青野武

日本の俳優、男性声優 (1936 - 2012)

青野 武(あおの たけし、1936年昭和11年〉6月19日[11][12][13] - 2012年平成24年〉4月9日[4][13][14])は、日本俳優声優ナレーター青二プロダクションに所属していた[7]

あおの たけし
青野 武
1962年
1962年
プロフィール
本名 青野 武[1]
愛称 青ちゃん[2]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本北海道旭川市[3]
死没地 日本の旗 日本東京都八王子市[4]
生年月日 (1936-06-19) 1936年6月19日
没年月日 (2012-04-09) 2012年4月9日(75歳没)
血液型 O型[5][6]
職業 俳優声優ナレーター
事務所 青二プロダクション(最終所属)[7]
配偶者 板橋真砂子[8]
著名な家族 板橋七生(義妹)[9]
公式サイト 青野武|青二プロダクション
公称サイズ(時期不明)[10]
身長 / 体重 169 cm / 62 kg
声優活動
活動期間 1961年[6] - 2010年
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
デビュー作ブロンコ[2]
俳優活動
活動期間 1954年 - 2010年
ジャンル テレビドラマ舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

北海道旭川市出身[3]。旧芸名青野 武士[5]

生涯

生い立ち

北海道旭川市[3]で誕生後、青野家に貰われる[15]

小・中学生の時、学芸会や文化祭に出ており、小学4、5年頃に友人の実家が経営していた映画館で上映されていた映画を観るほど映画が好きだった[16]。また、映画と一緒に旅回りの芝居をしていたが、「よく覚えていなかった」という[16]

中学校進学後、後述の家庭環境もあり、孤独感や苦しみから抜け出すため野球部に所属し、野球の練習に熱中していた[13][16]。「どうせ生みの親から見放された人間なら、1人で立派に生きていけるプロ野球選手になってやろう」と思っていた[13]。当時の容貌がハンサムだったことから、中学3年生の時に担任の教師に「君のさ、ファーストで球を受ける時の体の線、実に美しいんだワ、今度の文化祭で演劇やってみないかい?」と言われて本格的に芝居を始める[6][13][16]。中学時代に菊池寛の『父帰る』の長男・賢一郎役を演じていたが、それはそれで終わりだった[17]

北海道旭川東高等学校[18]に進学後の高校1年生の時も野球部に所属し野球をしていたが、耳を患って激しいスポーツを禁じられてしまう[13][16]。その時に演劇部の先輩の女性に「あなたの中学の時の文化祭観たんだワ、とっても良かった。あなた素質あるわ、演劇部に入らない?」と言われ、演劇にはまり込む[16]。その時に演じたのが、ヘンリック・イプセン作『幽霊』のオズワルド役で、全国演劇コンクールで三位に入賞した[16][17]。翌年の高校2年生の時にジャン=ポール・サルトル作『出口なし』のガルサン役を演じ、今度は二位を獲得[6][13][16][17]。その当時、東京都千秋実がしていた薔薇座で演出をしていた人物が北海道に来て、青野らに演技指導してくれた[17]。青野にはこの芝居は難しいため、さっぱりわからなかったが、その人物の言うとおりにしていた[17]。翌年、調子に乗って高校3年生で演出まで担当していたところ、圏外だったという[6][16]。その時、NHKなどで書いていたライターが北海道に帰っており、審査員をしていた[17]。終わってから、審査員の「僕は上京して夢破れ、挫折して都落ちしたが君達の前途は洋々だ。僕達の分まで頑張ってもらいたい」という言葉に勇気づけられ、上京を決意したという[16][17]

本屋の店頭で当時、出始めた週刊誌をめくっていたところ、俳優養成所の記事が載っていた[16]。そこには俳優座養成所、民芸水品演劇研究所、舞台芸術学院[10]などがあったが、「俳優座と民芸はアルバイト不可」、「舞芸は地方の人物が多くアルバイトしながら学んでいる」とあり、「もう舞芸しかない」と思い、同高校卒業後は家出同然の旅立ちで単身上京[16][19]。同芸術学院に願書を貰うため、玄関に立ったが誰もいなかったという[16]。その時、芝居の稽古中の声が聞こえて、その素晴らしい声に「その修練を積んだ声、これがプロになる人の声か!」とショックを受けると同時に、「なにがなんでもここに入って、絶対役者になってやろう」と思っていたという[6][16]。その時に同じ北海道出身の俳優の松山照夫コッペパンをかじりながら、「お前どっから来たの?」と言われ、「北海道です」と答えると、「そうか、北海道か。俺も北海道だ。お前、役者になりたくてでてきたんだべ?悪い事は言わんから、クニに帰れ」と言われたという[6][16]。しかし願書の手続きをはじめ色々面倒をみてもらい、「俺やお前と同じ北海道出身で同期の奴がいるから会わせてやる」と言って、喫茶店へ案内してくれたという[16]。カウンターの中に同期の山田吾一、のちの劇団仲間で先輩の宮内幸平がいた[16]。松山、山田が音頭をとってもらい、歓迎会を開いてくれたという[16]。歓迎会には北海道出身の同芸術学院の人物達が6人程集まり、その中にのちに妻となる女性もいたという[16]。その後、同芸術学院に入学して、演劇を学ぶ[2]。同芸術学院の1年先輩に家弓家正がいる[13]。当時は喫茶店の風月堂サンドイッチマンレストランの出前持ち、バーテンストリップの照明係、アルサロのボーイ等のアルバイトを経験していた[16]。同芸術学院卒業の際、クラス担任の教師が「君は暗すぎる。そんなに暗くちゃこれからの役者人生、とてもやっていけないよ。」と述べていた[2]。この言葉は身に染み、生い立ちを含めて、食う、食わずの毎日の生活、「さらに役者として自分はやっていけるのだろうか」という不安で、暗くしていった[2]。しかしその教師は同芸術学院卒業後も、芝居を欠かさず観にきており、絶えず暖かく励ましてくれたという[2]

