デューク大学(Duke University)は、ノースカロライナ州ダーラムに本部を置くアメリカ合衆国私立大学である。1924年に設置された。モットーは『Eruditio et Religio 』(ラテン語、意味は『知識と信仰』)。

デューク大学
Duke University
Duke Chapel 4 16 05.jpg
ラテン語: Universitas Dukiana[1]
旧称 Brown School (1838–1841)
Union Institute (1841–1851)
Normal College (1851–1859)
Trinity College (1859–1924)
モットー Eruditio et Religio (Latin)[1]
モットー (英語) "Knowledge and Faith"[2]
種別 私立 研究大学
設立年 1838年 (184年前) (1838)
宗教的提携関係 合同メソジスト教会[3]
学術的提携関係
資金 127億ドル (2021年)[4][5]
予算 28億ドル (2020年度)[6]
学長 ヴィンセント・プライス[7]
プロヴォスト サリー・コーンブルース
教員数
3,870人 (2019年)[8]
職員数
  • 8,880人のキャンパス従業員
  • キャンパスと医療システムの総従業員数41,206人 (2019年秋)[8]
学生総数 15,634人 (2019年)[8]
学部生 6,526人 (2019年)[8]
大学院生 9,108人 (2019年)[8]
所在地 アメリカ合衆国
ノースカロライナ州ダーラム
北緯36度0分4秒 西経78度56分20秒 / 北緯36.00111度 西経78.93889度 / 36.00111; -78.93889座標: 北緯36度0分4秒 西経78度56分20秒 / 北緯36.00111度 西経78.93889度 / 36.00111; -78.93889
キャンパス 大都市,[9] 8,693エーカー (35.18 km2)[8]
Newspaper The Chronicle
スクールカラー   Duke Blue
  White[10][11]
ニックネーム ブルーデビルズ
マスコット ブルーデビル
スポーツ関係の
提携関係・加盟団体
NCAAディビジョンI FBSACC
公式サイト www.duke.edu
Duke University logo.svg
テンプレートを表示

概要編集

デューク大学は、アメリカ国内でトップクラスの名門大学とされている。入学試験の競争率も激しく、2020年度の合格率は5.7%に過ぎない[12]。年間10億ドル以上の研究費を投じている国内有数の研究大学であり、論文が引用される研究者も多い。2019年の時点で、15人のノーベル賞受賞者と3人のチューリング賞受賞者が大学に所属している。ノースカロライナ州立大学ノースカロライナ大学チャペルヒル校と共にリサーチ・トライアングル・パークを先導する三大学のうちの一つである。

卒業生には、50人のローズ奨学生、25人のチャーチル奨学生、13人のシュワルツマン奨学生、8人のミッチェル奨学生がいる[13][14][15]。1986年から2015年の間において、チャーチル奨学生の輩出数はプリンストン大学ハーバード大学に次ぐ全米第3位で、2002年にはハーバード大学を上回った。ロードス、マーシャル、トルーマン、ゴールドウォーター、ウダルの各奨学生の輩出数は全米で5番目に多い。

USニューズ&ワールド・レポートが発表する全米総合大学ランキングでは、常に上位にランクインしている。2021年には、ウォール・ストリート・ジャーナル/タイムズ・ハイアー・エデュケーションのカレッジランキングで5位となり、前年の10位から5位上昇し[16]、学生の成績のランキングでは2位に輝いた(ランキングでは、卒業率、教育の評判、卒業生の給与、学生の借金が考慮されている)。米国を代表する大学として、アイビー・プラスヒドゥン・アイビーに数えられる。特に、学部課程、医科大学院(メディカルスクール)、法科大学院(ロースクール)、経営大学院(ビジネススクール: MBA)は高い評価を受けている。

出身者には第37代アメリカ合衆国大統領のリチャード・ニクソンがおり、また14人の現在存命の億万長者の母校でもある。

歴史編集

大学の起源は1838年に遡る。メソジストクエーカーの両コミュニティによって、ノースカロライナ州トリニティ(Trinity)にブラウン・スクールとして設立された。後のタバコ事業実業家ジェームス・B・デュークの父、ワシントン・デュークの財政支援を受け、1892年にダーラムに移転。 1924年、ジェームス・B・デュークによってデューク基金を設置、同校への募金を行った。この時に彼の父であるワシントン・デュークの功績を讃え、大学名をデューク大学に変更することとなった。

キャンパス編集

ノースカロライナ州ダーラム

ランキング編集

主要世界大学ランキング編集

Wall Street Journal/Times Higher Education 大学ランキング編集

  • 全米大学総合ランキング:第5位(2021年度)[5]

U.S.News & World Report大学ランキング編集

  • 全米大学総合ランキング:第8位(2018年度)[6]
  • 世界大学ランキング: 第21位(2018年度)[7]

US NEWS主要研究課程ランキング(2019)編集

出典:[8]

