メインメニューを開く

Rascal Jester(ラスカル ジェスター、略称:RJ)は、日本を本拠地としてeスポーツシーンで活動するプロゲーミングチーム。

Rascal Jester
呼称 RJ
ゲーム
創設 2013年12月10日[RJ 1]
クラブ史
  • Rascal Jester(初代)
    (2013年12月 - 2014年11月)
  • CROOZ Rascal Jester
    (2014年11月 - 2016年3月)
  • Rascal Jester(2代目)
    (2016年4月 - 現在)
所在地 日本
代表者 大川孝行
パートナー
ウェブサイト rascaljester.com

概要編集

2013年12月10日、League of Legendsのチーム「PeachServer Allstars」が前身であり、「Rascal Jester」に改名・設立された[RJ 1]。League of Legends Japan League(LJL)最初期から参加するチームである。初期メンバーはShin "Rainbrain" Iwasaki、Ryo "apaMEN" Odagiri、Yoshiaki "Lillebelt" Koka など。CEOは大川孝行(Takayuki "Bact" Okawa)。

略歴編集

  • 2013年
    • 12月10日 - 「Rascal Jester」設立[RJ 1]
  • 2014年
    • 11月 - 「CROOZ」メインスポンサー契約締結、CROOZ Rascal Jesterとして活動開始。
  • 2015年
  • 2016年
    • 3月 - Absoluteの選手が加入、Rascal Jester Absolute(CS:GO部門の第2チーム)が設立[RJ 2]
    • 4月 - LJLグローバルレギュレーションに則り「CROOZ」とのスポンサー契約終了[RJ 3]
    • 6月 - MaVeNickの選手が加入、Rascal Jester MaVeNick(オーバーウォッチ部門)が設立[RJ 4]
    • 7月 - 格闘ゲーマーpekosのサポート開始[RJ 5]
    • 11月 - CS:GO部門からRascal Jester Absoluteが独立[RJ 6]
    • 12月 - CS:GO部門活動休止[RJ 7]
  • 2018年
    • 1月 - Buhidou Gamingの選手が加入、PUBG部門設立[RJ 8]
    • 4月 - オーバーウォッチ部門活動休止[RJ 9]
    • 4月 - 格闘ゲーマーpekosのサポート終了[RJ 10]

部門編集

活動中の部門編集

2013年12月10日、PeachServer Allstarsを前身として設立された[RJ 1]
  • 2014年
日本国内初のプロリーグである2014 L.J League Winterにおいて優勝[1]東京ゲームショー2014で行われた2014 L.J League Grand Finalsでは、DetonatioN FocusMeに2-3で惜敗した。
  • 2015年
2015 L.J League Season1、2015 L.J League Season2でともに5位となる。
  • 2016年
LJL 2016 Spring Splitにおいて5位となる。その後、リーグ入れ替え戦となるLJL 2016 Spring Promotion SeriesにおいてSCARZと対決し、2-3で敗北・LJLCSへと降格した[2]。しかし、メンバー変更を経て臨んだLJLCS 2016 Summer Splitでは2位通過し、LJL 2016 Summer Promotion SeriesにおいてBlackEyeに勝利・LJL復帰を遂げた。
  • 2017年
LJL 2017 Spring Splitにおいて4位となる。LJL 2017 Summer Splitでは5位通過のちLJL 2017 Summer Promotion Seriesで再びSCARZと対決、3-2で勝利となり、前年度の雪辱を果たした[3]
  • 2018年
LJL 2018 Spring Splitを5位通過した後、LJL 2018 Spring Promotion Seriesでプロモーションシリーズ通算3度目となるSCARZ Burning Core(対戦時点でのSCARZのLoL部門)との対決となる。結果は1-3で敗北、2度目のLJLCS降格となった[4]
2018年1月、Buhidou Gamingの選手が加入し、部門設立[RJ 8]DMM主催のPUBG Japan Series αリーグ Phase1において総合3位、Phase2では総合5位という結果を残している。

活動を休止・終了した部門編集

2016年6月19日、MaVeNickの選手が加入し、Rascal Jester MaVeNickとして設立[RJ 4]。主な戦績はOverwatch Open Division 2017 Season 2 - Japanでの2位など。2018年4月に活動休止を発表した[RJ 9]
  • Rascal Jester
2015年12月に部門設立。「CROOZ Rascal Jester」として第1回日本eスポーツ選手権で優勝[5]。2016年12月に活動休止を発表した[RJ 7]
  • Rasal Jester Absolute
2016年3月、Absoluteの選手が加入し、Rasal Jester Absoluteとして設立[RJ 2]。WESG 2016 日本予選でCipangu.GODeToNatorを下し、WESG 2016 APAC Finalsに出場した[6]。11月に独立[RJ 6]

在籍選手編集

2019年1月24日現在[RJ 11]

Rascal Jester・LoL部門(League of Legends)

プレイヤー名 名前 役割
  alleycat(アーリキャット) Masaaki Yamaguchi トップ
  Irony(アイロニー) Yu Ui-jin ジャングル
  Fanxy(ファンシー) Kim Hyeok ミッド
  NoA(ノア) Shunya Honda ADC
  Yuki(ユキ) Yuki Takahashi サポート
  Lillebelt(リールベルト) Yosiaki Koka コーチ

Rascal Jester・PUBG部門(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)

プレイヤー名 役割
  SeaKingJAWS(シーキングジョーズ) 選手
  takomayo(タコマヨ) 選手
  kendesu(ケンデス) 選手
  Maron(マロン) 選手
  BILLON(ビロン) 選手
  MisoLemon(ミソレモン) 選手
  Rapiacta(ラピ) ストリーマー

スポンサー・パートナー編集

  • スポンサー
    • GALLERIA(株式会社サードウェーブ)
    • Yeah!(株式会社S.K.Partners)
  • パートナーシップ

脚注編集

[ヘルプ]

Rascal Jester公式編集

  1. ^ a b c d RASCAL JESTERとして活動を開始しました!”. rascaljester.com. Rascal Jester. 2018年12月27日閲覧。
  2. ^ a b @RascalJester/ (2016年3月19日). "【お知らせ】当チームはCSGO部門にて、日本eスポーツ選手権 決勝戦を戦った、チーム"Absolute"が加入いたします。" (ツイート). Retrieved 2018年12月27日 – via Twitter.
  3. ^ CROOZ社とのスポンサー契約終了のお知らせ”. rascaljester.com. 2018年5月28日閲覧。
  4. ^ a b Overwatch部門設立のお知らせ”. rascaljester.com. 2018年5月28日閲覧。
  5. ^ 格闘ゲームプレイヤーpekos(ぺこス)のサポートを開始”. rascaljester.com. 2018年5月28日閲覧。
  6. ^ a b CS:GO Absolute独立のお知らせ”. rascaljester.com. 2018年5月28日閲覧。
  7. ^ a b CS:GO部門、活動休止のお知らせ”. rascaljester.com. 2018年5月28日閲覧。
  8. ^ a b PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)部門設立のお知らせ”. rascaljester.com. 2018年5月28日閲覧。
  9. ^ a b Overwatch部門 RJ MaVeNick活動休止のお知らせ”. rascaljester.com. 2018年5月28日閲覧。
  10. ^ 格闘ゲーム部門pekos選手契約満了のお知らせ”. rascaljester.com. 2018年5月28日閲覧。
  11. ^ TEAMS”. rascaljester.com. 2019年1月24日閲覧。

外部リンク編集