メインメニューを開く

SU-ENスーエン、スエン、Su-En、Su-en) 本名:スザンナ・オーケルンド: Susanna Akerlund: Susanna Åkerlund)は、スウェーデン振付師コレオグラファー)、舞踏家ダンサー。スウェーデンにてスーエン舞踏カンパニー: SU-EN Butoh Company)を主宰[1]

バイオグラフィー編集

1966年11月1日スウェーデン生まれ、デンマーク芸術舞踊を学んだ[2]。日本文化に深く関心を持ち舞踏に傾倒、1986年から1994年の間、日本に滞在。日本舞踊の出雲流を学び、舞踏の創始者・土方巽の舞踏を唯一継承する友惠しづね白桃房に入門、研究生として5年間におよび友惠しづね舞踏の手解きを授かる。1989年舞踏グループ「グノーム」に主幹メンバーとして参加。1992年スーエン独舞公演「風の蝶」(タイニイアリス・新宿)にて旗揚げ、スーエンとしてのソロ活動を始めた。以後、ボディアートパフォーマンスアートの分野で、スウェーデンを中心にヨーロッパ、アメリカ、ロシア、など世界各国にて広く活動している[3]

コレオグラフィー編集

関連人物編集

関連事項編集

脚注編集

外部リンク編集