Q (スタートレック)

Qは、SFテレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場する生命体またはその同類。『新スタートレック(以下 TNG)』や『スタートレック:ヴォイジャー(以下 VOY)』、『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』に稀に登場する高次元生命体ジョン・デ・ランシー他が演じた。日本語版での声優羽佐間道夫など。

概要編集

Q連続体と呼ばれる全知全能に近い能力を持つ高次元生命体。個体は存在するがお互いがお互いを「Q」と呼び合うため、地球人を混乱させる一因となっている。(複数のQが登場するエピソードの脚本などではデ=ランシーのQを「Q1」、他のQを「Q2」などと表記していることもある)

あらゆる事象と知識に精通し(一個人のプライベートな情報など、どんな些細なことでも知っている)、あらゆる物質を指を鳴らすだけで作ることができる。永遠の命を持ち、性別も自由自在で、どんな種族にもどんな生命体にも変身でき、絶望的に広大な宇宙の「いつ」でも「どこ」でも瞬時に移動ができる。その能力に関して、まったく常識の通じない種族である。

ただしQ連続体も最初から全知全能であったわけではなく、当初は地球人と変わらなかったが進化を繰り返して現在のような姿になったという。

Qの個体編集

スタートレック本編に登場するQといえば、基本的にジョン・デ・ランシーが演じるQである。

デ・ランシー以外のQであっても、共通して気まぐれに出現し、傲慢でマナーに欠ける性格をしており、その全知全能の能力も相まってピカード艦長やジェインウェイ艦長に煙たがられている。またいずれも、基本的に宇宙艦隊の艦長の制服姿(赤の制服で階級章は大佐)で登場する。

Q連続体の世界編集

Q連続体は謎に包まれており、その本拠地(これも連続体と呼ばれる)の所在地も不明である。連続体に何名のQが存在するかも、社会構成も不明。U.S.S.エンタープライズDに乗務する長命種族エル・オーリア人のガイナンによると、Qにも色々な性格のQがおり、“尊敬すべき立派なQ”も存在するという。

VOY34話「Q1,Q2」では、U.S.S.ヴォイジャーのジェインウェイ艦長たちがQ連続体を訪れる。「地球人にも理解できるよう」地球の風景にアレンジされた姿で描かれたが、それは砂漠の荒野にぽつんと建つガソリンスタンドであった。そこにいるQたちは宇宙のあらゆる事象をすべて完全に知り尽くしてしまい、好奇心や冒険心を完全に喪失、数万年間会話すらしていない無気力状態であった。

この状態を危惧したQ(クイン)が自殺を図ったことで、後日内乱が起きることになる。VOY53話「レディQ」ではこの内乱の影響で百年に一度しか観測できない超新星爆発が連続して発生してしまう。再度ジェインウェイ艦長らが訪れたアレンジされたQ連続体の世界はアメリカの南北戦争であった。

登場したQ編集

Q編集

(演:ジョン・デ・ランシー 吹き替え:羽佐間道夫)

スタートレックにおいて一般的に「Q」と言えばジョン・デ・ランシーが演じるQを指す。初登場はTNG1話「未知への飛翔」、最終登場はVOY165話「断絶するQ」。TNGとVOYには登場回数が多い反面、DS9シリーズには7話「超生命体"Q"」の1話のみ登場する。

Qは宇宙艦隊の艦長の服装で出現し、神のごとく全知全能のパワーを持ち、神出鬼没で傲慢でワガママで独善的である。基本的にトラブルメーカーであり、ピカード艦長が初遭遇してからは宇宙艦隊の上級佐官や指揮官らにQに関して注意する旨が通達された。一方でデ・ランシーQは地球人が好きらしく、特にピカード艦長とジェインウェイ艦長を気に入っているようであるが、彼らには煙たがられている。

TNGにおいては第1話と最終話に両方に登場し、強烈な印象を視聴者に残した。

Q2編集

TNG61話「Deja Q」に登場(演:コービン・バーンセン、吹き替え:秋元羊介)。

デ・ランシーのQが宇宙に混乱をばらまいているとし、彼のパワーを剥奪し連続体から追放したQ。

クイン編集

VOY34話「Q1,Q2」に登場(演:ゲリット・グラハム 、吹き替え:青野武)。

宇宙を知り尽くし過ぎ、永遠に何もすることのなくなったQ連続体のありかたを嫌い、自殺を図った哲学者Q。Q連続体において自殺は前例がなく、混乱が予想されたために彗星の中に300年間幽閉されていた。U.S.S.ヴォイジャーで行われた「連邦への保護を求める聴聞会」で永遠の命の放棄を認められた彼は、ジェインウェイ艦長から「クイン」の名を与えられ、乗組員として受け入れられる。しかしほどなく本望の通り自ら命を絶つ。

レディQ編集

VOY53話「レディQ」に登場(演:スージー・プラクスン、吹き替え:小宮和枝)。

一時期(ほんの40億年くらい)デ・ランシーQと交際していた女性のQ。クインに影響されたデ・ランシーQは、自殺同様に前例のないQの子供を産むことで連続体に変化を促そうとする。デ・ランシーQはジェインウェイ艦長と子供を作ろうとするが、ジェインウェイの説得によってレディQと子供を作ることになった。

大佐のQ編集

VOY53話「レディQ」(演:ハーヴ・プレスネル、吹き替え:辻親八)。

デ・ランシーのQに率いられた自由主義派のQたちと敵対しているQたちのリーダー。南北戦争の南軍将校の姿で現れる(自由主義派は北軍の姿)。

Qの息子編集

VOY53話「レディQ」、VOY165話「断絶するQ」に登場(演:キーガン・デ=ランシー、吹き替え:草尾毅

デ・ランシーのQとレディQの間に出来た新生Q。演じたキーガン・デ・ランシーは、ジョン・デ・ランシーの実の息子という面白い配役。父親のQ同様そのパワーを好き放題に使う傲慢な性格のためQ連続体に更生を迫られ、困り果てたデ・ランシーQはジェインウェイ艦長に何とかしてほしいと泣きつく。

ジェインウェイ艦長の教育・訓練で更正し、また自分の独断で友人となった少年のイチェブが負傷したことから自分の非を認め、見違えるような誠実な性格になる。ジェインウェイ艦長を「キャシーおばさん」と呼び、最後は「お世話になったお礼です」とたくさんの花束をプレゼントした。イチェブとは「Q坊」「イッチー」と呼び合う。