RJRナビスコ(RJR Nabisco, Inc.)は、かつてアメリカ合衆国にあった食品産業たばこ産業英語版コングロマリット企業である。

R・J・レイノルズ・ナビスコ
R. J. Reynolds Nabisco, Inc.
元の種類
子会社
業種 食品産業
たばこ産業英語版
その後 R・J・レイノルズ・タバコを分割し、ナビスコ・グループ・ホールディングスに改称
設立 1986年4月25日
解散 1999年3月1日
本社 ノースカロライナ州ウィンストン・セーラム
ジョージア州コブ郡
ニューヨーク市ミッドタウン
製品 菓子タバコ
親会社 RJRナビスコ・ホールディングス (1985-1999)
ウェブサイト www.rjrnabisco.com

1986年にナビスコブランズR・J・レイノルズ・インダストリーズが合併して誕生した[1]。1988年、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が同社を買収した。これは、当時史上最大のレバレッジド・バイアウトだった。同年、たばこ事業がR・J・レイノルズ・タバコとして分割され、RJRナビスコはナビスコ・ホールディングスに改称された。その後の企業買収により、現在はモンデリーズ・インターナショナルの一部となっている。

歴史編集

設立編集

R・J・レイノルズ・タバコ(R. J. Reynolds Tobacco Company)は1875年にノースカロライナ州ウィンストン・セーラムで設立され、1970年にR・J・レイノルズ・インダストリーズ(R. J. Reynolds Industries, Inc.)に改称した。1985年、同社は49億ドルの現金と19億ドルの株式交換によりナビスコブランズ社を買収し、1986年4月25日にRJRナビスコに改称した[2][3]

本社の移転編集

1987年1月1日、社長が元RJR社長のJ・タイリー・ウィルソンから元ナビスコ社長のF・ロス・ジョンソン[注釈 1]に交代した。ジョンソンは、ウィンストン・セーラムは「田舎」であり、世界企業たるRJRナビスコにはふさわしくないと考え、社長に就任してすぐに本社の移転を検討し始めた。「成金的で建物が多すぎる」という理由でニューヨークダラスは除外され、ジョージア州アトランタを移転先に決定した[4]。1987年1月15日、RJRナビスコの取締役会は、アトランタの北のコブ郡に本社を移転することを決定した。250人から300人がコブに転勤となったが、ウィンストン・セーラムには1万4千人の従業員がとどまった。ウィンストン・セーラムにある51万9千平方フィートの旧本社ビルは、1987年9月の移転まで使用した後、ウェイクフォレスト大学に寄贈された[2]。その後、RJRナビスコの一部の部門が旧本社ビルに移転した[4]

レバレッジド・バイアウト編集

RJRナビスコは、1988年にコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)によりレバレッジド・バイアウト(LBO)によって買収された。この買収は、企業や経営者の強欲さの突出した例として広く知られている。ブライアン・バーロウ英語版ジョン・ヘルヤー英語版は、この買収を取り上げたドキュメンタリー『野蛮な来訪者―RJRナビスコの陥落英語版』(Barbarians at the Gate: The Fall of RJR Nabisco)を出版した。この本は、HBOによりテレビ映画化された(日本語訳題『企業買収/250億ドルの賭け』)。

RJRナビスコの社長のロス・ジョンソンとKKRの経営パートナーであるヘンリー・クラビス英語版は、1988年10月から11月にかけて同社の経営権を巡って争いを繰り広げ、最終的にはKKRがRJRナビスコの経営権を取得した。レバレッジド・バイアウトの金額は250億ドルだった。

RJRナビスコの経営陣と投資銀行のシアーソン・リーマン・ハットン英語版が、同社の株式を1株75ドルで非公開化することを発表したのが発端だった。その後、モルガン・スタンレーゴールドマン・サックスソロモン・ブラザーズファースト・ボストン英語版ワッサースタイン・ペレラ英語版フォースマン・リトル英語版、シアーソン・リーマン・ハットン、メリルリンチという、当時の大手プライベート・エクイティ業者のほぼ全てが参加し、交渉と提案が行われた。

KKRは、RJRナビスコ株を1株90ドルで買収するという公開買付けを、RJRナビスコの了承を得ずに開始した。これに対抗してRJRナビスコ側は、シアーソン、ソロモンと共同で、1株112ドルでの入札を提示した。最終的にKKRは1株109ドルで入札し、RJRナビスコの取締役会はこれを了承した。これは、KKRが提示額を保証していたのに対し、RJRナビスコの提示額には「リセット」がなく、最終的な株価が112ドルを下回る可能性があったからである。それに加えて、RJRナビスコの取締役の多くは、ジョンソン社長がゴールデンパラシュート契約に関する情報開示を行ったことに対して懸念を抱いた。『タイム』誌は、1988年12月号の表紙にジョンソン社長の肖像を掲載し、"A Game of Greed: This man could pocket $100 million from the largest corporate takeover in history. Has the buyout craze gone too far?"(強欲のゲーム: この男は史上最大の企業買収で1億ドルを手に入れた。バイアウトの熱狂はやり過ぎだったのか?)という見出しをつけた[5]

RJRナビスコの取締役会はKKRの提案を歓迎した。しかし、一部の評論家は、取締役会がリセットの問題を殊更取り上げたのは、ジョンソンが提示した1株112ドルという高すぎる額を拒否する口実ではないかと指摘した[6]。ジョンソンは、この買収により6千万ドル以上の報酬を受け取り、1989年2月に退任した。同年3月、アメリカン・エキスプレスルイス・ガースナーが新しい社長に就任した[4]

