SYMサンヤン・三陽機車)は、台湾の三陽工業(Sanyang Motor Co., Ltd. )が製造するオートバイのブランド。 1962年より本田技研工業の技術協力によってオートバイの生産を開始。1977年には初代シビックがホンダ初の四輪海外生産としてスタートするなど、ホンダの二輪車や四輪車のライセンス生産を行っていた。

三洋工業/三陽機車
各種表記
繁体字 三陽工業/三陽機車
簡体字 三阳工业/三阳机車
拼音 Sān yáng Gōngyè
Sān yáng Jī chē
通用拼音 San yáng Gongyè
Sān yáng Ji che
注音符号 ㄙㄢ ㄧㄤˊ ㄍㄨㄥ ㄧㄝˋ
ㄙㄢ ㄧㄤˊ ㄐㄧ ㄔㄜ
台湾語白話字 Sam-iông kang-gia̍p
日本語漢音読み さんようこうぎょう/さんようきしゃ
英文 Sanyang Motor Co., Ltd.
テンプレートを表示
三陽工業股份有限公司
SYM:Sanyang Motor Co., Ltd.
企業形態 TWSE: 2206
設立 1961年8月29日[1]
創業者 黄継俊、張国安
本社

 台湾

新竹県湖口郷鳳山村1鄰中華路3号[1]
ウェブサイト http://www.sanyang.com.tw/
注釈/脚注
上記資料は[1]に基づく
テンプレートを表示

提携を解消してからは韓国の現代自動車と技術提携し、台湾でヒュンダイ・ブランドの四輪車をライセンス生産している。尚、SYMで生産しているのはエラントラix35の2台のみで、ソナタi10などは輸入。

2010年代から海外へのバイク輸出事業を拡大し続け、国際での知名度を上げている。

商品編集

二輪編集

スクーター
MT車
  • T1 125/150
  • CHNWANG100
  • T2
  • XS125-K
  • Husky125/150
  • ウルフ125/150
  • ウルフクラシック125
  • ウルフクラシックR125/150
  • WO・WOW100(遠心クラッチシステムなので厳密にはMT車ではない)
  • P150

コンセプト編集

  • EX3

日本でのビジネス編集

2002年より日本での販売が開始された。横浜市の商社「株式会社エムズ商会」が日本での総輸入販売元となり、同社により全国販売網が構築された。しかし、販売不振により2017年頃に全機種の販売を終了し事実上の撤退となった。

その後部品供給を含め日本でのビジネスが空白状態になったが、2019年、バイク用品・パーツの製造販売会社「株式会社サイン・ハウス」が新しく日本での総輸入販売元となった。過去モデルの部品供給も含めて引き継ぎ、再度新機種の販売も開始する。

脚注編集

  1. ^ a b c (繁体字中国語)三陽工業股份有限公司”. 臺灣政府資料 DATAGOVTW (2017年8月11日). 2020年1月8日閲覧。

外部リンク編集

台湾
日本