キャリア

劇団七曜会に所属した際に主役を務めた『欲望という名の電車』での演技が認められ、それを観ていたTBSのディレクターから「一時間物の西部劇の主役の声を演ってみないか」と声が掛かり、海外ドラマ『ブロンコ』の主役であるタイ・ハーデンの吹き替えを担当した[2]。しかし当時は毎回アテレコに苦労し、終わるたびに己の力のなさを痛感していたという[2]。晩年も時々北海道訛りは出ていたが、当時はそれ以上に訛りが酷く、放映を観ていた友人たちに「お前訛りひどいよ、駄目だよあれじゃ」と指摘されていた[2]。唯一、主役の声に抜擢してくれたディレクターが素晴らしく、「青ちゃん気にするな。西部劇ってのはね、『アメリカの東北』なんだよ。向こうの役者だって訛りがひどいよ、土の臭いが出ていればいいの」という一言で気が楽になったかもしれないという[2]。トチッていた時、酷い失敗をしてしまったがそのままOKになり、一応ディレクターに報告したところ「あーあそこね、心配ないよ。馬の蹄の音を大きく入れるから」と励まされた[2]。ある日録音が終わり、帰り支度をしていたところ一緒に出演していた俳優座に所属していた俳優から「青野君一寸!」と呼ばれた[2]。その時にスタジオの隅に連れていかれ「青野君、向こうの音(セリフ)に引っ張られては駄目だよ。英語のセリフの調子と日本語とでは違うんだからね。これは日本語版なんだから日本語の内容を考えてしゃべりなさい」とアドバイスを受けた[2]。その時の帰り道は感動し涙が止まらず、吹き替えを始めたばかりの駆け出しで右も左もわからず、心細かった時期だったことから、たまらなく嬉しかったという[2]

『ブロンコ』の放送中は所属していた劇団七曜会が解散したり、娘が誕生したりしたが、『ブロンコ』だけでは生活できず、アルバイトは続けていたという[2]。『ブロンコ』は一番思い出のある作品であり、前述のTBSのディレクターも大恩人と語っていた[19]。「もし『ブロンコ』がなかったら、1979年時点の青野はいなかったかもしれない」といい、『ブロンコ』はそのままアテレコの経歴にも記されていた[19]

これを機に、以後多くのアニメ・吹き替えなどで声優として活躍した。また俳優としても、大河ドラマ北条時宗』やNHK教育の『このまちだいすき』などの映像作品に出演した。

七曜会解散後は3、4年は、当時ボツボツと出来初めていたプロダクションに所属、小さな劇団に入団したり、腰の落ち着かない日々を送り、アテレコの仕事も遠のいてしまったという[13][20]

その中でも、七曜会に一緒に所属していた高橋正夫との勉強会は楽しく、月に一、二度、高橋の宅で岸田國士の戯曲の読み合わせをしていた[20]

当時は、色々な意味で、飢えて、その勉強会も、妻と4歳の娘を抱え、役者業だけでは食えなくガリ版切りのアルバイト[6]、雑事に追われ自然消滅し、相変わらずの暗闇の中での手さぐり状態が続いていた[20]。1年程たった頃、再び高橋に会う機会があり、その時に「今芝居を演ってるんだ、観においで。」とチケットをもらい、それが、劇団芸協の芝居で、これが芸協との初めての出会いだった[20]

ある時高橋に「うちの演出家が僕に言うんだ。あなたの切符でいつも一番後ろの席で、芝居を観ている青年がいる。ひとつ会わせてくれないかってね。どうだい、会ってみるかい」と言われ、その演出家が、あずさ欣平だった[20]

その時に「会う場所はこちらで決めてくれ」との事で、初めてアルバイトした店の風月堂に決めていた[20]。あずさとは劇場で二、三度見かけただけであり、話ししていたのはこれが初めてだった[20]。その時にあずさは青野の昔の舞台は見ており、あずさから「君、芝居はやらないの?役者を目指して上京したのなら、役者を続けなきゃダメじゃない」、「埋もれさせておくには惜しい人材」と入団を誘ってくれたという[6][13][20]

演劇活動では、劇団青俳の研究生[13]、七曜会解散後に作品座[21]の所属を経て[注 1]、劇団新劇場[13]などを経て、20代の頃に出会ったあずさ欣平と親交を結び、30歳の時に劇団芸協[19][22][10]に所属した[20]。あずさの他、劇団仲間であった雨森雅司、宮内幸平[15]田中和実[18]など、死去した友人の遺志を継ぎ、同劇団の主宰を務めた[23]

劇団芸協での初舞台は久米正雄作『地蔵教由来』となる[20]

劇団芸協に入団後、あずさは、芝居の演出の他、外国映画の吹き替え、アニメーションのディレクターもしていた縁でまたアテレコの仕事に少しづつ出演させてくれるようになり、徐々に声の出演作品が増えていった[6][13][20]。しかし生活は相変わらずで、ガリ版切りのアルバイトに追われる毎日だったという[20]

