メインメニューを開く

PDC オーダー・オヴ・メリット

ウィキメディアの一覧記事

PDC オーダー・オヴ・メリット (PDC Order of Merit) は、プロフェッショナル・ダーツ団体の1つであるプロフェッショナル・ダーツ・コーポレイション (PDC) のワールド・ランキング・システムである。 2007 PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップの後、トーナメントの結果によりポイントを付加していくワールド・ランキング・システムに取って代わり、導入された。

決定方法編集

このオーダー・オヴ・メリットは、ゴルフPGA ヨーロピアン・ツアーに用いられるものに似ている。 各プレイヤーが、過去2年間に渡って獲得した賞金の多さにより、ランキングが、決定される[1]

なお、オーダー・オヴ・メリットに反映される賞金と反映されない賞金があるため、各プレイヤーが獲得した賞金は、オーダー・オヴ・メリットの賞金額以上の額となる。

ランキングとテレビ中継されるトーナメント編集

テレビ中継されるトーナメントでも、その結果がランキングに反映されるものと、反映されないものも存在する[1][2]

ランキングに反映されるトーナメント

以下は、プレミア・イヴェントというトーナメント区分となる。

ランキングに反映されないトーナメント

注: 国旗は、そのイヴェントの開催国を示す。
ヨーロピアン・チャンピオンシップは、 毎年違う国で、開催される。

その他の賞金編集

ランキングに反映される賞金

  • PDC ProTour
    • プレイヤーズ・チャンピオンシップ
    • UKオープン・クワリファイアー

ランキングに反映されない賞金

予選の免除編集

このランキングは、PDCのプレミア・イヴェントの予選を免除し、自動エントリーを上位プレイヤーに与える役割も、持つ。 特定の時点で条件を満たしているプレイヤーは、それぞれのプレミア・イヴェントにおける自動エントリーを得る[1]

時点 条件 トーナメント 自動エントリーの位置
7月上旬 上位16名 ワールド・マッチプレイ 第1ラウンド
9月上旬 上位16名 ワールド・グランプリ 第1ラウンド
10月上旬 上位16名 ヨーロピアン・チャンピオンシップ 第1ラウンド
12月上旬 上位32名 ワールド・ダーツ・チャンピオンシップ 第1ラウンド
ワールド・チャンピオンシップ終了後 上位6名 プレミア・リーグ・ダーツ リーグ戦

現在のPDC オーダー・オヴ・メリット編集

2011年1月3日付。 2011 PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップの結果を反映[3]

順位 プレイヤー 賞金 順位 プレイヤー 賞金
1     フィル・テイラー £973,000 17  3   フィンセント・ファン・デル・フォールト £136,500
2  3   エイドゥリアン・ルーイス £391,350 18  2   ポール・ニコルスン £131,921
3  1   ジェイムズ・ウェイド £290,742 19     ジェイミー・ケイヴン £131,585
4  7   ゲリー・アンダースン £262,450 20  2   ケヴィン・ペインター £129,042
5  2   ライモント・ファン・バルネフェルト £243,400 21     ロバート・ソーントゥン £129,670
6  1   テリー・ジェンキンズ £225,820 22  5   コー・ストンペー £104,721
7  3   サイモン・ウィットロック £221,950 23  1   デニス・プリーストゥリー £117,422
8     ロニー・バクスター £176,842 24  1   エァラン・タバーン £115,239
9     コリン・ロイド £174,385 25  1   スティーヴ・ビートゥン £113,385
10     マーク・ウォールシュ £174,542 26  1   エァンディ・スミス £111,300
11  5   マーヴィン・キング £166,250 27  2   デニス・アヴァンズ £99,835
12  3   ウェズ・ニュートゥン £161,939 28     マーク・ダッドゥブリッジ £96,450
13  12   マーク・ウェブスター £159,142 29  3   イェレ・クラーセン £92,842
14  1   ウェイン・ジョウンズ £152,900 30  1   ミハエル・ファン・ヘルヴェン £75,450
15  3   エァンディ・ヘァミルトゥン £149,536 31  1   ジョン・パート £64,342
16  2   コリン・オズボーン £152,842 32  2   バリー・ベイツ £67,142

