MICO (歌手)

SHE IS SUMMERから転送)

MICO(みこ、1992年9月3日 - )は、日本歌手シンガーソングライター。現在、ソロプロジェクト「SHE IS SUMMER」のヴォーカルとして活動。

MICO
別名 八雲ミコ(シンガーソングライター時代)
やくもみこ(同上)
みこ(ふぇのたす時代)
生誕 (1992-09-03) 1992年9月3日(27歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
活動期間 2008年 -
レーベル SIS RECORDS
共同作業者 ふぇのたす(2012年 - 2015年)
公式サイト SHE IS SUMMER

概要編集

兵庫県神戸市出身。15歳の春にピアノを独学で始め、同時に作詞作曲も始める。翌年には初のワンマンライブを行う。

2010年2月、東京カルチャーカルチャーで行われた「EMI "GREAT HUNTING" 公開デモ評議委員会!!」に持ち込んだデモテープを吉田豪が激賞[1][2]

2011年4月には「八雲ミコ」(やくもみこ)名義で初の音源「恋に落ちて」をリリース[3]。のちにひらがな表記の「やくもみこ」に変更。

ふぇのたす編集

GREAT HUNTINGの加茂啓太郎がphenomenonのヤマモトショウ澤ミキヒコを紹介。2012年夏にふぇのたすを結成。ヴォーカル「みこ」として活動。

2013年インディーズデビュー。2015年3月にメジャーデビューするものの、同年5月にメンバーの澤が逝去。その後は残された2人のみで活動を続けるものの同年9月に解散[4]。澤が逝去してからのみこは家で引きこもる毎日になり、自分の身に起こった物事を半分人事のように考え消化できずにいた。ふぇのたすを続けるか解散するかの話し合いも行われ、そこで周りのスタッフは2人で続けたいならば応援すると言ってくれ、みこは続けることを決め再始動ライブの準備が始まる。だが残された2人での再始動ライブの準備をしていく中で、ふぇのたすは3人でふぇのたすであることを思い知らされるようになる。そして2人でふぇのたすとしての活動はできないという答えを出し、再結成ライブで解散を発表するという形になった[5]

ふぇのたす解散後編集

2015年12月には阿佐ヶ谷Sakuとライブ展示企画を実施。これはロンドンで2週間過ごしたことをきっかけに、自由な表現に興味を持ち行われたイベントである。Sakuとの脳内が演出された空間でのライブパフォーマンスであった[6]

2016年1月、ふかわりょうの音楽ユニット「ROCKETMAN」の新曲にボーカルとして参加。ここでふかわりょうとMICOは、ROCKETMANのデビュー時を彷彿する黄色いトレーナー姿となった[7]

SHE IS SUMMER編集

2016年4月にはソロプロジェクトであるSHE IS SUMMERを始動し、音楽活動を再開させることとなった。これについてMICOは、これまでの出会いを大切に、新しい出会いに身を任せて歩いていればこうなったとコメント。一人でも多くの人と一秒でも長く幸せな時間を過ごせるために、自信の全てをこのプロジェクトに捧げる予定[8]。名前の由来はアメリカ映画(500)日のサマー』からで、ステージに立っている間だけでも『(ヒロインの)サマーちゃんみたいだね』と言われたいという思いが込められている[9]

2019年11月よりインターネットラジオ局Backstage Cafeにて初の冠番組となる『LIKESONG』を担当する[10]

作品編集

  • 八雲ミコ
    • 「恋に落ちて」
  • やくもみこ
    • 「日曜日、家事をしよう」
    • 「ぎゅっとして、ぱっと離して、ちゅうをして」
  • M.I.Y
    • 「好きかな好きかも/さよならまでが恋愛です」(2013年)※みきちゅとの期間限定ユニット[11]

SHE IS SUMMER編集

シングル編集

  • 「ラブリー・フラストレーション EP」(2016年8月3日、Being
  • 「Swimming in the Love E.P.」(2017年6月7日、Being)

アルバム編集

  • 『WATER』(2017年11月8日、Being)
  • 『WAVE MOTION』(2019年11月27日、Being)

ミニアルバム編集

  • 『hair salon』(2018年8月1日、Being)

CM編集

出演編集

ナレーション編集

インターネットラジオ編集

  • LIKESONG(2019年、Backstage Cafe)※毎月第2・第4火曜日担当[10]

脚注編集

  1. ^ 【 イベントレポート 】 早くもカルカルで4回目!大人気その場でスカウトイベント『EMI “GREAT HUNTING” 公開デモ評議委員会!!』 ライブレポート(10.02.28開催)”. 東京カルチャーカルチャー (2010年4月7日). 2018年6月21日閲覧。
  2. ^ SHE IS SUMMER エレクトリックなサウンドをベースに、人間味に満ちた活き活きしたラブソングたち。新作の仕上がりとソロプロジェクトの狙いを、ボーカルのMICOに訊く”. 【es】エンタメステーション. p. 2/2 (2017年11月10日). 2018年6月21日閲覧。
  3. ^ 特集: 八雲ミコ『恋に落ちて』”. ototoy. 2018年6月5日閲覧。
  4. ^ ふぇのたす”. TOWER RECORDS ONLINE. 2018年6月5日閲覧。
  5. ^ みこ (2017年5月20日). “ふぇのたす活動休止から今までのこと”. 2018年6月5日閲覧。
  6. ^ 元ふぇのたす みこ×Saku 両者の“脳内”を演出した新感覚ライブ展示企画開催決定”. Billboard JAPAN (2015年11月18日). 2018年6月24日閲覧。
  7. ^ ふかわりょう・ROCKETMANの新曲に元ふぇのたすMICOが参加、イベント開催も決定”. CDJournal.com (2016年1月22日). 2018年6月5日閲覧。
  8. ^ 元ふぇのたすMICO、ソロプロジェクト「SHE IS SUMMER」始動”. 音楽ナタリー (2016年4月1日). 2018年6月5日閲覧。
  9. ^ SHE IS SUMMERのMICO スナックで歌い散らかす”. J-WAVE (2016年8月3日). 2019年4月27日閲覧。
  10. ^ a b mico_sis (2019年10月28日). “おしらせ…”. Twitter. 2019年10月31日閲覧。
  11. ^ みきちゅとみこの期間限定ユニットM.I.Y.が最初で最後のイベントをムトウ楽器店で開催 | Zigg”. web.archive.org (2015年2月21日). 2019年8月27日閲覧。
  12. ^ サウナ×バイクの謎映像にヒャダイン、ぺろりん先生、生うどん西井ら多彩なゲスト”. 音楽ナタリー (2017年7月24日). 2018年6月25日閲覧。
  13. ^ SHE IS SUMMER” (日本語). SHE IS SUMMER. 2018年8月9日閲覧。

外部リンク編集