声優としては演協プロ[24]河の会[25]江崎プロダクション[26]、オフィス央[27]を経て、青二プロダクションに所属していた[10]

闘病・死去

2003年7月6日にある場所で突然、背中をに蹴られたような激痛が走り、病院で医者に急性大動脈解離と診断される[15]。当時は手術なしで済み、二週間程で退院でき、退院時には医者から「大きな声を出さない事、過激な運動は駄目、ストレスや緊張状態は極力避けること、とにかく血圧が上がらないように。舞台?一番悪いでしょう。今度破裂したら助かりませんよ。」と言われた[6][15]。その時に青野は「先生、言葉を返すようですが、大きな声を出すなと言われても、役者をやっている以上、役によっては出さない訳には参りません。役者をやれないのだったら生きてる甲斐がありません!」と言っていたが、退院後は、出番の多い役は控えて主に演出面での役割が中心だった[6][15]。晩年は声優業は大丈夫だったが、舞台は負担が大きく、体に問題はなかったが、不安はあったという[6]

しかし2010年5月15日解離性大動脈瘤手術を受けたが、6月26日脳梗塞であることが判明して入院。療養で復帰の目処が立たないことから、当時演じていた全ての持ち役を降板した[28]後述)。2年近い闘病生活の末、2012年4月9日午後4時38分、解離性胸部大動脈瘤術後多発性脳梗塞のため、東京都八王子市の病院で死去[29]。満75歳没(享年76)[14][4]

2013年、第7回声優アワード「特別功労賞」を受賞[30]

人物

一人っ子だった[17]。育ての父は建具指物師だったが、飲んだくれで母を泣かせていた[13][15]。家計は苦しく、その日その日を暮らしていくのが精一杯だったという[13]。妻は女優の板橋真砂子[8]。夫婦そろっての映画ファンであり、妻は『SCREEN』の愛読者だった[19]。女優の板橋七生は妻の妹[9]。娘がいた[2]

特技はジョギング[10]だったが、36歳くらいから20年間、60歳少し前までしていた[17]。ある時、58歳くらいになった時に、タバコ吸っており、体力落ちており、つらくてつらくてしかたなかった[17]。そうしていたところ、妻が「あなた、もう年なんだから歩けばいいじゃない」と言われ、ウォーキングに切り替えていた[17]。体力作りのために、朝、仕事がない時は、だいたい8キロから10キロくらいウォーキングをしていた[17]。趣味は野球[31]競艇[16]

座右の銘はウィリアム・スミス・クラークの「少年よ、大志を抱け(Boys Be Ambitious)」を挙げており、幼い頃からこの言葉をことあるごとに聞いて育った[6]。役者を目指して上京したが、挫折して夢を断念しそうになった時、この言葉を聞いて頑張っていたという[6]

特色・役柄

声種バリトン[27]。役柄としては悪役や落ち着いた老人役[6]を初め、ひねった役、異常者の役、ハイテンションな役などを演じることが多かった[17][19]。本人も「悪役や様々な感情を演じられる役は演じていて面白い」とも発言している[32]

20代の頃は、5役も6役も端役を演じていたことからちょい役を演じていた[17]。5役なら5役きた時に、たとえばおじいさん役ならおじいさん役で、本当におじいさんになるように向こうの絵のようになるように心がけていた[17]。こっちの若い人物は、若い人物の声に完全に分けるようにしており、それをすれば、きっと「あ、こいつ、こういうふうなこともできるのか」と思われるだろうと、思ったという[17]。そういうのを自分で決めて、5役なら5役全部変えて、「これでもか!」という、そういうつもりで演じていた[17]。そしたか、そのうちに「こいつ、フケも結構やるな」のようなことで、ちゃんとした役で、当然ダブリだが、フケなど、そういうのも演じるようになった[17]。その後、30半ばくらいで『ドラゴンボール』のピッコロ大魔王役のような異常な役を演じるようになった[17]

うる星やつら』、『らんま1/2』、『犬夜叉』など、高橋留美子原作のアニメ作品に数多く出演する常連だった。

ONE PIECE』ではテレビシリーズでミホーク役などで出演しており、同作の劇場版では第10作まで毎回異なる役柄で出演していた。原作のリメイク作品では、ラッスーやイッシー20のひとりといった、テレビシリーズで声優が決められていなかった人物の声を担当した。

ウルトラマン』のザラブ星人アテレコに際して、キャラの特徴をつかむために着ぐるみの中に入って実際に演技していた[6][33]。また後年のウルトラシリーズでも死去するまでザラブ星人の声を担当。

宇宙戦艦ヤマト』では真田志郎役を演じていたが、オーディションでは当初は別の役で受けており、終えて帰ろうとしていた[6][34]。その時に『宇宙戦艦ヤマト』のプロデューサーの西崎義展が「ちょっと君、こっちの役も演ってみなさい」と言われたのが、真田役であり、オーディションを受けた役は落選し、真田役が決まったという[6][34]。その頃のアニメ出演は『宇宙戦艦ヤマト』の真田役のようなリアルな演技の役が多かったのが、『ドラゴンボール』のピッコロ大魔王役、『キテレツ大百科』の熊八役など、次第に演技のデフォルメが強い役も増えていった[6]。元々、吹き替えでは狂気を帯びたり、型破りな役の声を当てるのが好きで、抵抗はなく、演技の起伏が激しい役は最高で楽しくてしょうがなかったという[6]

