SIG KE7軽機関銃(SIG KE7)は1929年スイスで開発された軽機関銃である。

Neuhausen KE7
强渡大渡河轻机枪.jpg
SIG KE7軽機関銃
概要
種類 軽機関銃
製造国 スイスの旗 スイス
設計・製造 SIG
性能
口径 7.5 x 55 mm
銃身長 600mm
ライフリング 右回り4条
使用弾薬 7.5 x 55 mm
装弾数 25発 箱型弾倉
全長 1190 mm
重量 7.80kg
発射速度 550発/分
テンプレートを表示

1929年にスイス・SIG社が開発した軽機関銃であり、設計にはキラーイ・パールが関わった。機関部にはショート・リコイル方式を採用し、弾薬には7.5mmx55口径を採用し、25発用の箱型弾倉を使用。毎分550発の発射速度を出した。しかしスイス連邦軍では正式採用はされず、その後KE7は口径を変更し、海外輸出用武器として1929年から1935年にかけて生産された。

その後8mmモーゼル弾を使用できることから、第二次世界大戦中は中華民国が6000艇購入し日中戦争で日本軍相手に使用している。また中国四川省にある兵器工場「四川機械局」ではZB26同様、KE7のコピー品も量産された。