KKRによる買収後編集

 
RJRナビスコの最後の本社が置かれたカリヨン・ビル英語版

KKRによる買収後の1989年4月27日、RJRナビスコは本社をニューヨークに移転すると発表し[7]ミッドタウンカリヨン・ビル英語版に移転した[8]

KKRによる買収後、RJRナビスコは以下の部門・子会社を売却した。

アメリカ労働省の報告書"American Workplace"によれば、RJRナビスコの買収の結果、2千人以上が失業し、その72%が別の職を得たが、収入は半分以下となり、再就職に平均で5.6か月かかっている[17]

1991年3月21日、RJRナビスコの親会社であるRJRナビスコ・ホールディングス(RJR Nabisco Holdings Corp.)[18]は株式を公開した。1999年6月、RJRナビスコはたばこ部門をR・J・レイノルズ・タバコとして分割し、株式を売却した。親会社のRJRナビスコ・ホールディングスはナビスコグループホールディングスに改称し、たばこ部門売却後にRJRナビスコから改称したナビスコ・ホールディングスの株式の80.5%を保有した[18]。2000年、フィリップ・モリスがナビスコ・ホールディングスを買収し、クラフトフーヅと合併させた。これは、食品業界最大の合併となった。2011年、クラフトフーヅは食品部門と菓子部門の会社に分割された。ナビスコは菓子部門の会社であるモンデリーズ・インターナショナルの一部となった[19]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 元スタンダードブランズ社の社長で、1981年に同社とナビスコ社との合併交渉を行い、合併後のナビスコブランズ社の社長に就任した。

出典編集

  1. ^ Bozman, Jean S. "Nabisco seeking DBMS to enhance connectivity." Computerworld. IDG Enterprise, May 18, 1987. Vol. 21, No. 20. 89. Retrieved from Google Books on September 6, 2011. "ISSN 0010-4841"
  2. ^ a b “RJR Nabisco Plans to Move”. The New York Times. (1987年1月16日). https://www.nytimes.com/1987/01/16/business/company-news-rjr-nabisco-plans-to-move.html 2012年3月20日閲覧。 
  3. ^ A Stock History – Sequence of Events”. 2012年3月23日閲覧。
  4. ^ a b c Tursi, Frank; White, Susan E.; McQuilkin, Steve (1999年). “Chapter 27: Honk If You're Bucolic”. Winston-Salem Journal. オリジナルの2011年3月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110307225619/http://extras.journalnow.com/lostempire/tob27a.htm 2012年3月20日閲覧。 
  5. ^ “A Game of Greed”. Time Magazine. (December 5, 1988). オリジナルのMarch 13, 2005時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050313123621/http://www.time.com/time/magazine/0,9263,7601881205,00.html. 
  6. ^ Bill Saporito (1989年4月24日). “How Ross Johnson Blew the Buyout”. CNN Money. オリジナルの2014年4月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140416205956/http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune_archive/1989/04/24/71880/ 
  7. ^ “RJR Nabisco Headquarters to Move to New York Area”. Los Angeles Times. (1989年4月28日). https://articles.latimes.com/1989-04-28/business/fi-1608_1_rjr-nabisco-headquarters-nabisco-brands-gerstner 2012年3月20日閲覧。 
  8. ^ "Investor Information 1997 Annual Report." RJR Nabisco. February 2, 1999. Retrieved on December 2, 1999. "Corporate Offices: RJR Nabisco, Inc. 1301 Avenue of the Americas New York, NY 10019"
  9. ^ 5 RJR Units Sold for $2.5 Billion - NYTimes.com”. 2015年2月9日閲覧。
  10. ^ Pepsico, to Aid Europe Sales, Buys 2 British Snack Units - NYTimes.com”. 2015年2月9日閲覧。
  11. ^ "RJR Sending Chun King To Orient". Chicago Tribune, June 22, 1989.
  12. ^ s, From Times wire service (1989年7月7日). “P.M. BRIEFING : Nabisco Sells India, Pakistan Units”. Los Angeles Times. ISSN 0458-3035. https://articles.latimes.com/1989-07-07/business/fi-3554_1_india-and-pakistan 2015年2月9日閲覧。 
  13. ^ “British Conglomerate to Buy Part of Del Monte From RJR”. Los Angeles Times. Associated Press. (1989年9月8日). ISSN 0458-3035. https://articles.latimes.com/1989-09-08/business/fi-1943_1_del-monte 2015年2月9日閲覧。 
  14. ^ La Ganga, Maria L. (1989年9月26日). “RJR Sells Del Monte Operations for $1.4 Billion : Deal Puts Company Close to Lenders' February, 1990, Debt-Reduction Goal”. Los Angeles Times. ISSN 0458-3035. https://articles.latimes.com/1989-09-26/business/fi-270_1_del-monte 2015年2月9日閲覧。 
  15. ^ Fabrikant, Geraldine (1990年11月9日). “Hearst to Buy 20% ESPN Stake From RJR” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1990/11/09/business/hearst-to-buy-20-espn-stake-from-rjr.html 2021年10月22日閲覧。 
  16. ^ Staff. “HEARST BUYS 20% OF ESPN” (英語). The Buffalo News. 2021年10月22日閲覧。
  17. ^ U.S. Department of Labor, Office of the American Workplace, Volumes 2-3, Issues 1-5. United States Department of Labor. (1994) 
  18. ^ a b "Corporate Profile." Nabisco Group Holdings. October 1, 2000. Retrieved on December 2, 1998.
  19. ^ News Releases”. Phx.corporate-ir.net (2011年8月4日). 2015年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月26日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集