宇宙戦艦ヤマト 復活篇』でも真田役を演じていたが、今までに『宇宙戦艦ヤマト』のゲーム、パチンコ等に出演しており、それ以前にも『宇宙戦艦ヤマト』の劇場版を制作の噂は聞いていたが、青野としては半信半疑だった[34]。あれから年以上経ち、もし制作としても真田役を演らせてもらえるかどうか解らなかったという[34]。『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』の収録当日、スタジオに入って行ったところ、ディレクター席に自らが演出をすることになった西崎が座っており、西崎から「青野さん久しぶりです。あれから大分経っているので、ちょっと声を聞かせてくれませんか」と声が掛かった[34]。その時は30年以上経っていたことから正直一寸ビビったという[34]。セリフを読み終えて「ヤー青野さん、全然声が変わってないじゃないですか、驚いたな」と西崎の声がスタジオに響き、その一言は役者として少し誇らしく、そして嬉しくもあったという[34]。録音を終えて、西崎に挨拶をしていたところ、「僕はまだまだこれからも良いものを創るからね」と言われ、そのバイタリティには頭が下がったという[34]

『ドラゴンボール』のピッコロ大魔王役を演じていた時は、悪になるところは、異常であり、ディレクターの小松亘弘が「やっぱり、ああいうのは青野だ」と言われていた[17]。その時に「ガアッ」と演じていたことから、周囲に「ウワッ」と顔を背けられてしまったりしていたという[17]。『ドラゴンボール』のピッコロ大魔王が自分の分身であるピッコロを産み出す場面では「産みの苦しみだ」と力を入れすぎたため、を悪くしてしまった[35]

独創的なアドリブを入れることが多いが、『勇者王ガオガイガーFINAL』のギムレット役は、監督が「青野さんならこんな言い回しをするだろう」と考えて、元からセリフにアドリブを組み込まれた趣向であったため、イントネーションを工夫することでしか対抗できなかった。

吹き替えでの持ち役はマイケル・ペイリンを始めクリストファー・ロイドジョー・ペシダニー・デヴィートラム・チェンインなどがある。穂積隆信樋浦勉とは同一作品の別音源で同じ役を演じる機会が多かった[注 2]

今まで演じていた役で一番好きだったのは『刑事トマ』のトマ役[17]であり、「『刑事トマ』のような、どこか影のある役が一番好き」とのこと[19]。主演のトニー・ムサンテが出演していた『ある戦慄』を見て、ムサンテの異常性格的な演技に魅せられていた[19]。『刑事トマ』のオーディションの時、ムサンテが主演と知って驚き、その後自分がムサンテの吹き替えと決まって再度驚き、同時に嬉しかったという[19]。『刑事トマ』のムサンテは毎回のように変装するため、役柄がバラエティーに富み、吹き替える声にも変化を加えたことから面白かったという[19]。感情が出てくると高めの声になりがちのため、影のある暗い感じを出すため、低め低めに声を出そうと留意したようで、色々声を変えたりしていた[19]

その他エピソード

少年時代は近所のガラスを割ったり、塀を壊したり、小さな子供を泣かすなどの悪ガキであり、「青鬼」というあだ名が付けられていた[13]。当時は雪深い山裾に住んでいたが、小学校入学時に買ってくれたスキーは、高校卒業の日まで買い換えてもらえなかった[13]。そういった環境が悪ガキの道へと向かわせたのかもしれないという[13]。しかし小学6年生の時、近所のおせっかい焼きの少年から、青野が「もらいっ子」であることを聞かされていた[13]。青野は「そんなバカな!」と怒りその少年を殴り倒してしまったが、その後それが真実であることが分かったという[13]。その日まで本当の「とうちゃん」と「おっかあ」とばかり思っていたが、全く血の繋がりの無い人物達と分かった時、身体中の血が一時に逆流する思いがした[13]。その日を境にして、性格は暗くなり、黙ってふさぎ込んでいるような少年になっていったという[13]

劇団仲間だった肝付兼太と組んで、スナックでバーテンとして働いていたこともある[13]。肝付とはウマが合い、2人でアドリブを連発し、「漫才バーテン」と呼ばれて評判となっていたという[13]。当時は巧みなシェーカー振りが客に受けた[36]

若い頃は酒癖が非常に悪く、飲みに行った際に酔っ払って他の客とケンカになったが、同行していた富山敬が朝まで介抱してくれたことがあった。1995年にその富山から『ちびまる子ちゃん』のさくら友蔵役を引き継いだ際は、「役が決まった際は複雑な心境だったが、富山敬の名を汚さないように頑張ろうと思った」と語っている[37]

「芝居で食べていける」とそういう「安心感」を感じたことはなく、若い頃は食うや食わずの生活だった[6]。寂しさを紛らわすためにお酒を飲んだり、何度、北海道に帰郷しようと考えていたという[6]。劇団芸協の運営費を賄うためだったが、50代の頃にアルバイトをしていた時期もあった[6]

井伏鱒二作の舞台『へんろう宿』に何回か出演していたが、『へんろう宿』を最初に出演した高橋正夫が故郷へ帰郷したため、あずさ欣平が「『へんろう宿』やってみないか。それも動いて演ってみようよ。」という事で、出演したという[15]。『へんろう宿』の登場する子供もおばァさん、生みの親を知らない設定であり、前述の青野の家庭環境もあったようで、『へんろう宿』には愛着を感じていたという[15]