  • 工学部: 第26位(医用生体(4), 環境(11), 計算機(17), 電気(25), 機械(28), 材料(30), 土木(32))
  • 計算機科学部: 第25位
  • 物理学部: 第28位
  • 化学部: 第32位
  • 生物学部: 第10位
  • 数学部: 第16位
  • 統計学部: 第12位
  • 経済学部: 第16位
  • 政治学部: 第7位
  • 英語学部: 第13位
  • 歴史学部: 第18位
  • 心理学部: 第17位
  • 社会学部: 第15位
  • 地球科学部: 第46位

専門大学院編集

  • 経営学大学院(MBA): 第10位
  • 医科大学院: 第10位(研究部門)/ 第26位(一次医療部門)
  • 法科大学院: 第8位(米国ロースクールのトップ校であるT14の一校である)

卒業生・出身者・関係者編集

同窓生は145,000人を超え、毎年恒例の"Reunion Weekend"や"Homecoming"などの組織やイベントを通じて大学に貢献している。米国内には75の、国外には38の同窓会組織がある。U.S. News&World Reportによると、2008~09会計年度、デューク大学は米国の大学の卒業生の寄付率で3位となった。また、2011年にPayScaleがまとめた統計に基づくと、デューク大学の卒業生は、米国のすべての大学の中で中途採用者の給与中央値が7位となっている。多くの卒業生は、とりわけ、政府、法律、科学、学界、ビジネス、芸術、ジャーナリズム、および陸上競技の分野で重要な貢献をしている。

著名な卒業生・関係者のリスト編集

政治編集

行政・法曹編集

  • ケネス・スター - 弁護士、ホワイトウォーター疑惑の捜査を指揮した特別検察官

ビジネス編集

学術編集

文化・芸能編集

スポーツ編集

その他編集

スポーツ編集

バスケットボール編集

コーチKと呼ばれるマイク・シャシェフスキー率いる男子バスケットボールチームは、数多のNBAプレーヤーを輩出しており、全米屈指の名門かつ強豪として有名である。これまでにNCAA全米チャンピオンを5度制覇している。(1991, 1992, 2001, 2010, 2015)

日本人留学生編集

博士研究員(ポストドクター)の医学系・理系専攻、修士課程ビジネススクール、ロースクール、ニコラス環境スクール、サンフォード公共政策スクールなどにほぼ毎年日本人留学生の在籍がある。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b King, William E. “Shield, Seal and Motto”. Duke University Archives. 2016年11月30日閲覧。
  2. ^ About – Duke Divinity School”. Duke Divinity School. 2011年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月4日閲覧。
  3. ^ Duke University's Relation to the Methodist Church: the basics”. Duke University (2002年). 2010年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月27日閲覧。 “Duke University has historical, formal, on-going, and symbolic ties with Methodism, but is an independent and non-sectarian institution ... Duke would not be the institution it is today without its ties to the Methodist Church. However, the Methodist Church does not own or direct the University. Duke is and has developed as a private nonprofit corporation which is owned and governed by an autonomous and self-perpetuating Board of Trustees”
  4. ^ Duke University's Endowment Sees Record 56% Gain in Latest Year (Report). Bloomberg. (September 27, 2021). https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-09-25/duke-university-s-endowment-sees-record-56-gain-in-latest-year.  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  5. ^ About the Duke Endowment”. The Duke Endowment (2009年1月9日). 2019年5月21日閲覧。
  6. ^ Satisky, Jake (2019年5月11日). “Board of Trustees discusses task forces, approves $2.8 billion budget at May meeting”. 2022年3月15日閲覧。
  7. ^ A First Day as President-Elect is a Memorable One” (2016年12月3日). 2017年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e f Duke Facts”. Duke University. 2019年12月7日閲覧。
  9. ^ IPEDS-Duke University”. 2022年4月11日閲覧。
  10. ^ The Origin of Duke Blue”. Duke University Archives. 2017年3月1日閲覧。
  11. ^ Color Palette”. Duke University. 2017年3月1日閲覧。
  12. ^ Duke University Sees a Record Increase in Undergraduate Applications” (英語). today.duke.edu. 2021年6月16日閲覧。
  13. ^ Duke Senior Awarded George J. Mitchell Scholarship to Study in Ireland” (英語). today.duke.edu. 2021年6月16日閲覧。
  14. ^ Duke Senior Gabriella Deich Named Rhodes Scholar” (英語). today.duke.edu. 2021年6月16日閲覧。
  15. ^ Office of the American Secretary | The Rhodes Scholarships” (英語). www.rhodeshouse.ox.ac.uk. 2021年6月16日閲覧。
  16. ^ WSJ/THE US College Rankings 2021: Duke and Carnegie Mellon rise” (英語). Times Higher Education (THE) (2020年9月18日). 2021年6月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集