メインメニューを開く
Honeywell-Bull DPS 7 メインフレーム、1990年

Groupe Bull(グループ・ブル)は、かつて存在したフランスコンピュータ企業である。Bull Computer、単にBullとも呼ばれる。 かつてBull General ElectricHoneywell BullCII Honeywell BullBull HNなどと呼ばれたことがある。

目次

沿革編集

Bullは1931年ノルウェー人技術者 Fredrik Rosing Bullの持つパンチカード関連技術の特許を資本化するために H.W. Egli - Bullとして設立された。 1933年に再編成されてオーナーが交代となり、名称もCompagnie des Machines Bullとなった。

この会社は設立当初から数々の買収や合併を経験してきた。 特に1960~1980年代にかけては、ゼネラル・エレクトリック社、ハネウェル社、NECと関係が深く、その後はモトローラ、Debeka、フランステレコムなどと深い関係があった。 1991年にハネウェルのコンピュータ部門を獲得し、Zenith Data SystemsとPackard Bellも獲得した。 1982年、Bull は国有化され、フランスの他のコンピュータ企業と合併された。1994年、Bullは再び私企業化した。

Bullは公共、銀行、保険、通信、工業といった業種のシステムに強く、2005年時点で、Bullは100ヶ国以上で活動を行っていた。

最近の主な製品として、Itanium 2ベースサーバ NovaScale と、Power 5アーキテクチャサーバ Escalaがある。 Bullは汎用コンピュータクラスの製品ラインも持っており、多くの古くからの顧客を抱えていた。 さらにはブレードサーバのラインもあり、Linuxサポートをオプションとして行っていた。

2014年5月、アトスに買収され、統合された[1]

こぼれ話編集

Bull(ブル)という企業名は、日本語ではブルドッグを連想させるが、英語では「雄牛」という意味であり、若干荒々しい印象を与える。ちなみにフランス語では「泡」を意味する。この名前の印象を払拭するため、英語圏ではマーケティング・キャンペーンが何度も行われた。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Atos buys Bull for £503m” (英語). Computer Weekly.com (2014年5月27日). 2019年7月20日閲覧。