競艇をテーマにした出演作である『モンキーターン』のDVD6巻に収録されたオーディオコメンタリーでは、同じく競艇ファンであった麦人とともに、競艇場の試乗体験でペアボートに試乗したことがあるという体験談や、最初に名前を覚えた選手から彦坂郁雄が解雇されたエピソードなど競艇のオールドファンならではの話などをしていた。

後任

青野の療養に伴う降板および死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。ただし、声優を総入れ替えした作品については対象外とする。

後任 役名 概要作品 後任の初担当作品
島田敏 おじいちゃん〈さくら友蔵〉 ちびまる子ちゃん 第2期第769話
ロディル テイルズ オブ シンフォニア 『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION テセアラ編』第3話
平賀源外 銀魂 『銀魂'』第224話[注 3]
トーマス・ベケット 山猫は眠らない』テレビ東京版 クアドリロジーDVDセット追加録音部分
オールド・オスマン ゼロの使い魔 『ゼロの使い魔F』
ジンメン デビルマン 妖鳥死麗濡編 スーパーロボット大戦DD
エメット・ブラウン博士〈ドク〉 バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ 逃走中~お台場リベンジャーズ~
神様 ドラゴンボールシリーズ」 ドラゴンボール改』第66話
ピッコロ大魔王 ドラゴンボールZ 超究極武闘伝[注 4]
飛田展男 ムラサキ曹長 ドラゴンボールヒーローズ[注 5]
浦山迅 アーガス・フィルチ ハリー・ポッターシリーズ ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
ブレイン・クーパー プレデター』テレビ朝日版 完声版追加録音部分
掛川裕彦[注 6] ジュラキュール・ミホーク ONE PIECE 第462話
ハルトマン テイルズ オブ イノセンス 『テイルズ オブ イノセンスR』
園部啓一[注 7] アカイさん BSアーカイブス関連番組 プレミアムカフェ
堀内賢雄[注 8] ドーナツマン それいけ!アンパンマン 第1097話
松山鷹志 トンガラシ 第1231話
岩崎ひろし アッシュ・モーガン 華麗なるペテン師たち シリーズ4
藤原啓治[注 9] 斌偉信 鬼哭街 全年齢対象版
銀河万丈 ルオゾール・ゾラン・ロイエル 魔装機神シリーズ スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
大塚周夫 ゲン・フー デッド オア アライブ シリーズ 『DEAD OR ALIVE Dimensions』
牛山茂 タズナ NARUTO -ナルト- NARUTO -ナルト- 疾風伝
龍田直樹 アルバート・ラッセル 英雄伝説シリーズ 英雄伝説 空の軌跡 THE ANIMATION
大木民夫 雨柳堂主人 雨柳堂夢咄 モーションコミック版
辻親八 ヘルルーガ・イズベルガ スーパーロボット大戦GC スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
魚建 柾木勝仁 天地無用! 『天地無用! 魎皇鬼』
小西克幸 柾木信幸
側見民雄 ニック・カツォポリス フルハウス フラーハウス
後藤哲夫 小豆蠟斎 バジリスク 〜甲賀忍法帖〜 パチスロ版
伊藤健太郎 警官 ガントレット WOWOW吹替補完版追加録音部分
多田野曜平 ハリー・ライム ホーム・アローン2』フジテレビ版[38]
マーティン・ラマンスキー ゴリラ』テレビ朝日版[39]
ホリー 宇宙船レッド・ドワーフ号 第12シリーズ
フォン・ハッペン少佐 荒鷲の要塞』日本テレビ新版 ムービープラス吹替追録版[40]
幸村俊夫 CLANNAD かぎなど[41]
菅原淳一 ブリブリ族の長老(老ブタ) クレヨンしんちゃん 第894話Bパート
中博史 麻倉葉明 シャーマンキング SHAMAN KING』(テレビアニメ第2作)

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1964年
1965年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年

劇場アニメ

1977年
1978年
1979年
1980年
  • 家なき子(ジェローム・バルブラン[1]
  • がんばれ!! タブチくん!! 第2弾 激闘ペナントレース(ヤスダ
  • がんばれ!! タブチくん!! 初笑い第3弾 あゝツッパリ人生(ヤスダ
  • ヤマトよ永遠に真田志郎[79][1]
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1996年
1997年
  • 瓜っこ姫とアマンジャク(おじいさん)
  • 劇場版 天地無用! 真夏のイヴ(柾木勝仁、柾木信幸)
1999年
  • 劇場版 天地無用! in LOVE2 遙かなる想い(柾木勝仁、柾木信幸)
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年

OVA

1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
2000年
2002年
2003年
2005年
2008年
2010年

Webアニメ

ゲーム

2013年以降の出演作品は生前の音声を引用したライブラリ出演。

1985年
1989年
1990年
1991年
  • ファイナルゾーンII(アレフ・ロイマン博士)
  • ラングリッサー(エグベルト)
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2013年
2015年
  • LORD of VERMILION ARENA(水のカイナッツォ)
2018年

