メインメニューを開く

THOUSAND EYESサウザンド・アイズ)は、日本メロディックデスメタルバンド。2011年、LIGHTNINGのギタリストであるKOUTAが、旧友であるAFTERZEROのヴォーカリストDOUGENと再会したことにより、2人のプロジェクトとして結成。2012年にYOUTHQUAKE/VOLCANOベーシスト、AKIRAが加入。その他メンバーを従えて本格的にバンドとして活動を開始した。

THOUSAND EYES
サウザンド・アイズ
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル メロディックデスメタル
活動期間 2011年 -
レーベル スピリチュアル・ビースト
Bloody Empire
公式サイト thousand-eyes.com
メンバー KOUTA (ギター)
DOUGEN (ボーカル)
AKIRA (ベース)
TORU (ギター)
YU-TO (ドラムス)
旧メンバー JUHKI (ドラムス)
FUMIYA (ドラムス)

目次

音楽的特徴編集

  • アーチ・エネミーイン・フレイムスと言ったバンドに代表される、攻撃的なリフワークと叙情的なギターメロディの対比が特徴の典型的なメロディックデスメタルスタイルだが、KOUTAの強烈な泣きのギターとDOUGENの単なるデス声だけに留まらない表情豊かなヴォーカルスタイルが、その存在を個性的なものにしている。

略歴編集

2013年、1stアルバム『BLOODY EMPIRE』をスピリチュアル・ビーストよりリリース。全国4都市を回るツアー「BLOODY EMPIRE TOUR 2013」を行う。ツアー初日となる東京公演はTHOUSAND EYESの1stライヴでもあったが、チケットはソールドアウトとなる。ツアー終了後、ドラマーのJUHKIが他の活動に専念するためバンドを離れることとなり、後任としてFUMIYA[注釈 1]が加入。FUMIYA加入後初となるライヴ"JAPANESE ASSAULT FEST 13"へ出演し、GIRLSCHOOLVEKTORUNITEDAIR RAIDと共演。

2015年、2ndアルバム『ENDLESS NIGHTMARE』をリリース。2018年、3rdアルバム『DAY OF SALVATION』を自主レーベルのBloody Empireよりリリース。2019年1月に、FUMIYAが脱退[1]。3月にFUMIYAの後任としてYU-TO (Dr)が加入した[2]

バンド名の由来編集

バンド名に深い意味は無いが、KOUTAがDEATHの曲「1,000 Eyes」が好きであったこと、語呂の良さが良いということでTHOUSAND EYESとなった。

メンバー編集

(ex.LIGHTNING
AFTERZEROUNDEAD CORPORATION
(ex.YOUTHQUAKEVOLCANO
TEARS OF TRAGEDY
(ex.Death I Am、Infernal Revulsion、Infected Malignity)

旧メンバー編集

  • JUHKI - ドラムス(2012-2013)
  • FUMIYA[注釈 1] - ドラムス(2013-2019)
UNDEAD CORPORATIONUnlucky MorpheusGALNERYUSGrace periodYUHKINEN

ディスコグラフィー編集

  • 2013年3月13日 BLOODY EMPIRE (ブラッディ・エンパイア)
  • 2015年9月16日 ENDLESS NIGHTMARE (エンドレス・ナイトメア)
  • 2018年2月21日 DAY OF SALVATION (デイ・オブ・サルヴェイション)

注釈編集

  1. ^ a b 加入当時はFu-minと記載されていた。

脚注編集

  1. ^ 【THOUSAND EYESよりFUMIYA(Dr)脱退のお知らせ】(2019年1月13日)THOUSAND EYES Official Facebook 2019年1月20日閲覧。
  2. ^ 新ドラマー、YU-TO加入決定! (2019年3月4日) 2019年3月15日閲覧。

外部リンク編集