SpiderMonkey

JavaScriptエンジン

SpiderMonkey(スパイダーモンキー) は世界初のJavaScriptエンジンのコード名。ブレンダン・アイクネットスケープコミュニケーションズで開発し、後にオープンソースとしてリリースされ、現在[いつ?]Mozilla Foundation が保守している。

SpiderMonkey
開発元 Mozilla Foundation / Mozilla Corporation
リポジトリ ウィキデータを編集
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 JavaScriptエンジン
ライセンス MPL 2.0
公式サイト http://www.mozilla.org/js/spidermonkey/[リンク切れ]
テンプレートを表示

内部編集

SpiderMonkey はC言語で実装され、コンパイラインタプリタ逆コンパイラガベージコレクタ、標準クラス群などから成る。それ単体では Document Object Model (DOM) のようなホスト環境を提供しない。

SpiderMonkey およびそれと姉妹関係にある Rhino は、ECMAScript for XML (E4X) 標準をサポートしている。

応用編集

JavaScript のホスト環境を提供する他のアプリケーションに組み込んで使用する。最も一般的なアプリケーションは Mozilla FirefoxMozilla Application Suite / SeaMonkey であり、他にも Adobe Acrobat と Adobe Reader がある。さらに、Yahoo! Widgetsウルティマオンラインのサーバエミュレータである UOX3 でもJavaScriptエンジンとして使っている。変わったところでは、オープンソースロールプレイングゲーム設計支援ツールである Sphere でもJavaScriptエンジンとして使っている。また、SpiderMonkey の一部は、WineプロジェクトでJScript機能の実装に流用されている[1]

TraceMonkey編集

Mozilla は SpiderMonkey に “Trace Trees” を使った最適化を行ってきた。2009年7月にリリースされた Firefox 3.5 では、この新たな最適化版を実装しており「場合によっては20%から40%の性能向上」になるという[2]。Firefox 11 以降では使われていない。

JägerMonkey編集

TraceMonkey を利用できないケースを高速化する Method JIT。アセンブラ部分は WebKit の SquirrelFish Extreme (Nitro) のものをベースとしている[3]。Firefox 18 以降では IonMonkey にとって替わった。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ wine-cvs mailing list, 2008年9月16日: “jscript: Added regular expression compiler based on Mozilla regexp implementation”
  2. ^ Firefox to get massive JavaScript performance boost ars technica, 2008年8月22日
  3. ^ Starting JägerMonkey[リンク切れ] David Mandelin's blog

外部リンク編集