ドラマCD

吹き替え

担当俳優

イアン・バネン
クリストファー・ロイド
ジェームズ・カーン
ジャン=ポール・ベルモンド
G・W・ベイリー
  • ポリスアカデミーシリーズ(ハリス)※ソフト版
    • ポリスアカデミー5 マイアミ特別勤務
    • ポリスアカデミー6 バトルロイヤル
    • ポリスアカデミー7 モスクワ大作戦!
  • 未来警察(チーフ)
ジョー・ペシ
ジョン・クリーズ
ダスティン・ホフマン
ダニー・デヴィート
チーチ・マリン
デニス・ホッパー
ハリー・ディーン・スタントン
ポール・ホーガン
マイケル・ペイリン
ラム・チェンイン
ロバート・イングランド

映画(吹き替え)

ドラマ

アニメ

人形劇

  • 海底大戦争 スティングレイジョン・フィッシャー少尉〈「沈没船の怪人」以降〉)
    • スティングレイ対海底魔王(レーダー・ステーション)
    • 謎の新兵器(輸送船乗員)
    • 地獄から来た男(電力ステーション、レーダー・ステーション)
    • ソロン王国の陰謀(司令官と飲む男)
    • ウラナリ大王の挑戦(27号機操縦士、救助隊)
  • きかんしゃトーマストップハム・ハット卿〈2代目〉) ※フジテレビ版
  • キャプテン・スカーレット
    • キャプテン・スカーレット誕生!(ブラウン大尉)
    • 無人機をストップ!(ブラウン大尉)
    • 大爆発!(チャーリー・ハンセン)
    • ヨーロッパ作戦(カーニー教授)
  • サンダーバード
    • 死の谷(J.B.レスター)
    • 秘密作戦命令(J.B.レスター)
    • 恐怖の空中ファッションショー(メイソン)
  • スーパーカー 謎の原爆 ※フジテレビ版
  • フラグルロック
  • ロンドン指令X 超音波ライフル銃(マーク・スレイター)

その他

ボイスオーバー

特撮

1966年
1976年
1988年
1997年
2005年
2006年
2008年
2009年

ラジオ

テレビドラマ

映画

  • 女教師仕置人 地獄の女神(予告編ナレーション)

テレビ番組

顔出し

声の出演

人形劇

CM

顔出し

声の出演

その他コンテンツ

脚注

シリーズ一覧

  1. ^ 第1期(2005年)、第2期『REBIRTH』(2006年)
  2. ^ 『3』(2000年)、『エクストリーム』(2002年)、『4』(2004年)