上記の日付から日数が経過している場合、及び33位以下を閲覧したい場合は、下記を参照されたい。

現在のPDC Ordr of Merit (PDCのウェブサイト)

PDC ワールド・ナンバー・ワン・プレイヤーの変遷編集

前述した決定方法により決めているため、何度も交代する年もあれば、1度も交代しない年もある。今まで、ナンバー・ワンの座を獲得したプレイヤーは、8人である[4]

交代の年 プレイヤー
(初代) 1993 1 アラン・ウォーリナー=リトゥル
1994 11 デニス・プリーストゥリー
1995 4 ロッド・ヘァリントゥン
1996 8 フィル・テイラー
1997 2 アラン・ウォーリナー=リトゥル
1998 8 ロッド・ヘァリントゥン
2000 8 フィル・テイラー
9 ピーター・メァンリー
2001 10 アラン・ウォーリナー=リトゥル、フィル・テイラー (同時)
2002 1 アラン・ウォーリナー=リトゥル
2 アラン・ウォーリナー=リトゥル
5 フィル・テイラー
2003 1 ジョン・パート
7 フィル・テイラー
2005 2 コリン・ロイド
2006 3 フィル・テイラー
5 コリン・ロイド
2007 1 フィル・テイラー
2008 1 ライモント・ファン・バルネフェルト
7 フィル・テイラー

以前のワールド・ランキング・システム編集

以前のワールド・ランキング・システムでは、2005年と2006年のほとんどの期間において、コリン・ロイドが、PDCのワールド・ナンバー・ワン・プレイヤーであった[4]。 しかし、その時期のほとんどのプレミア・タイトルは、フィル・テイラーと、ライモント・ファン・バルネフェルト、そして、ジョン・パートが、獲得していた。 テイラーが全ては参加しないような、あまり権威がなく、テレビ放映されないイヴェントにも、ロイドは、しばしば参加し、その結果、ランキング・ポイントが、蓄積されたためである。

最初のWDC (PDC) ランキング編集

1992年から1994年までに、BDOからワールド・ダーツ・カウンスル (WDC、現在のPDC) が分離した後、WDCは、初開催の1994 WDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップまでに、最初のランキング・リストを作成した。

順位 プレイヤー 順位 プレイヤー
1   アラン・ウォーリナー=リトル 16   ヤン・ホフマン
2   ロッド・ハリントゥン =   クリス・ジョンズ
3   フィル・テイラー =   ローラント・スホールテン
4   ジョン・ロウ 19   ライモント・ファン・バルネフェルト
5   マイク・グレゴリー =   キース・デラー
6   ピーター・エヴィスン 21   ボビー・ジョージ
7   ケヴィン・スパイオレック 22   パー・スカウ
=   デニス・プリーストゥリー 23   ベルント・ヘベカー
9   ボブ・アンダースン =   アントレー・ヴェルゲ
10   ジョッキー・ウィルスン =   パスカル・ハボ
11   ジェーミー・ハーヴィー 26   レオ・ラウレンス
12   エリック・ブリストウ =   ベルト・フラールディンヘルブルーク
13   クリフ・ラザレンコ =   タム・カーヴィー
14   マグヌス・カリス =   ウェイン・ウィーニング
=   スティーヴ・ビートゥン =   マウロ・レヴィ

他のオーダー・オヴ・メリット編集

脚注・参照編集

  1. ^ a b c Revised PDC ProTour Rules PDC
  2. ^ 基本的に、PDCにおいて全く実績が無いプレイヤーでも、そのトーナメント自体の予選があったり、予選の意味合いも強いプレイヤーズ・チャンピオンシップにおける活躍により参加できる方法があるトーナメントは、ランキングに反映され、他のプレミア・イヴェントにおいて、多大な活躍をしなければ、参加できないようなトーナメントは、反映されない。
  3. ^ PDC Ordr of Merit PDC
  4. ^ a b PDC WORLD No 1 REGISTER PDPA
  5. ^ Players Championship Order of Merit PDC
  6. ^ UK Open Order of Merit PDC
  7. ^ European Order of Merit PDC
  8. ^ North American Order of Merit PDC

外部リンク編集