ライブラリ
ライセンス New BSD Licenseフリーソフトウェア
公式サイト www.open-mpi.org
テンプレートを表示

概要編集

Open MPIは、次の3つの有名なMPI実装を合わせたものとなっている。

これらの3実装を開発したチームに、シュトゥットガルト大学のPACX-MPIチームのコントリビューターを加えた4者が、Open MPI開発チームの創立メンバーである。

Open MPIの開発者は、1つ以上の領域で優れている実装としてこれらのMPI実装を選択した。Open MPIの目標は、各プロジェクトで使用されている最も優れたアイデアと技術を使用することで、あらゆる領域で優れた世界レベルの1つのオープンソースのMPI実装を作成することである。Open MPIプロジェクトでは、トップレベルの目標として、以下のような目標を定めている。

コードモジュール編集

Open MPIのコードには主に3つのモジュールが含まれる。

  • OMPI - MPIコード
  • ORTE - オープンランタイム環境(Open Run-Time Environment)
  • OPAL - オープンポータブルアクセスレイヤー(Open Portable Access Layer)

商用の実装編集

  • Sun HPC Cluster Tools - バージョン7以降、SunはOpen MPIに移行した
  • Bullx MPI - 2010年、BullはOpen MPIをベースにしたbullx MPIのリリースを発表した[6]

参考文献編集

  1. ^ https://www.freshports.org/net/openmpi2
  2. ^ Jeff Squyres. “Open MPI: 10^15 Flops Can't Be Wrong”. Open MPI Project. 2011年9月27日閲覧。
  3. ^ Programming on K computer”. Fujitsu. 2012年1月17日閲覧。
  4. ^ Open MPI powers 8 petaflops”. Cisco Systems. 2011年9月27日閲覧。
  5. ^ Preventing forking is a goal; how will you enforce that?
  6. ^ Aurélie Negro. “Bull launches bullx supercomputer suite”. Bull SAS. 2013年9月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集