注釈

  1. ^ 1957年に作品座入団。1958年に七曜会入団と記載している資料もある[12]
  2. ^ バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『ホーム・アローン』シリーズ、『リーサル・ウェポン』シリーズ、『スピード』など。
  3. ^ 第213話は過去の収録音声を流用して対応。該当話から島田が演じることになった。2018年に発売されたゲーム『銀魂乱舞』では青野の声が流用されている。
  4. ^ 島田がピッコロ大魔王を演じた作品のうち、『ドラゴンボールヒーローズ』では当初青野のライブラリ音声が使用されていたが、ゴッドミッション4弾からは島田による新規収録が行われ、交代となった。
  5. ^ 青野の生前にも『ドクタースランプ』で同役を演じている。
  6. ^ 青野の生前にもゲーム『北斗の拳 世紀末救世主伝説』でテレビアニメ版で青野が演じたリハク役を担当していた。
  7. ^ 青野の生前にも『ONE PIECE』のウープ・スラップ役を引き継いでいる。
  8. ^ モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 グレアム・チャップマン自伝』では長年青野が演じていたマイケル・ペイリンの吹き替えを務めた。
  9. ^ うしおととら』の蒼月紫暮役、アニメ『バットマン』シリーズのジョーカー役など、青野が演じていた役をリメイク版や新シリーズで演じた経験を持つ。
  10. ^ 当初は青野のライブラリ音声を使用していたが、2015年稼働のゴッドミッション4弾からは島田敏が新規収録した音声が使用されるようになった。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc 掛尾良夫 編「男性篇」『声優事典』(第2版)キネマ旬報社、1996年3月30日、10頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 青野武の役者一筋”. p. 2. 2016年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月30日閲覧。
  3. ^ a b c 青二プロダクション 青野 武(Wayback Machineによるアーカイブ)”. 2019年10月4日閲覧。
  4. ^ a b c 【訃報】声優・俳優の青野武さんが死去”. 舞台制作PLUS (2012年4月12日). 2015年7月29日閲覧。
  5. ^ a b 青野武」『Excite News』(エキサイト株式会社)。2023年11月5日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 「極 声魂/青野武」『声優アニメディア』2009年7月号、学習研究社、2009年7月、100-101頁。 
  7. ^ a b 青野武|株式会社青二プロダクション”. 2020年9月6日閲覧。
  8. ^ a b 『劇団青年座―10周年』劇団青年座、1964年、30頁。 
  9. ^ a b 板橋七生、宇佐美宜一「舞台に生きる」『テアトロ』No.282、カモミール社、1967年2月、9 - 11頁。 
  10. ^ a b c d e 青二プロダクション 青野 武(Wayback Machineによるアーカイブ)”. 2019年10月4日閲覧。
  11. ^ 『テレビ・タレント人名事典』(第6版)日外アソシエーツ、2004年6月、12頁。ISBN 978-4-8169-1852-0 
  12. ^ a b 「あ」『タレント名鑑』《NO2》芸能春秋社、1963年、8頁。 
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 勝田久「file No.19 青野武」『昭和声優列伝 テレビ草創期を声でささえた名優たち』駒草出版、2017年2月22日、225-231頁。ISBN 978-4-905447-77-1 
  14. ^ a b 島村幸恵 (2012年4月10日). “まる子祖父役 青野武さん、9日に永眠 死因は解離性胸部大動脈瘤術のあとの多発性脳梗塞”. シネマトゥデイ. 2012年4月11日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h 青野武の役者一筋”. p. 4. 2016年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月8日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 青野武の役者一筋”. p. 1. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月30日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 青野武 ほか『演声人語 : ベテラン声優が語る役者人生』ソニー・マガジンズ、2000年6月、5-16頁。ISBN 4-7897-1569-8 
  18. ^ a b 青野武の役者一筋”. p. 5. 2016年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月30日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h i j k 「青野武」『TV洋画の人気者 声のスターのすべて』阿部邦雄 編著、近代映画社、1979年、248-250頁。全国書誌番号:79023322 
  20. ^ a b c d e f g h i j k l 青野武の役者一筋”. p. 3. 2016年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月8日閲覧。
  21. ^ 声優になる!マガジン vol.71 肝付兼太2”. 雷鳥社 (2006年2月15日). 2023年2月4日閲覧。
  22. ^ 「新劇俳優名鑑」『テアトロ』1973年5月増刊号、カモミール社、1973年5月、3頁。 
  23. ^ 芸協あゆみ”. 劇団芸協. 2013年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月8日閲覧。
  24. ^ 『出演者名簿(1969年版)』著作権資料協会、1968年、4頁。 
  25. ^ 松田咲實「座談会 PART 2」『声優白書』オークラ出版、2000年3月1日、258頁。ISBN 4-87278-564-9 
  26. ^ 『出演者名簿(1978年版)』著作権資料協会、1977年、5頁。 
  27. ^ a b 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、68頁。 
  28. ^ 「ちびまる子」友蔵役の青野武が降板」『デイリースポーツ』、2010年6月27日。2015年7月29日閲覧。オリジナルの2010年6月30日時点におけるアーカイブ。
  29. ^ 『ちびまる子』おじいちゃん役で人気 声優・青野武さん死去
  30. ^ 授賞記録 第七回声優アワード”. 声優アワード実行委員会. 2013年3月1日閲覧。
  31. ^ 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、7頁。 
  32. ^ 鈴木晴彦 編「天下一声優陣 其之二 ピッコロ大魔王/神様役 青野武」『テレビアニメ完全ガイド『DRAGON BALL』天下一伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、162頁。ISBN 4-08-873705-9 
  33. ^ 小太刀右京『キャラクター大全ウルトラマン全調査報告』講談社、2012年12月。ISBN 978-4-06-218128-0 
  34. ^ a b c d e f g h 青野武の役者一筋”. p. 6. 2016年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月8日閲覧。
  35. ^ 「スペシャル座談会 プロジェクトZ 声の戦士大集合 素顔のZ戦士たち」『DRAGON BALL Z DVD BOX DRAGON BOX VOL.2付属解説書 Dragon Books』96頁。
  36. ^ 『昭和声優列伝 テレビ草創期を声でささえた名優たち』、139頁
  37. ^ 松田光雄編「すべての世代の永遠のヒーロー 声優・富山敬が残したもの」『アニメージュ 1995年12月号』徳間書店、平成7年(1995年)12月10日、雑誌01577-12、117頁。
  38. ^ ホーム・アローン2[吹替補完版]”. WOWOW. 2019年1月27日閲覧。
  39. ^ ゴリラ[吹替補完版]”. WOWOW. 2021年3月27日閲覧。
  40. ^ イーストウッド『荒鷲の要塞』吹替追録版がムービープラスでTV初放送!多田野曜平、星野貴紀のコメント到着!!”. Banger!!!. 2021年4月28日閲覧。
  41. ^ 10話ストーリー、先行カットを公開しました”. TVアニメ「かぎなど」オフィシャルサイト (2021年12月10日). 2021年12月10日閲覧。
  42. ^ 男一匹ガキ大将”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2024年2月22日閲覧。
  43. ^ 決断”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2023年2月4日閲覧。
  44. ^ 尾形英夫 編「声のヒーロー37人総登場」『ロマンアルバム(4) テレビランド増刊号 デビルマン』徳間書店、1978年2月25日、77頁。 
  45. ^ アラビアンナイト シンドバットの冒険”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  46. ^ 宇宙戦艦ヤマト2”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2023年2月4日閲覧。
  47. ^ 宇宙魔神ダイケンゴー コンプリートDVD”. 東映ビデオオフィシャルサイト. 東映ビデオ. 2023年4月16日閲覧。
  48. ^ 女王陛下のプティアンジェ”. 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。
  49. ^ 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち”. V-STORAGE. バンダイナムコフィルムワークス. 2023年2月4日閲覧。
