メインメニューを開く

SU-14ソビエト連邦の試作自走砲である。

SU-14
Prototype of SU-14 in trial, 1934.jpg
SU-14の「試作段階」1934年
性能諸元
車体長 9.72 m
重量 48 t
懸架方式 コイルスプリング
速度 22 km/h
主砲 U-30 もしくは BR-2 152 mm榴弾砲 ×1
副武装 DT 7.62 mm機関銃 ×2
装甲 正面50 mm、側面30 mm
エンジン M-17M-1T 4ストロークV型12気筒
液冷ディーゼルエンジン
680 hp
乗員 7~8 名
テンプレートを表示

概要編集

1933年に製作されたT-35の車体に152mm砲を載せることを目指した自走砲。1934年に試作車が1輌生産された。

1930年代前半に開発された試作型(SU-14-1と呼ばれることもある)は152.4 mm B-10海軍砲1935年型を搭載していた。

B-10は43.5kgの砲弾を20km先まで投弾することができた。

さらに1930年代後半には、152mm BR-2を搭載し、密閉戦闘室を持つSU-14-BR2(SU-14-2とも)が開発された。 SU-14-BR2は量産されなかったが、試作車は1940年のモスクワ防衛戦に投入されて生き残り、現在ロシアのクビンカ戦車博物館に展示されている。

登場作品編集

World of Tanks
ソ連自走砲SU-14-1(オープントップ)およびSU-14-2(密閉戦闘室)として開発可能。

外部リンク編集

  • [1] 現存するSU-14