メインメニューを開く

SYM・RVとはSYMが販売するスクータータイプのオートバイである。

モデル一覧編集

RV125編集

原付2種クラスにしてビッグスクータータイプのデザインを採用したモデルであり、国産では手に入らないデザインで人気のスクーターである。原付2種の特徴である維持費の安さと250ccクラスの特徴である車格をうまく取り入れ、幅広い世代から支持を受けている。台湾は2002年以前、排気量規制により150ccまでのオートバイしか生産できなかった。そのため台湾のオートバイメーカーは150cc以下のバイクを得意としており、上級車種であるRV250に比べ初期不良が少ない。

競合車種は台湾山葉のマジェスティ125キムコグランドディンク125ディンク125。125ccビッグスクーターというカテゴリの中ではマジェスティに次いで日本のシェア第2位の車種である(グランドディンク・ディンクには大きく水を開けてのシェア第2位。(Web版バイクブロス車種別ランキング))。

  • 2005年5月よりインジェクションタイプのRV125EFIが発売される。
  • 2008年11月にキャブレタータイプのRV125JPの製造を中止すると発表。今後のRV125のメインはインジェクションタイプとなる。(2008年に強化された日本の自動車排ガス規制対応のため。)

RV180編集

普通自動二輪クラスに分類されるオートバイである。

車両はRV125と同じものを使用しており、RV125の上級車種という位置づけである。エンジンもRV125のボアアップ仕様である。競合車種はキムコグランドディンク150。180ccという排気量の為普通自動二輪扱いとなり、維持費がかかるためRV125に比べやや人気は劣る。しかし、高速道路も走れる排気量ながら取り回しのよい車格であり、大都市圏、特に東京では首都高速道路があるため、利便性が大いに評価されている。

RV250編集

諸元編集

  • 共通スペック
    • 全長:2010mm
    • 全幅:760mm
    • 軸間距離:1440mm
    • 最低地上高:121mm
    • エンジン形式:水冷4サイクル
    • バルブ方式:4バルブOHC単気筒
    • 変速機形式:CVT
    • 始動方式:セル・キック併用
    • ブレーキ:前:ディスク(径273mm)/後:ディスク(径200mm)
    • タイヤサイズ:前:110/80-12 61L/後:130/70-12 64L
  • RV125JP
    • 全高:1155mm
    • シート高:730mm
    • 乾燥重量:144.0kg
    • 総排気量:124.5cc
    • 内径x行程:57mm×48.8mm
    • 圧縮比:10.5:1
    • 最大出力:8.4kW(11.4ps)/8000rpm
    • 最大トルク:9.9N・m(1.01kg-m)/6500rpm
    • 燃料タンク容量:8.5L
  • RV125EFI
    • 全高:1300mm
    • シート高:735mm
    • 乾燥重量:154.0kg
    • 総排気量:124.5cc
    • 内径x行程:57mm×48.8mm
    • 圧縮比:12:1
    • 最大出力:8.6kW/(11.8ps)9000rpm
    • 最大トルク:9.9N・m(1.01kg-m)/7000rpm
    • 燃料タンク容量:7.6L
  • RV180JP
    • 全高:1155mm
    • シート高:735mm
    • 乾燥重量:154.0kg
    • 総排気量:171.2cc
    • 内径x行程:61mm×58.6mm
    • 圧縮比:10:1
    • 最大出力:10.7kW(14.5ps)/8000rpm
    • 最大トルク:13.7N・m(1.4kg-m)/6500rpm
    • 燃料タンク容量:8.5L
  • RV180EFI
    • 全高 1300mm
    • シート高:735mm
    • 乾燥重量:154.0kg
    • 総排気量:171.2cc
    • 内径x行程:61mm×58.6mm
    • 圧縮比:10:1
    • 最大出力:11.98kW(16.3ps)/8000rpm
    • 最大トルク:15.48N・m(1.58kg-m)/6500rpm
    • 燃料タンク容量:7.6L