  50. ^ シートン動物記 りすのバナー”. 日本アニメーション. 2023年5月27日閲覧。
  51. ^ 宇宙戦士バルディオス”. 株式会社 葦プロダクション 公式サイト. 葦プロダクション. 2021年3月5日閲覧。
  52. ^ 科学救助隊テクノボイジャー”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2023年2月4日閲覧。
  53. ^ 太陽の子エステバン”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2022年12月25日閲覧。
  54. ^ 愛してナイト”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2023年2月4日閲覧。
  55. ^ 銀牙 流れ星 銀”. 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。
  56. ^ 銀河探査2100年 ボーダープラネット”. 手塚治虫 TEZUKA OSAMU OFFICIAL. 2021年9月9日閲覧。
  57. ^ a b 『テレビアニメ完全ガイド DRAGON BALL 天下一伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、196-197頁。ISBN 978-4088737058 
  58. ^ スタッフ&キャスト”. ドラゴンボール. 東映アニメーション. 2022年12月25日閲覧。
  59. ^ ビックリマン”. 東映アニメーション. 2022年9月14日閲覧。
  60. ^ 新ビックリマン”. 東映アニメーション. 2016年6月17日閲覧。
  61. ^ おれは直角”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2022年12月25日閲覧。
  62. ^ ドラゴンクエスト・ダイの大冒険”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  63. ^ スタッフ・キャスト”. GS美神. 2016年7月9日閲覧。
  64. ^ ご近所物語|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2023年2月1日閲覧。
  65. ^ 逮捕しちゃうぞ[SECOND SEASON]”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2023年2月4日閲覧。
  66. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. 勝負師伝説哲也. 東映アニメーション. 2023年5月22日閲覧。
  67. ^ ジュラキュール・ミホーク”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。
  68. ^ ウープ・スラップ”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。
  69. ^ スタッフ&キャスト”. シャーマンキング. 2016年6月27日閲覧。
  70. ^ 格闘美神 武龍”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2023年6月19日閲覧。
  71. ^ 格闘美神 武龍REBIRTH”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2023年6月19日閲覧。
  72. ^ キャストリスト”. 新釈 眞田十勇士 公式サイト. 2016年6月12日閲覧。
  73. ^ バジリスク 〜甲賀忍法帖〜”. GONZO公式サイト. 2016年7月1日閲覧。
  74. ^ かぶき町の住人|人物紹介”. 銀魂公式サイト. バンダイナムコピクチャーズ. 2023年3月18日閲覧。
  75. ^ D.Gray-man”. トムス・エンタテインメント. 2014年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月14日閲覧。
  76. ^ マリー&ガリー”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2023年2月4日閲覧。
  77. ^ 宇宙戦艦ヤマト 劇場版”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  78. ^ さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  79. ^ ヤマトよ永遠に”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  80. ^ 宇宙戦艦ヤマト 完結編”. V-STORAGE. バンダイナムコフィルムワークス. 2023年2月4日閲覧。
  81. ^ SF新世紀 レンズマン”. マッドハウス. 2016年6月8日閲覧。
  82. ^ カムイの剣”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  83. ^ ゲゲゲの鬼太郎”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  84. ^ ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  85. ^ ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  86. ^ 北斗の拳|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年7月25日閲覧。
  87. ^ “時空の旅人”. マッドハウス. https://www.madhouse.co.jp/works/1986-1983/works_movie_timestranger.html 2016年5月1日閲覧。 
  88. ^ 宝島”. トムス・エンタテインメント. 2021年9月9日閲覧。
  89. ^ 妖獣都市”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  90. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. ビックリマン 無縁ゾーンの秘宝. 東映アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  91. ^ キャラクター/キャスト”. ドラゴンボールZ. 東映アニメーション. 2022年6月7日閲覧。
  92. ^ 獣兵衛忍風帖”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  93. ^ 幽☆遊☆白書”. ぴえろ公式サイト. ぴえろ. 2022年12月11日閲覧。
  94. ^ VAMPIRE HUNTER D”. マッドハウス. 2023年11月4日閲覧。
  95. ^ ドラえもん のび太と翼の勇者たち”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2018年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月12日閲覧。
  96. ^ スタッフ・キャスト”. メトロポリス 公式サイト. 2016年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月5日閲覧。
  97. ^ 明日をつくった男 田辺朔郎と琵琶湖疏水”. 虫プロダクション. 2016年4月26日閲覧。
  98. ^ ONE PIECE 呪われた聖剣”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2018年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月26日閲覧。
  99. ^ ブラック・ジャック ふたりの黒い医者”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2023年2月4日閲覧。
  100. ^ キャスト&スタッフ”. 劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」公式サイト. 2016年6月2日閲覧。[リンク切れ]
  101. ^ REDLINE”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  102. ^ “からくりの君”. トムス・エンタテインメント. https://www.tms-e.co.jp/alltitles/2000s/591401.html 2023年2月4日閲覧。 
  103. ^ CHARACTER”. ガオガイガーポータルサイト. 勇者王ガオガイガーFINAL. サンライズ. 2022年3月21日閲覧。
  104. ^ 『CFC STYLE FAN BOOK CAP! Vol.5』カプコン、1997年8月、30頁。 
  105. ^ キャラクター”. ロックマンX6. カプコン. 2013年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月24日閲覧。
  106. ^ キャノンボール エクストリーム・エディション”. paramount pictures. 2024年2月21日閲覧。
  107. ^ 拳精”. paramount pictures. 2024年2月19日閲覧。
  108. ^ ドラゴンロード エクストリーム・エディション”. paramount pictures. 2024年2月21日閲覧。
  109. ^ ハリー・ポッターと秘密の部屋”. 金曜ロードSHOW!. 日本テレビ. 2016年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月5日閲覧。
  110. ^ ハリー・ポッターと謎のプリンス”. 金曜ロードSHOW!. 日本テレビ. 2016年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月5日閲覧。
  111. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、10頁。ISBN 4-87376-160-3 
  112. ^ 1983年 - 1999年までは村山明が担当していた。

外部リンク