Doctor of Juridical Science

S.J.D.から転送)

Doctor of Juridical Science、(ラテン語:Scientiae Juridicae Doctor)(S.J.D.)は、アメリカロースクール学位のうち、最も高い学位。他の学問分野におけるPh. Dに相当。大学によってはJSD(ラテン語:Juridicae Scientiae Doctor)と略称するが、SJDと同じものである。日本博士(法学)に相当する。

概要編集

通常、アメリカのロースクールを卒業した場合、J.D.(Juris Doctor:法務博士と訳される)を取得するが、本学位は法務博士号に相当する学位であり、S.J.D.より格下である。

アメリカのロースクールの教員の多くは、J.D.の学位を取得した後、一定の実務経験を経て(又は経済学など他の学問領域でPh.Dを取得して)教員となるため、S.J.D.の学位を取得していることは稀である。

これに対し、外国で基礎法学教育を受けた人がアメリカのロースクールの教員になるためには、S.J.D.の学位 または これに相当する外国での法学博士の学位(Ph.DまたはLL.D.)が必要となる。

このように米国で法学教員となるための例外的なルートであるため上位校とされるロースクールであってもSJD課程を設置していないことも多い。

SJD課程を有するアメリカのロースクール一覧編集

関連項目編集